65歳以上<年金受給者>の国民健康保険料はいくら?計算方法を確認

今回は、65歳以上の年金受給者の方向けにの国民健康保険料の計算方法をまとめてみました。「65歳から国民健康保険料はいくらになるのか?」また、「保険料は安くなるのか?」など、お調べの方がいたら是非、参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

国民健康保険料の内訳を確認

65歳以上 国民健康保険料

国民健康保険料を計算する前に、まず、国民健康保険料の内訳から確認していきましょう。

国民健康保険料は、下の図のように「医療分保険料」「支援分保険料」「介護分保険料(※)」を加入者ごとに計算し、世帯で合算して算出されています。
国民健康保険料
※介護分保険料は40歳~64歳までの方が負担することになっています。

更に、この「医療分保険料」「支援分保険料」「介護分保険料」は、下の図のように「所得割」「均等割」で構成されています。(※市区町村によっては所得割、均等割の他に「平等割」が設けられている場合もあります。)
国保 計算

65歳以上(74歳まで)の方の国民健康保険料は、「介護分保険料」は計算に入れず、国民健康保険料=「医療分保険料」+「支援分保険料」となります。但し、65歳から(74歳まで)は、別途「介護保険料」が発生します。

スポンサーリンク

65歳以上(年金受給者)の国民健康保険料の計算方法

65歳以上 国保 保険料

65歳以上(年金受給者)の方の国民健康保険料は、以下の順で計算していきます。

①年金収入額を確認し、年金所得を計算する

②軽減判定所得を計算する

③算定基礎額を計算する

④国民健康保険料を計算する

保険料は加入者ごとに計算し、世帯で合算します。

では、①~⑤について詳しく確認していきましょう。

①年金収入額を確認し、年金所得を計算する

まず、「年金所得」を計算していきます。この「年金所得」は、年金収入から「公的年金等の控除額」を差し引いて計算しますので、以下の計算式になります。

年金所得=年金収入-年金所得控除額

年金所得控除額を調べる方法は、前年中(1/1~12/31)の公的年金収入額の合計を確認し、下記の表に当てはまる計算式を使って計算していきます。

<65歳以上の年金所得控除額>

年金収入の合計額 控除額の計算式
1,200,001円~3,299,999円まで 年金収入×100%-1,200,000円
3,300,000円~4,099,999円まで 年金収入×75%-375,000円
4,100,000円~7,699,999円まで 年金収入×85%-785,000万円
7,700,000円以上 年金収入×95%-1,555,000円

※公的年金等の収入の合計額が1,200,000円までの方は、年金所得は0円となります。

ここからは、モデルケースを用いて解説していきます。

今回のモデル:東京都渋谷区在住Aさん68歳(独身)/年金収入250万円

年金収入の合計が250万円のAさん(独身)の場合は、「1,200,001円~3,299,999円まで」「年金収入×100%-1,200,000円」の計算式を使い年金所得を計算します。

Aさんの年金所得は(250万円×100%-120万円=130万円)130万円となります。

※今回の記事は「年金収入のみ」という方を対象にしています。年金以外にも収入がある場合はそれぞれの収入から所得を計算して合算します。

②軽減判定所得を計算する

国民健康保険料は世帯の収入によって、保険料の「軽減」が適用される場合があります。そのため、ここでは、「国民健康保険料の軽減が適用されるか?」を確認します。

軽減判定所得の計算は、世帯主を含めた加入者の総所得金額を合計して計算します。また、65歳以上で年金所得が15万円以上ある場合は、特例控除として年金所得から15万円を差し引くことができます。

軽減判定所得=年金所得-15万円(特別控除)

Aさん(独身)の軽減判定所得は、130万円-15万円=115万円です。

この軽減判定所得115万円が以下の1・2・3のいずれかの金額を下回っていれば、国民健康保険料の「軽減」が適用されます。

1.33万円以下の世帯 7割軽減
2.33万円+(27万円×被保険者数)以下の世帯 5割軽減
3.33万円+(49万円×被保険者数)以下の世帯 2割軽減

Aさん場合は、115万円は上記のいずれも下回っていなので「軽減なし」となります。

③算定基礎額を計算する

次に、算定基礎額を計算していきます。算定基礎額は、①で計算した年金所得金額から基礎控除33万円を差しい引いた額となりますので、計算式は以下のとおりです。

算定基礎額=年金所得金額-33万円(基礎控除)

Aさん(独身)の例で計算を続けていくと、130万円-33万円=97万円で、Aさんの算定基礎額は97万円となります。

ここで算出された算定基礎額は、このあと国民健康保険料を計算する際に使いますので、メモにとっておてください。

※算定基礎額は、国保加入者ごとに計算し世帯で合算します。また、所得税や住民税とは違い、配偶者・扶養・社会保険料・生命保険料等の各種控除は適用されませんので、注意してください。

また、年金以外にも収入がある場合はそれぞれの収入額から所得額を合算し、基礎控除33万円を引いた額となります。

④国民健康保険料を計算する

国民健康保険料の計算には、以下の計算式を使います。

国民健康保険料=医療分保険料+支援分保険料

(65歳以上の方には介護分保険料はありません。)

まず、医療分保険料と支援分保険料の「所得割」と「均等割」を計算します。

国民健康保険は各市区町村ごとに運営されているため、「所得割率」や「均等割額」は各市区町ごとで異なります。

ここでは、渋谷区のケースを例に計算しています。

医療分保険料(所得割+均等割)の計算

医療分保険料の所得割と均等割を計算し、その合計で医療分保険料を算出します。

<所得割を計算する>

医療分保険料の所得割=算定基礎額×7.47%

※ここでの「7.47%」は渋谷区のケースです。所得割率は各市区町ごとで異なりますので、注意してください。

Aさんの場合は、算定基礎額は③で計算した97万円なので、97万円×7.47%=72,459円

医療分保険料の所得割は、72,459円です。

<均等割を確認する>
渋谷区の医療分保険料の均等割は1人につき38,400円です。(各市区町村のホームページ記載されています。)

ここで、所得割+均等割=>医療分保険料を計算します。

医療分保険料の金額:72,459円+38,400円=110,859円

(世帯限度額は54万円です。)

支援分保険料(所得割+均等割)の計算

支援分保険料の所得割と均等割を計算し、その合計で支援分保険料を算出します。

<所得割を計算する>

支援分保険料の所得割=算定基礎額×1.96%

※ここでの「1.96%」は渋谷区のケースです。所得割率は各市区町ごとで異なりますので、注意してください。

Aさんの場合は、算定基礎額は③で計算した97万円なので、97万円×1.96%=19,012円

支援分保険料の所得割は、19,012円です。

<均等割を確認する>
渋谷区の支援分保険料の均等割は1人につき11,100円です。(各市区町村のホームページ記載されています。)

ここで、所得割+均等割=支援分保険料を計算します。

支援分保険料の金額:19,012円+11,100円=30,112円

(世帯限度額は19万円です。)

国民健康保険料(医療費分保険料+支援分保険料)を計算する

最後に、医療費分保険料と支援分保険料を合計して、国民健康保険料を算出します。

110,859円+30,112円=140,971円

Aさんの国民健康保険料(年額)は、140,971円となりました。(1ヶ月あたり、11,748円です。)

(保険料の100円未満や10円未満を切り捨てる市区町村もあります。)

国民健康保険料の計算は加入者ごとに計算し、世帯で合算しますので、夫婦2人とも国民健康保険に加入している場合は、夫と妻の2人分を合算して保険料を算出します。

こちらの記事では、65歳以上(年金受給者)の夫婦2人の場合の国民健康保険料について、計算方法を解説していますので、良かったら参考にしてみてください。
65歳以上(年金受給者)夫婦2人の場合の国民健康保険料はいくら?

終わりに

今回は、平成29年度(平成29年4月から平成30年3月まで)の渋谷区のケースで計算しました。保険料の計算方法は同じですが、国保は各市区町村ごとに運営されているため、それぞれの地域で保険料率や保険料額が異なりますので、計算するときはお住まいの市区町村ホームページで確認するようにしてくださいね^^

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ