国民年金保険料の控除証明書を紛失→即日10分で再発行してもらえた話

国民年金 控除証明書 再発行1

年末調整や確定申告で必要な国民年金保険料(社会保険料)の控除証明書。毎年、11月の上旬に日本年金機構から送られてくるのですが、今年はうっかり失くしてしまい、昨日再発行してもらいました。

そこで今回は、国民年金保険料(社会保険料)控除証明書を即日再発行してもらった体験談をご紹介させていただきます。「再発行に必要な書類」や「電話による再発行方法」についてもまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

今日中に必要な人は日本年金機構へ!

お急ぎの場合は、直接最寄の日本年金機構に行けば、すぐに再発行してもらえます。私は急ぎで必要だったので、日本年金機構に直接とりに行ってきました。

※最寄の日本年金機構はこちらから調べられます。→全国の日本年金機構

持って行ったものは、次の2つです。

  • 運転免許証
  • 年金手帳

年金手帳は一応持っていきましたが、なくても大丈夫とのことでした。基礎年金番号も日本年金機構側で調べてくれるので、運転免許証だけ持っていけばOKです。

運転免許証をお持ちでない場合は、

  • パスポート
  • 健康保険証+本人名義の通帳

を本人確認書類として持っていってください。

結果、10分ほどで再発行してもらえました^^

国民年金 控除証明書 再発行


2.3日余裕のある場合は、電話でもOK

急ぎではなく、2.3日余裕のある場合は、電話でも再発行依頼が可能です。基礎年金番号を聞かれるので、準備して電話してみてください。

※基礎年金番号がわからない場合はこちらの記事をご参照ください。
基礎年金番号がわからない場合の調べ方!今日中に確認したい場合は?

「ねんきんダイヤル」に電話してしまうと再発行まで1週間くらいかかってしまうので、直接最寄の日本年金機構に連絡したほうがいいです。最寄の日本年金機構であれば、当日または翌日には発送してもらえるので2日後には手元に届きます。

※最寄の日本年金機構の連絡先は、こちらをご参照ください。
全国の日本年金機構

最寄の日本年金機構に電話すると、はじめに自動音声案内が流れます。下記画像のように「2」→「2」の順でプッシュすると最寄の基本年金機構につながるので、そこで再発行依頼しましょう!

自動音声2


おわりに

国民年金保険料は年末調整や確定申告で社会保険料控除として申請します。年末調整と確定申告の書き方を次の記事にて詳しくまとめましたので、良かったら合わせてご参照ください。

(年末調整)
年末調整:社会保険料控除の書き方と記入例。国民健康保険支払先は?

(確定申告)
社会保険料控除の書き方。年末調整・確定申告書の記入例付きで解説!

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 年末調整の気になる 確定申告の気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ