年末調整:妻が103万円超えた場合の扶養控除等申告書の訂正と書き方

扶養控除等申告書 修正

去年までは妻の収入が103万以内だったけど、今年は103万を超えた。。。今年から配偶者への控除制度が変わったらしいけど、年末調整ではどう申請したらいいんだろう。。。

この記事では、上記ケースでの「扶養控除等(異動)申告書」の訂正方法と、今年の年末調整からの新書式「配偶者控除等申告書」の書き方をご紹介させていただきます。

また、年末調整を書く11月時点では103万を超えないと思っていたが、12月に入り103万円を超えることが判明したケースについても、対処法をまとめましたので良かったら参考にしてみて下さい。

※今回ご紹介する年末調整書類の訂正方法・書き方は、夫側の年末調整です。また当記事は、夫の年収が1120万円以内、妻のパート収入が年間150万以内のご夫婦を想定し書かせていただいております。

スポンサーリンク

妻が103万円超えた場合の扶養控除等申告書の訂正方法と書き方

奥さんの収入が毎年103万円以内で、今年103万を超えた。といった場合、以下の流れで年末調整書類の修正&作成を行います。

  • ステップ①平成30年分 扶養控除等(異動)申告書を訂正する。
  • ステップ②平成30年分 配偶者控除等申告書に記入する。
    ※今年からの新書式
  • ステップ③平成31年分 扶養控除等(異動)申告書を記入する。

ステップ①平成30年分 扶養控除等(異動)申告書を訂正する

妻の収入が103万を超えるということは、妻の〝所得の見積額〟が変わるので、今年分(平成30年分)の扶養控除申告書を訂正します。

【訂正・修正記入例】
平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 修正3

上記画像赤〇①の〝所得の見積額〟部分に二重線を引き、修正します。
※〝所得の見積額〟の計算方法は次章「配偶者控除等申請書の書き方」にてご説明させていただきますので、後で計算してからご記入ください。

次に赤〇②「異動月日及び事由」欄に日付と理由を書きましょう。理由については、これといった決まりはないのでわかればOKです。また、ネット上には訂正印が必要との記事が目にしますが、税務署に電話確認したところ、「特に必要ない」との回答だったので必要ありません。

今年分(平成30年分)の扶養控除申告書は、昨年書いて会社に提出しているはずです。年末調整のときに去年書いたものが返却されるので、訂正・修正して再度提出しましょう。

※会社によっては去年書いた「平成30年分の扶養控除申告書」が返却されないケースもあるようなので、その場合は総務の人に「変更点があるので、扶養控除申告書を訂正したい。」と伝えて下さい。


また、こちらから「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」をダウンロードして書き直しても問題ありません。→平成30年分 給与所得者の扶養控除等(移動)申告書


ステップ②平成30年分 配偶者控除等申告書に記入する

平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書1

続いて、配偶者控除等申告書を記入します。この書類は、今年改正された配偶者控除に伴う新書式です。今年からこの用紙を提出しないと配偶者への控除を受けることが出来ないので、しっかり記入して提出しましょう。

ここでは、夫・妻ともに給与収入のみという設定で書き方をご紹介させていただきます。

上からあなたの氏名・フリガナ・住所を記入し、捺印します。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書2

続いて、あなたの今年の合計所得金額(見積額)を計算し、下記画像赤枠内に記入していきます。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書5

次の画像の緑枠内に、あなたの今年の年収(ボーナスも含めた額面の総支給額)を記入します。ただ、今年はまだ終わっていないので見積額(予測)でOKです。※手取り金額ではなく額面の総支給額ですのでご注意ください。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書7

続いて、あなたの今年の給与所得(見積額)を計算します。先ほど記入した「年収(見積額)」を次の表に当てはめて下さい。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書9

今回の記入例だと年収500万円なので、上記表の赤枠内に該当します。

赤枠内の計算式に当てはめると

①:500万円÷4(千円未満は切り捨て)=125万円
②:125万円×3.2-540000円
=1250000円×3.2-540000円
=4000000円-540000円
3460000円

今年の給与所得(見積額)は3460000円

この3460000円を下記画像の青枠内に記入します。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書8

下記画像赤枠内にも346000円と記入し、「900万円以下(A)」にチェックを入れ、区分Ⅰに「A」と記入してください。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書9

※最後に控除額の算出に使うので、「区分ⅠはA」と覚えておいてください!

続いて、妻(配偶者)の合計所得金額(見積額)を計算し、下記画像赤枠内に記入していきます。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書11

次の画像の緑枠内に、妻の今年のパート収入を記入します。ただ、今年はまだ終わっていないので見積額(予測)でOKです。※手取り金額ではなく額面の総支給額ですのでご注意ください。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書13

続いて、妻の今年の給与所得(見積額)を計算します。先ほど記入した「パート収入(見積額)」を次の表に当てはめて下さい。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書15

今回の記入例だとパート年収1250000円なので、上記表の赤枠内に該当します。

赤枠内の計算式に当てはめると

1250000円-650000円
600000円

今年の妻の給与所得(見積額)は600000円

この600000円を下記画像の青枠内に記入します。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書16

下記画像赤枠内の「配偶者の本年中の合計所得金額の見積額」にも600000円と記入し、「38万円超85万円以下③」にチェックを入れ、区分Ⅱに「③」と記入してください。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書21

※最後に控除額の算出に使うので、「区分Ⅱは③」と覚えておいてください!

続いてその隣の欄に、妻(配偶者)の氏名・フリガナ・個人番号(マイナンバー)、生年月日等を記入します。住所は同居なら書かなくてOK。別居の場合のみ記入してください。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書22

最後に「区分Ⅰ:A、区分Ⅱ:③」を次の表に当てはめて、控除の種類と控除額を算出して下さい。算出したら、該当する方(配偶者控除・配偶者特別控除のどちらか)に控除額を記入します。
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書24

これにて「平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」の作成は完了です!
平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書2

ここで計算した妻の〝所得の見積額〟を前章「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に書き写しましょう。

記入例では、妻の〝所得の見積額〟は600000円でした。
平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 修正2

スポンサーリンク

ステップ③平成31年分 扶養控除等(異動)申告書を記入する

※「平成31年分」の書式がまだ公表されていないため、記入例が「平成30年分」になっておりますが、書き方は同じで大丈夫です。「平成31年分」の書式が公表され次第、差し替えさせていただきます。

また、当記事は年収1120万円以内の方を対象に記入例を作成しております。

最後に、来年分(平成31年分)の扶養控除等(異動)申告書を書きましょう。ちなみに平成31年分は来年使用するものなので、妻や扶養親族の〝所得の見積額〟はおおまかな予想でOKです。予測とずれても、来年の年末調整のときにまた修正できますから。

自分の情報を赤枠内、妻の情報をピンク枠内、16歳以上の扶養親族(子供や親など)を青枠内、16歳未満の子供を緑枠内に記入します。

平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 年収1120万以下1

妻の所得が85万円(給与収入150万円)までは「源泉控除対象配偶者」に該当するので、妻の情報をピンク枠内ご記入ください。逆に、妻の所得が85万円(給与収入150万円)を超える場合は、「源泉控除対象配偶者」に該当しないので、この用紙には妻の情報は書きません。


年末調整書類の提出後に、103万超えることがわかった場合は?

年末調整書類を渡されるのは11月なので、奥さんの年収が確定する前に書かなくてはいけません。なので、12月入ってから奥さんのパート収入が増えていることが判明!(汗)こういったケースもあると思います。

その場合は、わかった時点で会社に報告し指示を仰いでください。12月中であれば、会社がまだ年末調整業務を行っていない可能性もあるので、今回ご紹介したやり方で訂正・修正が可能です。

また、会社の年末調整業務が終わっている場合は、2月~3月の確定申告で訂正・修正を行います。その場合は、夫・妻両方の源泉徴収票をもって税務署にいき修正しましょう。修正方法については、係員の方に事情を話せば丁寧に教えていただけます。


訂正しないで放っておくとどうなる?

放っておくと、忘れた頃に税務署から会社に「○○さんの奥さんの所得が間違っているので確認して下さい。」という連絡が入ります。

私は以前、会社の年末調整を担当しており、この連絡を税務署から受けたことがあるのですが、2年後くらいに連絡が来ました。。。その時は、該当の従業員さんに奥さんの源泉徴収票を過去3年分会社に持ってきてもらい、訂正・修正をしたのですが、かなり面倒な作業でした。。。

会社の経理担当者に迷惑をかけてしまうことにもなるので、気づいた時点で会社の担当者、あるいは税務署に相談してみて下さいね。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

年末調整の書き方でお困りの方は、ケース別に年末調整記入例をまとめた、こちらの記事も是非参考にしてみてください。

【参考記事】
2018(平成30年)年末調整書類の書き方・記入例ケース別まとめ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 年末調整の気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ