ふるさと納税:ワンストップ申請書の記入例と提出期限、手続の流れは?

今年(2015年)4月から始まった、ふるさと納税ワンストップ特例制度ですが、どのような人が対象になるのでしょうか?また、ふるさと納税のワンストップ特例制度で税金の控除を受けるには、どのような手続きをすればよいのでしょうか?「申請書の記入例」や「申請書の提出期限」など、ワンストップ特例制度についてまとめてみましたので、よかったら参考にしてみてください。

確定申告特集として、「クラウド会計ソフトを無料で使い、3日間で確定申告を終わらせる方法」をこちらの記事でご紹介しておりますので、良かったら合わせてご参照下さい^^
↓ ↓ ↓ 
個人事業主必見!クラウド会計ソフトfreeeを無料で使い、3日間で確定申告を終わらせる方法!

スポンサーリンク

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは?

平成25年4月1日から確定申告の不要な給与所得者がふるさと納税をする場合、寄附先の自治体が5団体までであれば確定申告をしなくてよいことになりました。

ワンストップ特例制度を利用できる人は?

・確定申告が不要な給与所得者

・ふるさと納税を行った自治体の数が5箇所以内で、確定申告を行わない場合

5箇所以内とは、自治体の数になりますので、同じ地自治体に複数回寄附(納税)しても寄附(納税)先数にカウントはされません。

ワンストップって、どういう仕組みで税金が控除されるの?

ふるさと納税のワンストップ特例制度を利用した場合、所得税からの控除はなく、翌年の6月以降に支払う住民税が減額される形で控除が行われます。※控除額については確定申告を行った場合と同額です^^

簡単に言うと、
A市に住んでいる〇△さんが、ふるさと納税をしようとB市に寄附(納税)すると、B市から〇△さんの住んでいるA市に「〇△さんが寄付してくれたから、住民税を減らしてあげてね!」と連絡がいき、翌年度分の住民税が減額されるという仕組みです。

平成25年4月~12月までにワンストップ特例制度を利用し、ふるさと納税を行った場合は、平成26年6月から納付する住民税から減額されます。

ワンストップ特例制度前(平成25年1月~3月31日まで)に、ふるさと納税を行った人が、控除を受けるためには、確定申告が必要です。

ワンストップ特例制度申請書の書き方

寄附金税額控除に係る申告特例申請書の記入例
申請書記入例

①太枠欄をすべて記入し、捺印します。


②寄附をした年月日と金額を記入します。


③次の2つの条件を満たしていれば、チェックを入れてください。
(1)確定申告をする必要がない
(2)平成27年4月1日以前にふるさと納税をしていない
※平成27年3月31日までのふるさと納税はワンストップ特例対象外です。


④ふるさと納税の寄附先の自治体が5箇所以下であればチェックを入れてください。
※5箇所以下とは、寄附先の自治体の数で、寄附をした回数ではありませんのでご注意ください。


③と④には、どちらもチェックが入っていないと、ワンストップ特例の申請ができませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

ワンストップ特例制度の流れ

①ふるさと納税を行う自治体を選ぶ

こちらから自治体を探せます。→総務省ふるさと納税

②ふるさと納税を行った自治体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送る

ワンストップ特例制度の申請書には印鑑を押す必要があるため、プリントアウトしてから記入&捺印し、ふるさと納税を行った自治体へ郵送してください。(自治体によっては、希望すれば、ワンストップ特例制度申請書を送ってくれる自治体もあります。)FAXやメールでは受付けてくれませんので、ご注意ください。
また、各自治体によって、申込手続や申請書が異なる場合もありますので、ふるさと納税を行う際は、寄附をする自治体に事前に確認することをおススメします。

③翌年の住民税から減額

ワンストップ特例制度を利用することで、所得税からの控除は行われませんが、その分ふるさと納税を行った翌年度の住民税から減額という形で控除されます。(控除額は確定申告を行った場合と同じなので、ワンストップ特例を利用しても損はしません。)

【注意点】
・「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の提出期限は、平成28年1月10日までです。期限内に提出できない場合は、ワンストップ特例制度で税金の控除を受けることができませんのでご注意ください。

・同じ自治体に複数回寄附をした場合でも、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」は毎回提出する必要があります。

ワンストップ特例制度を利用したけど、医療費控除の確定申告をしたい場合は?

例えば、平成25年4月1日以降に確定申告の必要がないワンストップ特例制度を利用し、ふるさと納税で寄附をしたとします。しかし、12月までの間に医療費が10万円を超え、医療費控除の確定申告もしたい場合はどうすればよいのか?

ワンストップ特例を申請していても、確定申告が優先されますので、医療費控除と共にふるさと納税の寄付金控除を行えば大丈夫です。ワンストップ特例の申請をしていたけど、確定申告することになるのは普通にあることなので、ご安心を。

ふるさと納税:確定申告についてのQ&A集!はこちら

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです^^

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ