令和2年の税制改正を受け、

「令和2年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」

という名前の新書式が、今年の年末調整から新たに加わりました。(それにしても名前、長すぎです。。。)

この書類は、名前のとおり以下の3つを兼ねた書類となります。

  • 基礎控除申告書
  • 配偶者控除等申告書
  • 所得金額調整控除申告書

令和2年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書 

今回は、この書類を全3回に分け、基礎控除申告書、配偶者控除等申告書、所得金額調整控除申告書それぞれの書き方・記入例を詳しくご紹介させていただきます。

第1回の今回は、上記画像赤枠内の基礎控除申告書です。基礎控除申告書は、所得2500万円以下の方は全員記入が必要なので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

令和2年の基礎控除額の改正について

まず基礎控除についてですが、令和2年税制改正で基礎控除額が変更になりました。去年まで全員一律で38万円でしたが、令和2年以降は次のようになりました。

所得2400万円以下 48万円
所得2400万円超~2450万円以下 32万円
所得2450万円超~2500万円以下 16万円
所得2500万円超~ 0円

つまり、今まで一律だった基礎控除額が、所得金額によって変わるように改正されたわけです。

ただ実際は、所得2400万円以内であれば全員共通で48万円なので、ほとんどの人にとっては控除額が38万円⇒48万円になった。という程度の認識で問題ありません

逆に、所得2500万を超える人は、基礎控除額が0円となるので、高額所得者にとってかなりきつい改正となったわけですね。

では、実際に年末調整書類を書いていきましょう。※繰り返しになりますが、基礎控除申告書は所得2500万円以下の方は全員記入が必要です。

基礎控除申告書の書き方・記入例

記入する前に

記入する前にアドバイスを1つ。

基礎控除申告書には、自分の給与収入を書きますが、前述したように所得2400万円以下の場合、基礎控除の額は全員共通で48万円です。つまり、明らかに所得が2400万円以内の場合は、だいたいの収入金額を記入しておけば問題ありません。給与収入が500万でも1500万でも基礎控除額は48万円ですから。

但し、所得が2400万円を超えそう。という方は、基礎控除額が変わってくるので、正確に所得を計算するようにしてください。

書き方と記入例

収入金額(下記画像の青枠内)に、今年(令和2年1月~12月)の給与収入を記入します。
基礎控除申告書1

続いて所得金額を計算します。給与所得は次の表に当てはめて計算します。

給与所得2
国税庁:令和2年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書の裏面より引用。

例えば今回の記入例では、給与収入が500万円で、下から3つ目に該当するので、

給与所得の金額
=①:5,000,000円÷4(千円未満切捨て)=1,250,000円
 ②:1,250,000円×3.2-440,000円
=3,560,000円

所得金額(下記画像青枠内)に3,560,000と記入。
基礎控除申告書3

続いて、「あなたの本年中の合計所得金額の見積額」をそのまま3,560,000と記入します。※給与所得以外の所得がある場合は、計算し、合計金額を記入してください。
基礎控除申告書5

最後に、「控除額の計算」です。「あなたの本年中の合計所得金額の見積額」が356万円なので、900万円以下にチェックし、「区分Ⅰ」に該当するアルファベット(今回はA)を、「基礎控除の額」に控除額480,000と記入します。※「区分Ⅰ」に該当するアルファベット(今回はA)は、次回解説する配偶者控除等申告書で使用します!
基礎控除申告書3

これにて完成です。

続いて、配偶者のいらっしゃる方は配偶者控除等申告書の記入も必要です。こちらの記事も合わせてご参照ください。
令和2年分 給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方・記入例

スポンサーリンク