原付バイク、引っ越しで住所が変わるときは?手続方法と必要書類を確認

原付バイク(125cc以下)を所有している人で、引っ越しなどで住所が変わった場合は、新しい市区町村の窓口で軽自動車税の申告&ナンバープレートを交換する手続きが必要です。

そこで今回は、原付バイク(125cc以下)の住所変更手続きについて、手続きの方法、必要書類などをまとめてみましたので、良かったら参考にしてみてください^^

※今回の記事は、引っ越し先が今までの市区町村と異なるケースを対象に書いています。(例えば、新宿区⇒品川区へ引っ越しする場合など)

スポンサーリンク

引っ越しをしたときの原付バイクの手続き

原付バイク 引っ越し
引っ越しをしたときの原付バイクの手続きは、引っ越し先の市区役所、町村役場等の窓口(主に税務課)で、軽自動車税の申告手続きを行い、新しい市区町村が交付するナンバープレートを受け取ります。

この原付バイクの申告手続きは、以下の①と②のケースで用意する書類等が異なります。

①前市区町村で廃車手続きが済んでいる場合

②前市区町村で廃車手続きをしていない場合
引っ越しのときに原付バイクを乗っていくという方もいると思います。その場合は、引っ越しする前に廃車手続きはせず、引っ越ししてから新しい市区町村で廃車⇒登録手続きをすることができます。

廃車手続きを済ませてから引っ越しをするという方は、こちらの記事で廃車手続きの方法を確認することができますので、良かったら参考にしてみてください。
原付バイクの名義変更ってどうやるの?廃車・登録手続き方法を確認

では、それぞれの必要書類等を確認していきましょう。

前市区町村で廃車手続きが済んでいる場合

引っ越し前に廃車手続きを済ませている場合は、以下の4点が必要です。

<手続きに必要なもの>

  • 軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(窓口に用意されています。)
  • 廃車証明書(廃車申告受付書と呼ぶ場合もあります。)
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 身分証明書(免許証など)

その他、引っ越し先の市区町村で住民登録が済んでいない場合は、住民票が必要です。

<手続きの流れ>

①「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」の記入
窓口で用意されていますが、市区町村によってはホームページからダウンロードできる場合もあります。

②廃車証明書(廃車申告受付書)の提出
前市区町村で廃車手続きをしたときに交付された廃車証明書(廃車申告受付書)を提出します。

③登録手続き
引っ越し先の市区町村で軽自動車税申告手続きと原付バイクの登録手続きをします。

④ナンバープレートの交付
引っ越し先の市区町村で交付される新しいナンバープレートを受け取って手続きは終了です。

前市区町村で廃車手続きをしていない場合

引っ越しするときに廃車手続きをしてこなかった場合は、以下の5点が必要です。

<手続きに必要なもの>

  • 軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(窓口に用意されています。)
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 身分証明書(免許証など)

その他、引っ越し先の市区町村で住民登録が済んでいない場合は、住民票が必要です。

「標識交付証明書を失くしてしまった!」という方は、こちらの記事で再発行の方法を確認することができますので、良かったら参考にしてみてください。
原付バイク標識交付証明書を紛失⇒再発行は即日10分!手続方法を確認

<手続きの流れ>

①「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」の記入
窓口で用意されていますが、市区町村によってはホームページからダウンロードできる場合もあります。

②ナンバープレートの返納
前市区町村のナンバープレートを返納し、上記の必要書類を提出します。

③廃車手続き
前市区町村で登録されている情報を解除します。

④登録手続き
引っ越し先の市区町村で軽自動車税申告手続きと原付バイクの登録手続きをします。

⑤ナンバープレートの交付
引っ越し先の市区町村で交付される新しいナンバープレートを受け取って手続きは終了です。

スポンサーリンク

ナンバープレートの手数料と発行までの期間を確認

原付バイク 税申告

手数料

手数料は無料です。但し、ナンバープレートを返納できない場合は弁償代として100円~300円程度の支払いが必要になる場合があります。

弁償代については、各市区町村ごとで異なりますので、ナンバープレートを返納できない場合は事前に確認するようにしてください。

ナンバープレートが発行されるまでの期間

手続き完了後、即日発行されます。

手続きはいつまでに?期限はある?

本日、私が住んでいる市区町村に確認したところ、「いつまでに」という決まりはないそうです。ただ、原付バイクの課税は毎年4月1日時点で登録してある市区町村から納税の通知が届くため、その前までには手続きをして欲しいとのことでした。

終わりに

今回は、引っ越しのときに行う原付バイクの手続きについてまとめてみましたが、私の住んでいる市区町村では、前市区町村のナンバープレートの付いた原付バイクの「廃車手続きだけ」というのは受付けていないということでした。

もし、引っ越し後に乗る予定のない場合は、引っ越しをする前に廃車手続きを済ませておきましょう。(廃車手続きをしないと毎年課税され続けますので、注意してくださいね^^;)

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ