社会保険料:月の途中で退社⇒入社したときは「二重払い」になるの?

今回は、転職するときに気になる「月の途中で退社→入社したときの社会保険料(健康保険・厚生年金)はどうなるのか?」「二重で払う必要があるのか?」について、年金事務所に問い合わせて確認したことをまとめましので、良かったら参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

月の途中で退社→入社した場合、社会保険料はどうなるの?

社会保険料 月の途中で退社
社会保険料(健康保険・厚生年金)は、「月末に在籍している会社で保険料を納める」ことになっていますので、月の途中で退社→入社した場合は、その月の社会保険料(健康保険・厚生年金)は新しく入社した会社で納めることになります。

例えば、10月10日にA社を退社し、その後、10月20日にB社に入社した場合、10月分の社会保険料(健康保険・厚生年金)はB社で納めることになります。

ですが、10月分の給与明細を見ると、A社とB社の両方で社会保険料(健康保険・厚生年金)が引かれているということもあると思います。

この場合は次の①~②を確認してください。

①A社とB社の両方で引かれている場合は?
まず、A社で引かれた社会保険料(健康保険・厚生年金)は何月分になるのか?を確認してください。

一般的に、社会保険料(健康保険・厚生年金)は、前月分を翌月の給与から差し引く会社が多く、差し引かれている社会保険料(健康保険・厚生年金)は、前月分という場合があるからです。

なので、この場合は、A社でもB社でも社会保険料(健康保険・厚生年金)を納めることになります。

②10月分がA社とB社の両方で引かれている場合は?
この場合は二重で社会保険料(健康保険・厚生年金)を支払っていることになりますので、A社から10月分の社会保険料(健康保険・厚生年金)を返してもらうことができます。

手続きについては、本人が直接A社に連絡を入れ、返金手続きをするようにしてください。

このように、月の途中で転職した場合で、同じ月の社会保険料(健康保険・厚生年金)を二重で支払っている場合は、前に勤めていた会社に返金請求をすることができますが、二重で支払うことになる場合もあります!

次の項目で確認していきましょう。

スポンサーリンク

同月内に入社→退社した場合

社会保険料 二重払い
本来、社会保険料(健康保険・厚生年金)は、「月末に在籍している会社で保険料を納める」ことになりますが、例外もあります。それは、「同じ月に入社→退社をした場合」です。

同じ月に社会保険の資格を取得して喪失することを「同月得喪」と呼び、「同月得喪」の場合は、月の途中で退社しても、その月(1ヶ月分)の社会保険料(健康保険・厚生年金)を納めることになります。

例えば、10月1日にA社に入社し、10月15日にA社を退社した場合、同じ月に社会保険の資格を取得→喪失しているので、10月(1ヶ月分)の社会保険料(健康保険・厚生年金)を納める必要があります。

ここで、私が個人的に気になったのが、退社したあとの保険料です。先ほどの例の続きで見ていくと、A社を退社したあと月の途中で国保か再び社保に加入することになりますが、このとき保険料はどうなるのか?二重で払う必要があるのか?ということです。

気になったので、年金事務所に問い合わせて聞いてみました^^

<A社を退職したあと(同月内に)国保に加入する場合>

健康保険→国民健康保険 二重払いが必要
厚生年金→国民年金 二重払いが必要

<A社を退社したあと(同月内に)B社に入社した場合>

健康保険→健康保険 二重払いが必要
厚生年金→厚生年金 A社で納めた分は還付されます。※

※厚生年金は、月末に在籍しているB社で納めることになりますので、A社で引かれた厚生年金はA社に請求することで返してもらうことができます。

厚生年金は手続きをすれば戻ってくるのに対し、健康保険料は二重払いが必要。。。なんか腑に落ちないところもありますが、このように決まっているそうです^^;

終わりに

今回は月の途中で退社→入社したときの社会保険料(健康保険・厚生年金)についてまとめてみましたが、如何でしたか?

「同月得喪」の場合は、社会保険料は二重で支払うことになりますが、どうしても二重で支払いたくないという方は、退社日や次の会社の入社日を次月にするなど、会社の方と相談して調整するといいかもしれませんね。

こちらの記事では、会社を退職したときに必要な手続きを一覧にしてまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。
会社退職後の手続き必要なものリスト:ハローワーク・年金・保険など

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 社会保険(協会けんぽ)の気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ