医療費控除の対象を確認!家族の市販薬や予防接種、出産、交通費は?

医療費控除の対象は「病気の治療が目的で、かつ、常識的な金額のもの」とされており、「家族で使う市販薬」をはじめ、「入院・出産時の病院までの交通費」なども対象になり医療費控除の申請が可能です。

逆に、病気の治療ではなく予防(予防接種など)、健康促進・美容などが目的のものについては、残念ながら認められておりません。

ただ、自己判断では線引きが難しい部分もあるので、この記事では国税庁ホームページに掲載されている「医療費控除の対象になるもの・ならないもの」を、見やすいように○×形式でまとめてみました。医療費控除を申請される方は、チェックリストとしてご活用していただけると幸いです。

スポンサーリンク

一般的に判断に迷うもの一覧

医療費控除 対象

市販薬

 かぜ薬
 頭痛薬などの痛み止め
 胃腸薬
 鼻炎薬
 漢方薬・ビタミン剤(条件として医薬品であること。かつ病気の治療や療養に必要な場合)
× 漢方薬・ビタミン剤(病気の予防・健康増進・美容目的のもの)
× 酔い止め薬
× 健康促進・美容目的のサプリメント・健康食品
× 疲れ目・ドライアイ用の目薬

予防接種

× インフルエンザの予防接種

人間ドッグ・健康診断

× 病気が見つからなかった場合の人間ドッグ・健康診断
 病気が見つかり、その後治療することになった場合の人間ドッグ・健康診断

マッサージ

 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術
× 疲れをとるためのマッサージ

歯に関するもの

 虫歯や歯周病の治療
 子供の成長に支障が出るのを防ぐための矯正
 噛み合わせの改善など治療目的の矯正(医師の診断書が必要)
× 美容など、容姿改善を目的とした矯正
 入れ歯・インプラント・セラミック・ブリッジなど(自由診療も含む)
 歯科ローン(金利・手数料は医療費控除の対象外)
× ホワイトニング
× クリーニング・歯石とり

目に関するもの

 レーシック手術
 眼科医の処方による目薬
× 市販薬の目薬
× 近視・乱視用のコンタクトレンズ
 視力回復を目的としたオルソケラトロジー治療用のコンタクトレンズ
× 近視・乱視用のメガネ
 白内障などの手術後に機能回復を目的とするメガネ
 幼児の未発達視力を向上させるためのメガネ

スポンサーリンク

出産・入院・手術をされた方

出産・入院・手術をされた方は、病院から領収書を受け取っていると思います。領収書の金額でだいたい大丈夫ですが、交通費を忘れがちの方が多いので、病院までの交通費も忘れずに申請しましょう。

医療費控除の交通費。付き添いやタクシー・車・新幹線は認められる?

【出産・入院・手術時に気になる医療費控除対象○×】

 出産前・出産後の定期健診・検査費用
 妊娠中絶費用
 不妊治療・人工授精の費用
× 出生前遺伝学的検査(胎児の染色体の数的異常を調べる検査)
× 里帰り出産のための帰省時の交通費
× 無痛分べん講座への参加費用
 病院までの交通費
× 入院中の一時帰宅の交通費
× 親族によるお見舞い・世話の交通費
 病院で支給される自費分の食費
× 病院で支給される以外の食費(出前・外食など)
× 差額ベット代(自己都合による個室代など)
× パジャマ・石鹸・シャンプーなどの入院時の生活用品
× パジャマ・タオルなどの洗濯代
 病院から請求されるシーツ・枕カバーなどの洗濯代
 おむつ代(医師からの「おむつ使用証明書」が必要)
× 医師や看護師へのお土産
× 付き添い人(親族)の食事代


介護を受けた方

介護については私自身の経験・知識が乏しいため、ここでは、国税庁ホームページに記載されている項目のみのご紹介となります。大変申し訳ありませんが、ご自身でもご確認いただけると助かります。→国税庁:税についての相談窓口

 寝たきり老人の在宅療養上の家政婦への費用(※市区町村発行の証明書が必要)
× 療養ではなく家事手伝いによる家政婦への費用
 介護老人保健施設利用に対する自費負担分
医療費控除 対象
※①日常生活費②特別なサービス費用は医療費控除対象外。
国税庁ホームページより引用
※画像をクリックすると大きくなります。

 訪問介護の居宅サービス自費負担分(介護保険給付の対象となるものに限る)
医療費控除 対象
国税庁ホームページより引用
※画像をクリックすると大きくなります。


それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ