確定申告:住宅借入金等特別控除額の計算明細書の書き方と記入例

今回は、確定申告特集として「住宅ローン控除を初めて申請する方」を対象に、確定申告書の書き方を具体例を交えご紹介させていただきます。

第1回:住宅借入金等特別控除額の計算明細書の書き方・記入例
第2回:確定申告書(第一表・第二表)の書き方・記入例

と2記事にわけ、出来るだけ詳しくまとめましたので良かったらご活用ください。

第1回の今回は、住宅ローン控除の申請に必要な書類の確認と、「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の書き方・記入例をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

住宅ローン控除を申請に必要な書類を確認!

住宅ローン控除 確定申告 書き方

まずは、次の6つの書類を揃えましょう。

【住宅ローン控除の申請に必要なもの】

  • 住宅借入金等特別控除額の計算明細書
  • 確定申告書
  • 売買契約書または建築請負契約書
  • 土地・家屋の登記簿謄本
  • 住宅借入金の年末残高証明書
  • 源泉徴収票 ※給与所得者のみ必要

住宅借入金等特別控除額の計算明細書

こちらからダウンロードできるので良かったらご利用ください。
住宅借入金等特別控除額の計算明細書

※ただし、複写になっていないので記入後に1部コピーをとり、それを控えとして税務署に受領印をもらってください。複写版がほしい場合は税務署まで取りに行きましょう。

確定申告書

※ただし、複写になっていないので記入後に1部コピーをとり、それを控えとして税務署に受領印をもらってください。複写版がほしい場合は税務署まで取りに行きましょう。

売買契約書または建築請負契約書

住宅購入時の契約書です。

土地・家屋の登記簿謄本

お近くの法務局支局で取得します。※お近くの法務局支局がわからない場合は、「お住まいの市区町村名 法務局」で検索してみて下さい。

土地・建物それぞれ1通:600円。※インターネットで取得すると若干安くなりますが、間違えると追加でお金がかかってしまうので窓口で取得された方がいいと思います。

住宅借入金の年末残高証明書

通常であれば、10~11月に住宅ローンを組んだ金融機関から送られてきていると思います。

源泉徴収票 ※給与所得者のみ必要

お勤めの会社から受け取っている、もしくは郵送されてきていると思います。


事前に準備するものは以上です。

では、確定申告書類を実際に書いていきましょう。まずは、住宅借入金等特別控除額の計算明細書から記入します。

スポンサーリンク

住宅借入金等特別控除額の計算明細書の書き方・記入例

【記入例の設定】

会社員の佐藤太郎さんは、昨年(2017年)妻の花子さんと共同でマイホームを購入しました。持ち分は、夫である太郎さんが3/4、妻の花子さんが1/4です。住宅ローン控除初年度なので、今年は確定申告で申請します。

  • 年末住宅ローン残高:2500万円
  • 家族構成:共働きの妻(年収400万)と子供一人(16歳)の3人家族
  • 年収:580万
  • 給与から天引きされている社会保険料:681223円

※当記事では、「連帯債務なし」、「居住用のマイホーム」を想定した記入例を作成しております。

住宅借入金等特別控除額の計算明細書は次の2枚です。(左が一面、右が二面)

2面

住宅借入金等特別控除額の計算明細書
※画像をクリックすると拡大します。

一面から書いていくので、一面をお手元にご用意ください。

1.住所及び氏名
住所及び氏名
「左側」に自分の住所と氏名・フリガナ、電話番号を、「右側」に共有者の氏名・ふりがなを記入します。共有者がいない場合は、右側には何も書かなくてOKです。

2.新築又は購入した家屋等に係る事項
新築又は購入した家屋等に係る事項2

  • 住居開始年月日:入居日を記入します。※購入日ではなく、入居した日ですのでご注意ください。
  • 取得価格の額:売買契約書に記載されている家屋・土地それぞれの取得価格を記入します。
  • 総(床)面積:登記簿謄本に記載されている家屋・土地それぞれの面積を記入します。
  • うち居住用部分の(床)面積:住居用のみで使用している場合は、「総(床)面積」と同じでOKです。

    ※マイホームの一部を仕事用の事務所などで使用している場合は、その使用部分の面積を引き、居住用として使用している部分の面積を記入します。

3.増改築等をした部分に係る事項
今回は改築ではないので空白でOKです。

4.特定取得に係る事項
特定取得に係る事項
消費税8%で購入した方は○をつけます。

5.家屋や土地等の取得対価の額
家屋や土地等の取得対価の額1

  • あなたの共有持分:共有の場合は自分の持分割合を記入します。共有でない場合は空白でOKです。
  • あなたの持分に係わる取得価格の額等:取得価格に自分の持分割合をかけた金額を記入します。
(記入例)
家屋:20000000円×3/4=15000000円
土地:30000000円×3/4=22500000円
合計:15000000円+22500000円=37500000円

6.居住用部分の家屋又は土地等に係る住宅借入金等の年末残高
居住用部分の家屋又は土地等に係る住宅借入金等の年末残高2

金融機関から送られてきた「住宅借入金の年末残高証明書」を見ながら記入します。

  • ③新築、購入及び増改築等に係る住宅借入金等の年末残高
    「住宅借入金の年末残高証明書」に記載されている年末残高を記入します。借入先が複数ある場合は合計金額を記入してください。
  • ④連帯債務に係るあなたの負担割合
    連帯債務の場合は、あなたの負担割合を、連帯債務でない場合は「100.00」と記入します。
  • ⑤住宅借入金等の年末残高
    連帯債務がない今回のケースでは、「新築、購入及び増改築等に係る住宅借入金等の年末残高」と同じ金額を記入します。※連帯債務がある場合は付表2を使用して、年末残高の計算が必要です。
  • ⑥ ②と⑤のいずれか少ない方の金額
    「持分に対応した取得価格」と「住宅借入金の年末残高」を比べ、少ない方の金額を記入します。

    「記入例」
    37500000円>25000000円なので2500000円と記入。
  • ⑦居住用割合
    住居使用のみの場合は、「100.0」と記入します。マイホームの一部を仕事用の事務所などで使用している場合は、居住用として使用している割合を記入して下さい。(90%以上の場合は「100.0」と記入)
  • ⑧居住用部分に係る住宅借入金等の年末残高
    ⑥×⑦の金額を記入します。

    「記入例」
    25000000円×100.0%=25000000円
  • ⑨住宅借入金等の年末残高の合計額
    ⑧をそのまま転記します。

    この「⑨住宅借入金等の年末残高の合計額」を下記画像・二面の青枠内に書き写してください。あと氏名も記入しましょう。
    2面1

7.特定の増改築等に係る事項
この欄は、「特定の増改築等」に該当する場合にのみ記入します。今回は該当しないので空白でOKです。

8.(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額
二面をご覧ください。二面に掲載されている計算式から、ご自分に該当する項目を探します。今回は平成29年7月に入居し、消費税8%で購入(特定取得という)したので、下記画像(二面)の赤枠内に該当します。

※下記画像は平成28年分の書式を使用しているため、「平成26年1月1日~平成28年3月31日までの間に居住」となっておりますが、平成29年1月1日~12月31日までに入居した場合は、赤枠内でOKです。平成29年分の書式が発表されたら更新いたします。
2面6

赤枠内の計算式は⑨×0.01です。(⑨は上記画像の緑枠内の金額)

「記入例」
25000000円×0.01
250000円

この金額が、あなたの住宅ローン控除額です!

赤枠内⑰にこの金額を記入してください。

続いて一面に戻り、番号に「1」、その下に赤枠内⑰に記入した金額を書き写します。今回は重複適用に該当しないので、⑱は空欄でOKです。
(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額1

9.控除証明書の要否
控除証明書の要否

住宅ローン控除は2年以降、会社の年末調整で行えます。ここに○をしておけば、年末調整で住宅ローン控除を申請するのに必要な「控除証明書」が自宅に送られてきます。会社員・公務員の方など給与所得者の方は、○をつけておきましょう。


おわりに:書き方がわからないときの対処法

お疲れ様でした、以上が「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の書き方と記入例となります。

もう少しで完了です、続いて、確定申告書(第一表・第二表)を書いていきましょう!
↓ ↓ ↓
■作成中!

書き方がわからないときの対処法

住宅ローン控除は人によって状況が違うので、当記事の記入例だけではわからない部分も出てくるかと思います。その場合は、税務署の電話相談センターで聞くのが一番早いです。

国税庁:税についての相談窓口

最寄の税務署に電話すると自動案内が流れるので、下記画像の「1」→「1」を押すと、電話相談センターにつながります。
電話相談センター

私も何度も利用していますが、とても丁寧に教えてもらえるのでお勧めです^^

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 確定申告の気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ