住民税を計算:パート主婦やフリーターで月収10~15万の場合

パート 住民税

この記事では、パート主婦・フリーターの方を対象に、住民税が年間でいくらかかるのか?また毎月の給与からはどのくらい天引きされてしまうのか?シュミレーションを行いました。

パート・アルバイト収入が

  • 月収10万円の場合
  • 月収12万円の場合
  • 月収15万円の場合

でそれぞれ計算しましたので良かったら参考にしてみて下さい。

※この記事は、扶養家族のいないパート主婦(子供が夫の扶養になっている、もしくは子供なしなど)。未婚で子供のいないフリーター。を想定し書かせていただいております。

また、母子家庭・父子家庭の方は住民税の所得基準が異なるため、こちらの記事をご参照ください。

母子家庭の住民税:非課税の年収はいくら?調べ方と計算方法を解説

スポンサーリンク

所得税の仕組みを確認

最初に住民税の仕組みを簡単にご説明させていただきます。※金額だけを知りたい方は、次章からお読みください!

住民税には均等割と所得割の2つがある

住民税には均等割・所得割の2つがあり、この2つを足した合計が住民税です。

住民税=均等割+所得割

均等割とは

均等割は、「お住まいの市区町村によって定められた一定の所得基準を超えると一律○○○円」といった感じでかかります。ちなみに私の地元:千葉県木更津市は一律5000円(年間)です。所得基準と金額は各市区町村が独自に定めているので、「お住まいの市区町村名 住民税」で検索し確認してみて下さい。

所得割とは

所得割は、収入から各種控除を引いた課税所得に対し10%が課税されます。※ほとんどの市区町村で10%ですが、正確には若干異なるエリアもあります。

(例)月収10万円の場合

課税所得
=年収120万(月収10万×12か月)-65万(給与所得控除)-33万(基礎控除)
=22万

22万×10%=22000円

所得割は22000円。
※本来はこの金額から「調整控除額」というものを引くのですが、ここでは割愛し記事後半にて詳しくご説明させていただきます。


住民税は後払いの税金なので注意!

住民税は、後払いの税金なのでご注意下さい。前年(2018現在でいうと2017年1月~12月)の所得にかかる住民税を、今年(2018年)の6月から支払っていきます。

支払い方法は、特別徴収と普通徴収の2パターンあり、勤務先の方針によりどちらで支払うかが決まります。特別徴収は勤務先の給料から天引きで、1年分の住民税を12ヶ月で割った金額が毎月の給料から引かれます。普通徴収はお住まいの市区町村から届く納付書で年4回に分けて支払います。


それでは、実際に計算してみましょう。今回は、私の地元、千葉県木更津市を例に、月収10万、12万、15万でそれぞれ住民税シュミレーションを行います。お住まいの市区町村により均等割の所得基準・税金額に若干の違いはありますが、考え方や計算手順は同じですので、良かったらご自身に当てはめてご一緒に計算してみてください。


月収10万円の場合、住民税はいくら?

住民税額は、月収ではなく年収ベースで計算されるので、今回は月収10万円×12ヶ月の年収120万円を想定し計算を行います。

※勤務先の社会保険には加入していない想定で計算を行います。社会保険に加入されている方は次章:月給12万円の計算例をご参照ください。

均等割

月収10万だとどの市区町村でも均等割の所得基準は超えているので、全員共通で均等割がかかります。

私の住んでいる千葉県木更津市では、均等割は一律5000円です。

パート収入が月収10万円(年収で120万円)の場合、住民税:均等割は5000円。
※千葉県木更津市の場合

所得割

続いて所得割を計算していきます。

【所得割の計算方法】

①自分の課税所得を計算する。
まずは収入から控除を引いて「課税所得」というものを計算します。
※ここでは全員共通の給与所得控除・基礎控除のみで計算します。自分で国民健康保険・国民年金に加入している方は、支払った金額が全額控除(社会保険料控除という)になりますので、収入から引いてみてください。

課税所得=120万円(収入)-65万円(給与所得控除)-33万円(基礎控除)
=22万円

課税所得:22万円

②調整控除額を計算する。
調整控除額は、①が200万以上か以下で計算方法が違います。今回は200万以下なので、次の計算方法で計算します。

以下のABのいずれか低い金額×5%=調整控除額

A:5万円+基礎控除以外の人的控除の差額の合計額

B:課税される金額 ※①の金額です。

Aがわかりずらいのですが、今回は基礎控除のみなのでAは5万円(5万円+0円)。
※給与所得控除は人的控除には該当しません。

Bは①の金額なので22万円。AとBを比べて低い方のA:5万円に5%をかけて調整控除額を計算します。

5万円×5%
=50000円×0.05
=2500円

調整控除額:2500円

③所得割を計算する
①(課税所得)に、住民税所得割の税率10%(全国一律)をかけて、②(調整控除額)を引きます。

22万円×10%-2500円
=220000円×0.1-2500円
=22000円-2500円
=19500円

パート・アルバイト年収120万(月収10万)の場合、住民税:所得割は19500円。

【結論:パート・アルバイト年収120万(月収10万)の場合】

均等割:5000円
所得割:19500円 

年間で合計24500円の住民税がかかる


給料からいくら天引きされる?

最後に毎月の給料からいくら天引きされるのか?確認しておきましょう。

年間の住民税が24500円なので、これを12か月で割った約2042円が毎月の給与から天引きされます。(※特別徴収の場合)給料天引きでなく自分で市区町村に納付書で支払う場合(普通徴収といいます)は、24500円を年4回に分けて支払っていきます。

パート・アルバイト年収120万(月収10万)の場合、毎月の給与から約2042円天引きされる。

スポンサーリンク

月収12万円の場合、住民税はいくら?

住民税額は、月収ではなく年収ベースで計算されるので、今回は月収12万円×12ヶ月の年収144万円を想定し計算を行います。

※年収で130万円を超えているので、今回は勤務先の社会保険に加入している想定で計算を行います。社会保険に加入していない場合は、前章:月収10万円の計算例を参考にしてみて下さい。

均等割

月収12万だとどの市区町村でも均等割の所得基準は超えているので、全員共通で均等割がかかります。

私の住んでいる千葉県木更津市では、均等割は一律5000円です。

パート収入が月収12万円(年収で144万円)の場合、住民税:均等割は5000円。
※千葉県木更津市の場合

所得割

続いて所得割を計算していきます。

【所得割の計算方法】

①自分の課税所得を計算する。
まずは収入から控除を引いて「課税所得」というものを計算します。
※ここでは全員共通の給与所得控除・基礎控除・社会保険料控除のみで計算を行います。(社会保険料は18000円/月×12か月で216000円として計算。)社会保険料の正確な計算方法については、こちらの記事に詳しくまとめましたので合わせてご参照ください。
社会保険料を計算:パート主婦や学生アルバイトで月収12~15万の場合

課税所得=144万円(収入)-65万円(給与所得控除)-33万円(基礎控除)-216000円(社会保険料控除)
=244000円

課税所得:244000円

②調整控除額を計算する。
調整控除額は、①が200万以上か以下で計算方法が違います。今回は200万以下なので、次の計算方法で計算します。

以下のABのいずれか低い金額×5%=調整控除額

A:5万円+基礎控除以外の人的控除の差額の合計額

B:課税される金額 ※①の金額です。

Aがわかりずらいのですが、今回は基礎控除と社会保険料控除のみで、人的控除の差額は発生しないので、Aは5万円(5万円+0円)。
※給与所得控除は人的控除には該当しません。

Bは①の金額なので224000円。AとBを比べて低い方のA:5万円に5%をかけて調整控除額を計算します。

5万円×5%
=50000円×0.05
=2500円

調整控除額:2500円

③所得割を計算する
①(課税所得)に、所得割の税率10%(全国一律)をかけて、②(調整控除額)を引きます。

224000円×10%-2500円
=224000円×0.1-2500円
=22400円-2500円
=19900円

パート・アルバイト年収144万(月収12万)の場合、住民税:所得割は19900円。

【結論:パート・アルバイト年収144万(月収12万)の場合】

均等割:5000円
所得割:19900円 

年間で合計24900円の住民税がかかる


給料からいくら天引きされる?

最後に毎月の給料からいくら天引きされるのか?確認しておきましょう。

年間の住民税が24900円なので、これを12か月で割った約2075円が毎月の給与から天引きされます。(※特別徴収の場合)給料天引きでなく自分で市区町村に納付書で支払う場合(普通徴収といいます)は、24900円を年4回に分けて支払っていきます。

パート・アルバイト年収144万(月収12万)の場合、毎月の給与から約2075円天引きされる。

スポンサーリンク

月収15万円の場合、住民税はいくら?

住民税額は、月収ではなく年収ベースで計算されるので、今回は月収15万円×12ヶ月の年収180万円を想定し計算を行います。

※年収で130万円を超えているので、今回は勤務先の社会保険に加入している想定で計算を行います。

均等割

月収15万だとどの市区町村でも均等割の所得基準は超えているので、全員共通で均等割がかかります。

私の住んでいる千葉県木更津市では、均等割は一律5000円です。

パート収入が月収15万円(年収で180万円)の場合、住民税:均等割は5000円。
※千葉県木更津市の場合

所得割

続いて所得割を計算していきます。

【所得割の計算方法】

①自分の課税所得を計算する。
まずは収入から控除を引いて「課税所得」というものを計算します。
※ここでは全員共通の給与所得控除・基礎控除・社会保険料控除のみで計算を行います。(社会保険料は22000円/月×12か月で264000円として計算。)社会保険料の正確な計算方法については、こちらの記事に詳しくまとめましたので合わせてご参照ください。
社会保険料を計算:パート主婦や学生アルバイトで月収12~15万の場合

課税所得=180万円(収入)-72万円(給与所得控除)-33万円(基礎控除)-264000円(社会保険料控除)
=486000円

課税所得:486000円

②調整控除額を計算する。
調整控除額は、①が200万以上か以下で計算方法が違います。今回は200万以下なので、次の計算方法で計算します。

以下のABのいずれか低い金額×5%=調整控除額

A:5万円+基礎控除以外の人的控除の差額の合計額

B:課税される金額 ※①の金額です。

Aがわかりずらいのですが、今回は基礎控除と社会保険料控除のみで、人的控除の差額は発生しないので、Aは5万円(5万円+0円)。
※給与所得控除は人的控除には該当しません。

Bは①の金額なので486000円。AとBを比べて低い方のA:5万円に5%をかけて調整控除額を計算します。

5万円×5%
=50000円×0.05
=2500円

調整控除額:2500円

③所得割を計算する
①(課税所得)に、所得割の税率10%(全国一律)をかけて、②(調整控除額)を引きます。

486000円×10%-2500円
=48600円-2500円
=46100円

パート・アルバイト年収180万(月収15万)の場合、住民税:所得割は46100円。

【結論:パート・アルバイト年収180万(月収15万)の場合】

均等割:5000円
所得割:46100円 

年間で合計51100円の住民税がかかる


給料からいくら天引きされる?

最後に毎月の給料からいくら天引きされるのか?確認しておきましょう。

年間の住民税が51100円なので、これを12か月で割った約4258円が毎月の給与から天引きされます。(※特別徴収の場合)給料天引きでなく自分で市区町村に納付書で支払う場合(普通徴収といいます)は、51100円を年4回に分けて支払っていきます。

パート・アルバイト年収180万(月収15万)の場合、毎月の給与から約4258円天引きされる。


おわりに

お疲れ様でした、以上が月収10万、12万、15万の住民税計算例となります。

同じくパート・アルバイトで月収10~15万円の方の社会保険料と所得税の計算方法については、こちらの記事に詳しくまとめましたので興味のある方は参考にしてみて下さい。

社会保険料を計算:パート主婦や学生アルバイトで月収12~15万の場合
所得税を計算:パート主婦やフリーターで月収10~15万の場合

(パート主婦さんへのお役立ち記事)
扶養内パート主婦は社会保険に加入すべき?配偶者控除150万って何?

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る お金の気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ