楽天ふるさと納税で自己負担2000円→0円に!やり方を超丁寧に解説

楽天ふるさと納税

先日、友人の家に行き、ふるさと納税のお手伝いをしてきました。その友人は前からふるさと納税のことが気にはなっていたようですが、難しそう・面倒くさそう。という理由で、今までやったことがなかったんです。

そこで今回は、ふるさと納税のメリットをわかりやすく解説し、一番簡単でお得な「楽天ふるさと納税」のやり方をご紹介させていただきます。ふるさと納税の自己負担2000円が実質0円になるので、良かったら是非ご活用ください。

ふるさと納税のメリットと仕組み

ふるさと納税の一番大きなメリットは、やはり税金が安くなるところです。例えば先日一緒にふるさと納税をした友人の場合、年収約570万、住民税が年間約28万円だったのですが、ふるさと納税を行うことで住民税を60000円安くすることができました。

但し、「60000円が丸々お得になる」という訳ではありません。ふるさと納税することで、お礼の品物をもらえ、その分がお得になるわけです。ここがややこしいところなので、もう少し具体的に見てみましょう。

友人はふるさと納税60000円でお米(無洗米)を60キロ購入しました。1ヶ月5キロで12ヶ月間定期的に届けてくれる商品です。今までは毎月5キロで2000円の無洗米を購入していたので、年間で2000円×12ヶ月=24000円の出費です。これからはもう買わなくてすむので、その24000円分が実質お得になったわけです。

つまり、ふるさと納税を60000円分した代わりに、24000円分のお米をもらえた!わけです^^

※ふるさと納税の自己負担2000円は当記事でご紹介する方法を使えば、0円にできます。

【ふるさと納税のイメージ】
ふるさと納税 イメージ


ふるさと納税をする際の重要ポイントを2つ紹介!

お得で簡単にふるさと納税を行うのに、抑えておきたいポイントが2つあります。

    【ふるさと納税のポイント】

  • 限度額の把握
  • どのサイトでふるさと納税するのが一番お得で簡単か?

この2つを抑えることで最もお得で簡単にふるさと納税することができます。1つ1つみてみましょう。


限度額の把握

ふるさと納税には人それぞれ限度額があります。この限度額の計算がわかりにくいので、ふるさと納税をしていない。。。と言う方も多いのですが、実はそれほど神経質になる必要はありません。

限度額ぎりぎりではなく、余裕をもった金額でふるさと納税すればいいだけですから!

ちなみに私の友人は、限度額が69000円だったのですが、60000円ふるさと納税することにしました。それでも十分お得なんです。

限度額をシュミレーションする方法は簡単です。ここでは私が推奨する楽天ふるさと納税での限度額シュミレーションをご紹介させていただきます。正確に計算した場合との差額も記載しますので良かったら参考にしてみてください。

限度額をシュミレーション

■こちらをクリック。
↓ ↓ ↓
ふるさと納税の限度額をシュミレーション

■年収と家族構成を入力しましょう。
ふるさと納税 限度額シュミレーション

そうすると上記画像青枠内に「ふるさと納税」の限度額が表示されます。友人の場合、74675円です。

但し、これはあくまでも簡易的なシュミレーションです。私が限度額を正確に計算したら69000円が上限だったので、約5000円くらいの差が出ていました。

なので、自己負担2000円のみでふるさと納税をしたい場合は、限度額ぎりぎりではなく余裕も持った金額をお奨めいたします。繰り返しますが、それでも十分お得ですから!

【より正確な限度額を把握しておきたい方へ】

ふるさと納税のより正確な限度額を把握したい!という方は、源泉徴収票をご用意の上こちらの記事をあわせてご参照ください。どのシュミレーションサイトよりも正確な限度額が算出できます。

ふるさと納税の控除限度額(上限)を正確に計算する方法を超丁寧に解説

どのサイトでふるさと納税するのが一番お得で簡単か?

結論から言うと、楽天ふるさと納税が一番簡単で、ポイントがつく分だけ他のサイトよりも断然お得です。

ポイントを有効活用することで、ふるさと納税の自己負担2000円を実質0円にすることもできちゃいます^^

例えば、5万円のふるさと納税をするとしたら、4%で2000円分のポイントになりますが、楽天カードで決済するだけで4%のポイントをゲットできます。つまり自己負担2000円→0円に!

楽天カードは入会&初回利用でもれなく5000円分のポイントがもらえます。

もらったポイントは、ふるさと納税にも使えるので自己負担0円どころか利益がでちゃいます!楽天カードについては、こちらの記事に詳しくまとめましたので、良かったらご活用ください。

楽天カードはJCBがお勧め。年会費無料でポイント還元率5%!私の必須アイテム

また、ふるさと納税のやり方もとっても簡単で、普通に楽天で買い物するのと同じです。私の友人は、お米(無洗米)を購入したのですが、こんな感じです。

【ふるさと納税のやり方】

こちらをクリック。→楽天ふるさと納税

検索窓で欲しいものを検索。
楽天ふるさと納税

すると、商品が表示されるので、その中から商品を選びましょう。
楽天ふるさと納税

私の友人はこれを選びました。これで1年間お米を買わなくていい!と喜んでくれました^^
楽天ふるさと納税

商品が決まったら、商品をクリック。すると商品ページが表示されます。
楽天ふるさと納税

下に移動していくと「寄付を申し込む」ボタンが出てきます。と、その前に、次の注意点が出てきます。楽天でふるさと納税をする場合は、「注文者情報」にご注意ください。「納税者の名義」と「ふるさと納税する人の名義」が同じでない税金が控除されないので、気をつけてください!
楽天ふるさと納税

ご主人の名義で税金を払っている場合は、ご主人の楽天IDでふるさと納税しましょう!

注意点を確認したら、申し込みましょう。下に移動すると「寄付を申し込む」というボタンが出てきます。クリックする前に、次の4点を確認してください。

1.「理解した」を選択。
2.寄付金の用途を選択。
3.ワンストップ制度の申請書を「希望する」を選択。※重要
4.「理解した」を選択。

「寄付を申し込む」をクリック。
楽天ふるさと納税

これにて、ふるさと納税完了です!


お疲れ様でした^^年に1.2回このふるさと納税をするだけで、毎年ず~と節税できるので是非お試しください。

楽天ふるさと納税はこちらから→楽天ふるさと納税

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ