学生版:年金免除の申請期間と手続き方法!忘れ&遅れた時の期限は?

学生の場合、正確に言うと「免除」ではなく「猶予」制度で【学生納付特例制度】といいます。免除とは違い、将来もらえる年金への上ましはありませんが、未納に比べてやはりメリットは大きいです。

将来受け取る年金だけではなく、在学中に事故や病気などの保証にもなりますよ^^

この記事では、学生納付特例の申請方法や期間、手続きを忘れてしまい、申請書の提出が遅れてしまった際の申請期限についてまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク

学生納付特例制度は、いつ頃申請すればいいの?

年金 免除 学生

一番いいのは、国民年金加入時に一緒に手続きをしてしまうのがいいと思います。20歳の誕生日の前月に、日本年金機構から年金加入の手紙が送られてきますので、同時に学生納付特例の手続きもしてしまいましょう。※申請書の入手方法は後ほど書かせていただきます。

申請期間について

学生納付特例制度の有効期間は、毎年4月~翌年3月までです。例えば今年(平成27年)の11月で20歳になるという方は、今回の申請で平成27年11月~平成28年3月までの猶予申請をすることになります。

そして来年度、平成28年4月~平成29年3月までの猶予申請は再度4月以降に行う必要があるので注意して下さい。(ちょっと面倒ですよね…)


忘れてた!&遅れた場合の申請期限は?

手続きを忘れていた、もしくは遅れてしまった場合は、後からでも申請出来ますのでご安心を!但し、遡って申請できるのは、2年1ヶ月前までの期間です。例えば今月から遡ったとして、今が平成27年10月なので、平成25年9月分までは申請できるという事になります。

ただ、後で申請できるからといって先延ばしにしてしまうと、申請前に事故や病気になった場合、障害年金を受け取れなくなってしまうので申請だけは早めにしておいた方がいいと思います。

スポンサーリンク

申請方法は?

年金 免除 学生

1.国民年金保険料学生納付特例申請書を入手する。

次の場所から入手してください。

① ダウンローとしてプリントアウトする。
  ↓ ↓ 
国民年金保険料学生納付特例申請書

② 市区町村の役所・国民年金担当窓口

③ お近くの日本年金機構(年金事務所)

④ 学校の学生課※(置いていないところもある)

2.申請書に記入する。

3.添付書類を準備する。

① 年金手帳(氏名が載っているページ)か、基礎年金番号通知書どちらかのコピー。※年金加入手続きと同時に申請をする場合は必要ありません。

② 学生証(有効期限・学年・入学年月日が記載されている)の裏表面コピー。か在学証明書の原本どちらか。

年金手帳を無くしてしまった場合は、簡単に再発行してもらえますので、コチラの記事も良かったら参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓
年金手帳紛失→即日10分で再発行してもらえた話。必要なものを確認!

4.学生納付特例申請書を提出する。

提出先は、住民票登録のある住所の市区町村の役所・国民年金担当窓口です。郵送でも受け付けてもらえます。また、学生課で申請出来る学校もあるので、確認してみてください。

5.申請後の注意点について

審査期間はだいたい2~3ヶ月で、審査結果は住民票の住所に郵送で送られてきます。審査結果が出るまでの期間(2~3ヶ月)に、納付書や催告状が郵送されてくる場合がありますが、審査結果が出るまでは払わなくても大丈夫です。万が一申請が却下された場合でも、後から支払うことが出来ますので。

おわりに

学生納付特例を使うと、当然メリットも大きいのですが、満額支払った人に比べちゃうと、将来受け取れる年金額は減ってしまいます。それが嫌だ!という方は、猶予してもらった分の年金保険料を10年以内であれば、後から支払う(追納という)ことも出来ます。

学生納付特例制度も含めた国民年金の免除については、こちらの記事にさらに詳しくまとめましたので是非合わせてご参照下さい。
学生が知って得するバイトの税金(勤労学生控除)や年金免除などまとめ

【年末調整のご案内】

今年も年末調整の時期がきました。アルバイトをしている学生さんは、「勤労学生控除」の申請が必要です!年末調整書類の書き方・記入例をこちらの記事にまとめましたので、「学生アルバイト欄」をご参照ください。

2017(平成29年)年末調整書類の書き方・記入例ケース別まとめ!


それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです^^

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ