学生必見!年末調整、勤労学生控除の書き方と記入例。添付書類も確認!

この記事では、年末調整における勤労学生控除の書き方を記入例を交えご紹介させていただきます。一人暮らししている場合の住所、世帯主など、質問の多い項目についての記載や、添付書類についても書かせていただきましたので良かったら参考にしてみてください。

勤労学生控除の概要・適用条件・申請方法(アルバイトを掛け持ちしている場合など)については、こちらの記事に詳しく書かせていただきましたので合わせてご参照ください。
↓ ↓ ↓ 
勤労学生控除の条件と申請方法。アルバイトを掛け持ちしている場合は?

スポンサーリンク

年末調整、勤労学生控除の記入例 【赤枠内】

勤労学生控除 年末調整

【記入例】

平成29年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 勤労学生控除 記入例※画像をクリックすると大きくなります。

【給与の支払者の名称(氏名)】
アルバイト先の会社名を記入します。

【給与の支払者の法人(個人)番号】
ここは記入する必要はありません。

【給与の支払者の所在地(住所)】
アルバイト先の住所を記入します。

【あなたの氏名】
あなたの氏名・フリガナを記入し捺印してください。

【あなたの個人番号】
あなたのマイナンバーを記入してください。マイナンバーは住民票のある住所に昨年末届いています。

【あなたの住所又は居所】
ここには、あなたの現住所を記入します。一人暮らししている場合は、一人暮らしをしている住所を記入してください。住民票のあるなしは関係ありませんので。

【あなたの生年月日】
あなたの生年月日を記入します。

【世帯主の氏名】
世帯主の氏名を記入します。実家暮らしの場合はお父さんのケースが多いでしょう。一人暮らしの場合はあなたになります。

【あなたとの続柄】
世帯主がお父さんの場合は「父」、お母さんの場合は「母」、自分の場合は「本人」と記入します。

【配偶者の有無】
結婚している場合は「有」に、結婚していない場合は「無」を〇で囲みます。

スポンサーリンク

年末調整、勤労学生控除の記入例 【青枠内】

勤労学生控除 年末調整

【記入例】

平成29年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 勤労学生控除 記入例3※画像をクリックすると大きくなります。

5 勤労学生に〇を付けます。続いて、「左記の内容」欄に次の4点を記載します。

  • 学校名
  • 入学年月日
  • 所得の種類
  • 所得の見込み額

【学校名】
学校名を記入します。

【入学年月日】
入学年月日を記入します。

【所得の種類】
所得の種類は「給与所得」になります。

【所得の見込み額】
平成28年分の申告書には、今年のアルバイトでの所得見込みを、平成29年分の申告書には来年のアルバイトでの所得見込みを記入します。ややこしいので整理して説明しますね。

まずは、「見込み」という表現について。平成28年分の申告書については、今がまだ11月なので12月にもらう予定の給料分までの合計見込み所得を記入します。平成29年分の申告書については、来年の見込み額になるのですが、来年また修正できますので、だいたいの見込み所得でOKです。

続いて「所得」について。「もらった給料の金額」と「所得」は違うものです。こちらのサイトで「1年間でもらう予定の給料見込み総額」を入力すると「給与の見込み所得」を簡単に計算してくれますので、ご自身の「給与見込み所得」を算出してください。→給与ねっとさん

添付書類を確認!

一般的な大学等の場合、添付書類は必要ありません

その他で勤労学生控除の対象となる専門学校、各種学校、職業訓練学校に通っている場合は、「在学している証明書」の添付、または提示が必要になりますので、通っている学校にご確認ください。


おわりに

お疲れ様でした、以上が年末調整における勤労学生控除の書き方・記入例となります^^

最後に注意点を1つ。勤労学生控除を申請するということは、「アルバイト収入が103万円を超えている。」ということになるので、今までご両親の扶養に入っていた場合、税金面での扶養をはずれてしまいます。

ご両親の年末調整内容が変わりますので、アルバイト収入が103万を超えた旨をご両親にお伝えください。仕方ないことですがデメリットととしては、ご両親の税金が高くなります。(あなた分の扶養控除がなくなるため。)

勤労学生控除を使って所得税が0円でも、住民税はかかります。

次の記事で学生アルバイトの住民税についてまとめましたので、良かったら合わせてご参照下さい。
学生アルバイトの住民税は103万以内でもかかるの?いくらかかる?

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ