満期保険金・解約返戻金を受け取った年の確定申告、書き方と記入例

満期保険金 確定申告

この記事では、生命保険などの満期保険金や、途中解約による解約返戻金を受取った方を対象に、「課税される一時所得」の計算方法と、確定申告で申請する際の書き方と記入例をご紹介させていただきます。

満期保険金や解約返戻金は、一時所得に該当するのですが、一時所得は税制上とても優遇されているので税金がかからない可能性も十分あります。

まずは「課税される一時所得の金額」を計算し、申告する必要がある場合は、当記事の書き方・記入例を参考に確定申告して下さい。

※当記事では、「保険料負担者=受取人」を想定して書いております。「保険料負担者=受取人」でない場合は、贈与税に当たる可能性があるので、保険会社様にご確認ください。

※また、満期保険金を年金形式で受取ってる場合は、一時所得ではなく雑所得扱いとなるため計算方法が異なります。

スポンサーリンク

課税される一時所得の計算方法

まずは受取った満期保険金・解約返戻金から「課税される一時所得の金額」を計算します。保険会社から送られてきている「支払い明細書」をお手元にご用意ください。

【課税される一時所得の計算式】

課税される一時所得=(満期保険金-総払込金額-50万円)×1/2

※解約返戻金の場合は、満期保険金のところに解約返戻金を当てはめてください。
※総払込金額は、加入している生命保険に支払ったすべての金額で、保険会社から送られてきた支払明細書などに記載されています。

一時所得は、特別控除として一律50万円を引くことができ、さらにそれを1/2にした金額に対し税金がかかるので、他の所得に比べるととても優遇されています。「課税される一時所得」を計算し、0円以下になった場合は、税金はかからないので申告する必要はありません。

(例1)総払込金額400万円で満期保険金600万円の養老保険の場合

課税される一時所得
=(600万円-400万円-50万円)×1/2
=75万円

満期保険金600万円の課税される一時所得は75万円。


(例2)総払込金額150万円で解約返戻金180万円の場合

課税される一時所得
=(180万円-150万円-50万円)×1/2
=-10万円→→0円以下なので0円。

解約返戻金180万円に課税される一時所得は-10万円となり、0円以下のため「課税される一時所得」は0円。よって、確定申告する必要はありません。


確定申告書の書き方・記入例

では、確定申告書の書き方と記入例を確認していきましょう。申告する必要のある方は、是非参考にしてみてください。

【設定】

会社員の佐藤さんは、25年間加入してきた生命保険(払込金額400万円)が満期になり、600万円を一時金で受取りました。会社で年末調整はしましたが、満期保険金600万円の確定申告が必要です。会社から渡された源泉徴収表と、保険会社から送られてきた支払い明細書を元に確定申告を行います。

(家族構成)
妻(パート収入103万以内)
長男(16歳)


事前に準備するもの

次の書類をお手元にご準備ください。

  • 確定申告書A様式
  • 源泉徴収票
  • 満期保険金の支払明細

確定申告書A様式はこちらからダウンロードできますので、よかったらご利用ください。※ただし、複写ではないので提出前にコピーをとる必要があります。
↓ ↓ ↓ 
確定申告書 A様式


確定申告書 第二表

第二表から書いていきますので、第二表と源泉徴収票をご用意ください。まずは源泉徴収票から青①②③④を書き写します。青④の生命保険料はご自身の該当する項目にご記入ください。

源泉徴収票 データ入り2

【確定申告書第二表 記入例】

第二表2

赤① 住所・氏名を記入します。

赤② 「所得の種類」を「給与」。その右隣に「勤務先の会社名」を記入します。

赤③ 「所得の種類」に「一時」、その隣に「生命保険金+保険会社名」を記入。保険会社から送られてきた支払明細書を参考に、「収入金額」に「受け取った保険金額」を、「必要経費」に「払込保険料」を記入してください。

赤④ 16歳未満の子供がいる場合は、こちらに子供の名前・続柄・生年月日・マイナンバーを記入します。

赤⑤ 上段に「源泉徴収票のとおり」と記入し、合計金額も記入しましょう。

赤⑥ 配偶者の氏名・生年月日・マイナンバーを記入し「配偶者控除」・「配偶者特別控除」のどちらかにチェックします。※奥さんが配偶者控除・配偶者特別控除どちらに該当するか?わからない場合は、こちらの記事に詳しく書かせていただきましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

配偶者(特別)控除の計算方法と書き方。年末調整と確定申告書記入例

赤⑦ 扶養親族の氏名・続柄・生年月日・マイナンバー・控除額を記入します。※扶養親族の控除額等についてはこちらの記事をご参照下さい。

扶養控除:学生の子供や親の控除額は?年末調整・確定申告記入例付き!

赤⑧ 赤⑦の控除額合計を記入します。

※当記入例にはありませんが、小規模企業共済等掛金控除、地震保険料控除、寡婦控除、障害者控除に該当する場合は、源泉徴収票に記載されているはずなので、源泉徴収票を見て書き写してください。
スポンサーリンク

確定申告書 第一表

続いて第一表を書いていきましょう。先程と同じく、まずは源泉徴収票から青①②②④⑤を書き写して下さい。

源泉徴収票 データ入り4

【確定申告書第一表 記入例】

第一表3

赤① 記入例の通りに住所・氏名・生年月日・電話番号・マイナンバーなどを記入し、捺印します。引越した人で、今年の1月1日の住所と現住所が違う場合は旧住所も記入してください。

生年月日の1つ目の枠(記入例で「3」と記載している部分)は次のとおり記入してください。

明治→1
大正→2
昭和→3
平成→4

赤② 一時所得の収入金額です。ここには、「課税される一時所得」の1/2にする前の金額を記入します。 

(記入例)
一時所得の収入金額
=受取った保険金-払込金額-50万
=600万-400万-50万
150万円

赤③ 課税される一時所得の金額を記入します。「課税される一時所得」は先程記入した「一時所得の収入金額」を1/2にした金額です。

(記入例)
課税される一時所得
=150万円×1/2
75万円

赤④ 所得の合計金額を記入します。

(記入例)
給与所得:410000円
一時所得:750000円
合計:4850000円

赤⑤ 該当する所得控除を記入します。基礎控除については全員共通で38万円です。

(記入例)
社会保険料控除:681223円 ※源泉徴収票から転記
生命保険料控除:50000円 ※源泉徴収票から転記
配偶者控除:380000円 ※パート収入103以内の妻
扶養控除:380000円 ※16歳以上の子供一人
基礎控除:380000円 ※全員共通

その他の所得控除に該当している場合は、源泉徴収票から書き写しましょう。控除額ついてはこちらの該当記事をご活用下さい。

赤⑥ 所得控除⑥~⑮の合計金額を記入します。

赤⑦ 雑損控除・医療費控除・寄付金控除に該当する方はそれぞれの控除金額を記入します。医療費控除・ふるさと納税についてはこちらの記事をご参照下さい。

赤⑧ 赤⑥⑦を足した金額を記入します。

赤⑨ 赤④から赤⑧を引いた金額を記入します。※1.000円未満は切り捨てて下さい。

赤⑩ 税額を計算し記入します。下記税額表の計算式に当てはめ、税額を算出しましょう。
「平成29年分 所得税の税額表」
税額表

【計算式】
「所得税額」=「課税される所得金額」×「税率」-「控除額」

(記入例)
「所得税額」=2.978.000円×10%(0.1)-97500円
200.300円

赤⑪⑫ 赤⑩の金額をそのまま記入します。※他の税額控除等(配当控除・政党等寄付金等特別控除など)がある場合は、合計額を算出し記入してください。また、住宅ローン控除については、こちらの記事を参考にしてみてください。

赤⑬ 復興特別所得税を計算し、記入します。赤⑫に0.021をかけた金額(1円以下は切り捨て)が復興特別所得税になります。

赤⑭ 赤⑫⑬を足した金額を記入します。

赤⑮ この金額が、追加で収める税額になります。赤⑭から青③を引いた金額を記入しましょう。

赤⑮ 配偶者の所得金額を記入します。源泉徴収票に記載されているので確認して記入しましょう。


おわりに

お疲れ様でした!長くなってしまいましたが、以上が「課税される一時所得」の計算方法と、確定申告で申請する際の書き方と記入例となります。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 確定申告の気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ