103万以下・扶養内パート妻が書く年末調整。記入例と書き方

【平成28年10月19日 追記】
記入例を最新版に更新いたしました。

パートを始めて最初の年末調整。どこに何をかいていいのか?さっぱり分からない!という方も多いと思います。会社からは年末調整書類だけ渡されて、大した説明もなし…そんなんじゃ、よくわからなく当然ですよね(汗)

この記事では、一般的に多いであろう103万円以下・扶養内パート主婦さん(パート収入のみ)を対象に、記入例を使い年末調整書類の書き方をご説明させていただきます。103万円以内であれば所得税自体かからないので、書く場所は少なく心配無用です^^5分くらいで終わりますので、是非ご一緒に書いてみてください。

スポンサーリンク

年末調整書類の確認

お勤めの会社によって、若干違うのですが次の3枚の年末調整書類が渡されていると思います。※会社によって2枚の場合は①と③のみ。

①平成29年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
②平成28年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
③平成28年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

①平成29年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

記入するのは、記入例の赤枠内だけで大丈夫です。青枠についてはマイナンバーを記入します。

平成29年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書※記入例をクリックすると大きくなります。

■給与の支払者の名称(氏名)
■給与の支払者の法人(個人)番号
■給与の支払者の所在地(住所)
こちらは会社側で記入済みかもしれませんね。書いてなければ会社の名前・住所を記入します。「会社の法人(個人)番号」は会社側で書くべきものなので、未記入でOKです。

■あなたの氏名・フリガナ・印鑑
名前とフリガナを記入し、印鑑を押します。

■あなたの個人番号
ここにはあなたのマイナンバーを記入します。

■あなたの住所又は居所
住民票の住所(原則)を書きましょう。

■生年月日
生年月日を記入。

■世帯主の氏名
ご主人の名前を記入。

■あなたとの続柄
夫でOKです。

スポンサーリンク

②平成28年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

こちらは、昨年末、もしくは入社したときに記入して会社に提出したものが渡されているはずです。変更点がなければ、そのまま提出。変更点がある場合は修正して提出しましょう。

記入済みのはずですが、念のため記入例を掲載しておきますね。①と同じように記入してください。

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書※記入例をクリックすると大きくなります。

③平成28年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

【生命保険などの保険料をご主人が支払っている方】

本来書かなくてもいい書類ですが、会社によっては提出を求められるケースもあり、一応記入例を書かせていただきました。赤枠内だけ記入して下さい。「給与の支払者の法人番号」は会社側で記載しますので未記入でOKです。

平成28年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書※記入例をクリックすると大きくなります。


【生命保険などの保険料をご自分で支払っている方】

保険料控除の申告が必要です。保険料控除についてはこちらの記事で詳しく書かせていただきましたので、もし良かったら、ご参照下さい。
↓ ↓ ↓
年末調整、保険料控除申告書記入例と書き方。契約者名義が妻の場合は?

終わりに

お疲れ様でした^^103万円以下・扶養内パート主婦さん(パート収入のみ)の場合、所得税がかからないので、年末調整はいたってシンプルです。ただ給与所得者の扶養控除等(異動)申告書は提出しないと後々面倒なので必ず提出してくださいね!

パート収入が103万以内であっても、住民税がかかってしまうのはご存知ですか?こちらの記事で、パート収入100万円・110万円の二人の扶養内パート主婦の方を例に、住民税がいくらかかるのか計算してみました。良かったら参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓
住民税を計算:扶養内パート・アルバイト主婦で収入103万前後の場合

また、パート主婦さんで、2016年10月から変更になる「厚生年金加入条件」について気になっている方は良かったらこちらの記事もどうぞ^^
↓ ↓ ↓ 
■ パート主婦必見!厚生年金加入条件変更について厚生労働省に聞いてみた

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ