退職後の任意継続保険料はいくら?計算方法を確認!年金はどうなる?

図解3

この記事では、退職後の任意継続保険料の計算・確認方法をご紹介させていただきます。わかりやすいように具体例を使って解説していますので、退職後の健康保険選びにご活用いただけると幸いです。また、退職後に健康保険と年金で月々いくら支払わなくてはいけないのか?具体的な金額の目安もまとめましたので良かったら参考にしてみてください。

雇用保険被保険者証を紛失→ハローワークで即日5分で再発行してくれた話

雇用保険被保険者証

この記事では、転職時に必要になることが多い雇用保険被保険者証を紛失してしまった!という方を対象に、即日再発行してもらった私の体験談を書かせていただきます。急ぎで雇用保険被保険者証が必要。という方は良かったら参考にしてみてください。

退職時と退職後の住民税はいくら?普通徴収と一括徴収の違いも確認!

退職 住民税

住民税は前年の所得にかかる税金(後払いの税金)なので、退職後に大きな負担になります。この記事では、「退職時に給与から引かれる住民税」と「退職後に支払う住民税」の2つについて詳しくご紹介させていただきます。また、普通徴収と一括徴収の違いについてもまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

確定申告時期に引越して住所変更する時の注意点!提出する税務署は?

確定申告 住所変更

この記事では、確定申告シーズンに引越して住所変更する際の注意点と必要な手続きについてまとめました。「国税庁の電話相談センター」に電話確認した内容ですので良かったら是非ご活用ください。

確定申告:配偶者や扶養親族の所得の計算方法!収入とは違うので注意

所得 計算方法

確定申告書には、配偶者や扶養親族の「所得」を記入する箇所があるので、配偶者控除や扶養控除を申請するには、奥さんや子供、両親の「所得」を正確に把握しなくてはいけません。(※「収入」と「所得」は違うのでご注意ください。詳しくは後述。)そこで今回は、妻や子供、両親の「所得」を正確に確認・計算する方法をご紹介させていただきますので、よかったらご活用ください。

セルフメディケーション税制で医療費控除を確定申告!書き方と記入例

明細書2

この記事では、年末調整を受けた給与所得者(会社員、公務員、パート、アルバイトなど)の方を対象に、2017年1月から始まった新制度:セフルメディケーション税制を確定申告で申請する場合の書き方と記入例をご紹介させていただきます。セルフメディケーション税制の明細書、確定申告書第一表・第二表すべての記入例を掲載しておりますので、有効にご活用いただけると幸いです。

セルフメディケーション税制:条件や対象市販薬を確認!予防接種は?

セルフメディケーション税制

2017年1月から始まったセルフメディケーション税制ですが、私自身いまいち活用方法がわからなかったので、今回いろいろと調べてみました。適用条件、対象になっている具体的な市販薬、税金がどのくらい安くなるかの試算など、セルフメディケーション税制を活用する上でのポイントについてまとめましたので、良かったら参考にしてみてください。

開業費・創立費:開業前にかかった費用の経理処理を私の実例付で紹介

開業費 創立費

個人事業や会社を始める際、開業前の準備期間中にも、お金はいろいろとかかります。この開業前にかかった費用のことを「創立費」や「開業費」と呼ぶのですが、今日はこの開業前に使ったお金の経理処理について、私の実例をご紹介させていただきます。具体的に仕訳も公開しているので、良かったら参考にしてみてください。

電子申告:e-Taxの使い方(初期設定~活用方法)をわかりやすく解説!

e-tax 使い方まとめ

このページでは、「e-Tax(電子申告)の使い方」をご紹介させていただきます。電子申告に必要なもの・事前準備(パソコンの設定や電子証明書の登録方法など)・e-Taxの具体的な活用例などを順を追って解説させていただきます。私が実際に行った操作画像を使い、「出来る限りわかりやすく!」を心がけ作成しましたので、良かったら是非ご活用ください。

年末調整後の法定調書合計表をe-taxで税務署に電子申告してみた話。

法定調書合計表 電子申告 e-tax

今回はe-Taxの活用例第一弾として「法定調書合計表」をe-Taxから電子申告してみました。e-Taxソフトを使った「法定調書合計表の作成→電子署名→送信までの流れ」を、画像つきでまとめましたので良かったら参考にしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ