年末調整:社会保険料控除の書き方と記入例。国民健康保険支払先は?

年末調整の社会保険料控除はその年の1月~12月に支払った(支払い予定も含む)社会保険料が全額控除対象となるとてもありがたい控除ですが、逆に、申告漏れがあるともったいない(汗)のでしっかりと書きたい項目です。

この記事では、下記2つのパターンに分けて社会保険料控除欄を記入する際の間違いやすい注意点を、いつくかの記入例と共にまとめてみました。

  • 給料から社会保険料がてん引きされている方
  • ご自身で社会保険料を支払われている方
スポンサーリンク

年末調整書類で社会保険料控除を記入する箇所

社会保険料控除の記入欄は給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書青枠部分になります。

保険料控除申告書 配偶者特別控除申告書 1

記入する社会保険料の種類

  • 国民健康保険料(介護保険料も含む)
  • 国民年金保険料
  • 国民年金基金の掛金

※厚生年金・雇用保険など今回記入する必要がない社会保険料については省いてあります。また、僕の業務上経験のない社会保険料(船員保険料・農業者年金の掛金など)については記載しておりませんのでご了承下さい。

給料から天引きされている方の記入例

主にサラリーマン・公務員・派遣社員の方が対象になると思いますが、給与から天引きされているご自分の社会保険料は記入する必要はありません。こちらは会社が計算してくれます。注意したいのはご家族(扶養配偶者・親族)の社会保険料です。

【記入例:息子の国民年金】
社会保険料控除記入例1

上の例は、大学生の息子さんの国民年金をあなたが支払っている場合の記入例です。会社に長く勤めてらっしゃる方は、ずーっと天引きされているのでついつい見落としがちですが、あなたが支払ったご家族(扶養配偶者・親族)の社会保険料は全額控除対象ですので、しっかりと記入されてくださいね^^

今年転職した方はここに注意!

前勤務先から源泉徴収票を貰って、現会社に提出して下さい。前の会社で天引かれていた社会保険料も合算して現会社が年末調整してくれるので、ご自身で記入する必要はありません。但し、転職活動期間中に自分で支払った社会保険料については記入が必要です。

スポンサーリンク

ご自身で社会保険料を支払われている方の記入例

主にパート・アルバイトの方、また厚生年金に加入していない会社にお勤め方が対象となります。ご自身で今年(1~12月)支払った(支払う予定の金額も含む)国民健康保険料・国民年金保険料・国民年金基金の掛金、全ての合計金額を記入します。あなたの収入から支払ったご家族(扶養配偶者・親族)の分も含みます。

【記入例】
社会保険料控除記入例2

上記はご自身の分だけを支払った記入例になりますが、例えば奥さんが扶養に入っている場合、奥さんの国民年金もあなたが支払っているかと思われます。その場合は奥さんの国民年金も控除対象となりますので合算に含めてください。

国民健康保険の支払先の名称は?

ネットで見るとこの質問が多かったです。国民健康保険料の支払先はお住まいの市区町村でOKです。記入例でだと新宿区ですね。

記入枠が足りない場合は?

社会保険料控除記入例3

上のように、合計金額だけ記入し内訳書をつけて提出しましょう。

終わりに

年末調整の書き方でお困りの場合は、ケース別に年末調整記入例をまとめた、こちらの記事も是非参考にしてみてください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです^^

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ