退職金の確定申告:全必要書類の書き方と記入例を超丁寧に徹底解説!

この記事では、退職金を確定申告する際の書き方と記入例をご紹介させていただきます。必要な書類(第一表・第二表・第三表)すべての記入例を作成しましたので、よかったら是非ご活用下さい。また提出時に必要な添付書類についてもご紹介しておりますので合わせてご参照下さい。

※記入例は、下記の設定にて作成しております。

【記入例の設定】

去年60歳で定年退職し、退職金をもらった。退職後は年金を受給しながらパート勤務をしている。専業主婦の奥(55歳)さんが一人、子供は独立したので扶養親族はなし。

(収入)
給料:退職前130万
給料:退職後パート70万
公的年金:120万
退職金:2000万(勤続25年)

(控除)
配偶者控除:38万
社会保険料控除:50万
生命保険料控除:15万
地震保険料控除:5万

スポンサーリンク

事前に準備するもの

退職金 確定申告

まずは確定申告書の作成前に、事前に用意するものを確認しておきましょう。今回のサンプル記入例で使うのは以下の資料となります。ご自身の状況に合わせて必要書類をご準備下さい。

  • 確定申告書様式B
  • 申告書第三表
  • 退職前の会社の源泉徴収票
  • 退職所得の源泉徴収票
  • パート先の源泉徴収票
  • 公的年金の源泉徴収票
  • 生命保険料控除証明書
  • 地震保険料控除証明書
  • 地震保険料控除証明書
  • 国民健康保険の支払済み領収書

【確定申告書様式B・申告書第三表】
退職金の確定申告は、確定申告書様式Bと申告書第三表を使用します。こちらからダウンロード出来ますのでご利用下さい。
↓ ↓ ↓
確定申告書様式B
申告書第三表

【各種の源泉徴収票】
今回のサンプル記入例で使う源泉徴収票は次の4つです。※それぞれの状況により、必要な源泉徴収票の数は変わりますのでご注意下さい。

  • 退職前の会社から発行される給与所得の源泉徴収票
  • 退職前の会社から発行される退職所得の源泉徴収票
  • パート先から発行される給与所得の源泉徴収票
  • 公的年金等の源泉徴収票

【各種の控除証明書】
生命保険料控除・地震保険料控除は加入している保険会社から毎年10・11月頃に送られてきます。また、退職後に国民健康保険に加入した場合は、国民健康保険を支払った領収書もご準備下さい。

スポンサーリンク

確定申告書B 第二表記入例 

退職金 確定申告

これからご紹介する記入例を事前にプリントアウトしていただき、説明と合わせてご覧いただくとわかりやすいかと思います。
確定申告書 第一表記入例
確定申告書 第二表記入例
申告書 第三表記入例

第二表から記入していきますので、第二表をご用意下さい。

退職金 確定申告

赤① 住所・氏名・氏名フリガナを記入します。

赤② 各種源泉徴収票を参考に記入していきます。

所得の種類:給与所得は「給与」、公的年金は「雑(年金)」、退職金は「退職」と記入。
支払者の氏名・名称:支給先の会社名を記入します。年金については「厚生労働省」でOKです。
収入金額:源泉徴収票の「支払金額」を記入。
所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額:源泉徴収票の「源泉徴収税額」を記入。

赤③ 「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額」の合計金額を記入します。

赤④ 個人年金を受給されている方は、この欄に記入します。

【支払調書】
支払調書2

  • 所得の種類:「雑」と記入。
  • 種目・所得の生ずる場所:加入している保険会社の名前を記入。
  • 収入金額・必要経費等・差引金額:保険会社から送られてきた支払調書を参照し記入。

赤⑤ 16歳未満のお子さんがいる場合は、子供の氏名・マイナンバー・あなたとの続柄・生年月日を記入します。

赤⑥ 社会保険料控除額を記入します。社会保険料は支払った金額すべてが控除となるので、損をしないよう漏れなく記入しましょう。

【社会保険料の種類】
源泉徴収票のとおり:源泉徴収票の「社会保険料等の金額」欄に金額の記載があれば、合計し記入する。
国民健康保険・介護保険:国民健康保険・介護保険を支払った場合は、領収書で合計額を計算して記入する。
国民年金:国民年金を支払った場合は、日本年金機構から送られてくる社会保険料控除証明書を参考に記入する。
合計:支払った社会保険料の合計額を計算し記入する。

赤⑦ 各種控除証明書を参考に去年支払った生命保険料と地震保険料の金額を記入します。

赤⑧ 奥さんの氏名・生年月日・マイナンバーを記入し、配偶者控除・配偶者特別控除のどちらかにチェックを入れます。配偶者の所得により、配偶者控除・配偶者特別控除の選択が決まりますので、こちらの記事でご確認下さい。

赤⑨ 扶養控除に該当する方がいらっしゃる場合は、扶養親族の氏名・あなたとの続柄・生年月日・控除額・マイナンバーを記入します。扶養親族の控除額についてはこちらの記事を合わせてご参照願います。

赤⑩ 赤⑨の合計金額を記入します。

スポンサーリンク

確定申告書B 第一表記入例

続いて第一表を記入していきます。
退職金 確定申告

赤① 住所・氏名・氏名フリガナ・マイナンバー・性別・職業・世帯主の氏名・世帯主との続柄・生年月日・電話番号を記入します。引越した人で、去年の1月1日の住所と現住所が違う場合は旧住所も記入してください。

生年月日の1つ目の枠(記入例で「3」と記載している部分)は次のとおり記入してください。
明治→1
大正→2
昭和→3
平成→4

赤② 「分離」に○をつけます。

赤③ 第二表赤②の「給与の収入金額」の合計額を記入します。

赤④ 第二表赤②の「雑(年金)の収入金額」の合計額を記入します。

赤⑤ 続いて、給与の所得金額を算出し、記入します。こちらのサイトに赤③(給与収入)を記入すると簡単に給与所得を算出できますのでご利用下さい。→給与ねっとさん
退職金 確定申告

赤⑥ 続いて、雑所得を算出し、記入します。公的年金の雑所得算出方法についてはこちらの記事をご参照下さい。

赤⑦ 赤⑤赤⑥を足して所得の合計金額を記入します。他にも所得がある場合は、すべての合計金額を記入して下さい。

赤⑧ この欄には各種所得控除を記入していきます。 

【社会保険料控除】
第二表赤⑥の合計金額を記入。

【生命保険料控除】
こちらの記事参考に生命保険料控除額を算出し、記入して下さい。
生命保険料控除の書き方と計算方法。年末調整と確定申告記入例付き

【地震保険料控除】
こちらの記事参考に生命保険料控除額を算出し、記入して下さい。
地震保険料控除の書き方と計算方法。年末調整・確定申告の記入例付き

【配偶者(特別)控除】
配偶者(特別)控除に関しては、配偶者の所得により控除額が異なります。こちらの記事を参考に控除額を算出し、記入して下さい。
配偶者(特別)控除の計算方法と書き方。年末調整と確定申告書記入例

【基礎控除】
基礎控除は全員共通で38万円です。

【その他の所得控除】
(扶養控除)
扶養控除:学生の子供や親の控除額は?年末調整・確定申告記入例付き!
(医療費控除)
医療費控除:確定申告書の書き方と記入例(第一第二表・医療費の明細書)

赤⑨ 赤⑧で記入した所得控除の合計金額を記入します。

赤⑩ 第三表を提出するので、ここは記入しなくてOKです。

赤⑪⑫⑬⑭⑮ 第三表を作成後に記入するので、空けておいて下さい。

赤⑯ 第二表の赤③を書き写します。

赤⑰⑱ 第三表を作成後に記入するので、空けておいて下さい。

赤⑲ 配偶者の所得金額を記入します。奥さんが働いていない場合は「0」と記入。働いている場合は、奥さんの源泉徴収票の「支払金額」をこちらのサイトに入力し所得を算出しましょう。→給与ねっとさん
退職金 確定申告

赤⑳ 第二表赤②から雑(年金)と退職の「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額」の合計金額を記入します。

赤21 還付金の振込先口座を記入します。振込み時期についてはこちらの記事も合わせてご参照下さい。
確定申告の還付金はいつ・いくら返ってくる?金額も確認しておこう!


申告書第三表(分離課税用) 記入例

最後に申告書第三表(分離課税用)で退職所得の記入を行います。

退職金 確定申告

赤① 住所・氏名・氏名フリガナを記入します。

赤② 第二表赤②から「退職金の収入金額」を書き写して下さい。

赤③ 退職所得を算出し記入します。こちらのサイトで、簡単に退職所得を算出できます。→Ke!sanさん

勤続年数・退職年・退職金の金額などの必要事項を入力し、「計算」をクリックすると、「退職所得」が表示されます。
退職金 確定申告

赤④ 第一表赤⑦を書き写します。

赤⑤ 第一表赤⑨を書き写します。

赤⑥ 赤④から赤⑤を引いた金額を記入します。(赤④赤⑤)。※1000円未満は切り捨て

赤⑦ 赤③を書き写します。

赤⑧ 赤⑥に対する所得税を計算します。 下記税額表の計算式に当てはめ、税額を算出しましょう。
「平成27年以降所得税の税額表」
税額表

赤⑧サンプル計算例)

赤⑥は31万円なので、上記表の「195万円以下」に該当。

310000円×0.05(5%)-0円=15500円

赤⑨ 赤⑦に対する所得税を計算します。 同じように上記税額表の計算式に当てはめ、税額を算出しましょう。

赤⑨サンプル計算例)

赤⑦は425万円なので、上記表の「330万円超~695万円以下」に該当。

4250000円×0.2(20%)-427500円=422500円

赤⑩ 赤⑧赤⑨を足した金額を記入します。

赤⑪ 退職金について、支給先の会社名・収入金額・退職所得控除額を記入します。退職所得控除額は、先ほどご紹介したサイトKe!sanに記載されているのでそれを記入して下さい。
退職金 確定申告


確定申告書B 第一表記入例 パート2

先ほど空欄にしておいた第一表赤⑪⑫⑬⑭⑮⑰⑱を記入していきます。

退職金 確定申告

赤⑪⑫⑬ 第三表赤⑩を書き写します。

赤⑭ 復興特別所得税額を計算し記入します。赤⑬に2.1%をかけた金額が復興特別所得税額です。

(サンプル例)
438000円×0.021(2.1%)=9198円

赤⑮ 赤⑬赤⑭を足した金額を記入します。

赤⑰ 赤⑯から赤⑯を引いた金額を記入します。

赤⑱ 赤⑰のマイナスを取った金額を記入します。この金額が還付金額となります。

お疲れさまでした^^以上で確定申告書に記入は完了です!最後に添付書類を確認しておきましょう。


添付書類を確認!

以下の書類の中から、ご自身の申告に該当する書類を確定申告書と一緒に添付して提出しましょう。

  • 自分と家族のマイナンバー確認書類
  • 退職前の会社の源泉徴収票
  • 退職所得の源泉徴収票
  • パート先の源泉徴収票
  • 公的年金の源泉徴収票
  • 社会保険料控除証明書 ※国民年金等の支払をしている場合
  • 生命保険料控除証明書 ※生命保険等に加入している場合
  • 地震保険料控除証明書 ※地震保険等に加入している場合

マイナンバーの確認書類と各種添付書類の貼り方については、こちらの記事も合わせてご参照下さい。
2017年確定申告とマイナンバー記載例!添付書類は家族分も必要?
確定申告:添付書類台紙への貼り方を確認!A4など大きい紙の場合は?


それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 確定申告の気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ