この記事では、「令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」書き方を記入例を交えご紹介いたします。

令和2年から大きな税制改正(基礎控除額の引き上げ、給与所得控除額の引き下げなど)が行われます。ただ、確かにわりと大きな改正ではありますが、年末調整書類を書くにあたっては、それほど大きな影響はありません。当記事では今回の改正を踏まえ、年収別にて書き方・記入例を解説しておりますので、目次からあなたの該当する年収欄をご確認いただき是非ご活用ください。自分の年収によって、配偶者を記載するか、しないかが決まるので、必ず自分の年収に該当する項目を読んでください!

※年収とは額面金額での年収です。手取り金額ではないのでご注意ください。

※この「令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、あくまで来年(令和2年)使うものなので、あなたや妻の年収や所得の見積額はあくまで予測でOKです。予測がずれても来年の年末調整で修正できますので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

年収1095万円(所得900万円)以内の方

給与年収1095万円(所得900万円)以内の方は、妻(配偶者)の収入により、この用紙に妻の情報を記載するか、記載しないかが決まります。

妻(配偶者)の給与収入が

  • 年間150万円(所得だと95万円)以内 ⇒ 妻の情報を記載する。
  • 年間150万円(所得だと95万円)超  ⇒ 妻の情報は記載しない。
  • 独身の方  ⇒ 妻の情報は記載しない。

※令和2年の税制改正で変わるのは、(所得だと95万円)の部分です。令和元年分まではここが85万円でしたが、給与所得控除額が10万円引き下げられたことにより、95万円になりました。年間収入だと変わらず150万円なので年間収入で考えればわかりやすいかと思います。

妻(配偶者)の収入が年間150万円(所得だと95万円)以内の書き方・記入例

自分の情報を赤枠内、妻の情報をピンク枠内、16歳以上の扶養親族(子供や親など)を青枠内、16歳未満の子供を緑枠内に記入します。

※扶養親族がいない場合は、自分の情報(赤枠内)と妻の情報(ピンク枠内)だけでOKです。

【令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 記入例】
令和2年 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書  ケース1

妻や扶養親族の「所得の見積額」

妻や扶養親族の「所得の見積額」は、令和2年から基礎控除額引き上げなどの税制改正のため、今年(令和元年分)と来年分(令和2年分)とは若干計算方法が違います!

こちらの記事で、「令和元年分」、「令和2年分」それぞれの「所得の見積額」の計算方法をご紹介していますので、合わせてご参照ください。

(妻や扶養親族が給与をもらっている場合)
年末調整:配偶者や扶養親族の「所得の見積額」の計算方法と書き方

(妻や扶養親族が年金をもらっている場合)
年末調整:親や配偶者が年金を受給している場合の所得の見積額を計算

また、去年の年末調整から配偶者控除・配偶者特別控除を受ける方は、「配偶者控除等申告書」の提出が必須になりました。こちらの記事で「令和元年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」の書き方・記入例をまとめましたので合わせてご参照ください。

「令和元年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」の書き方と記入例

妻(配偶者)の収入が年間150万円(所得だと95万円)超の書き方・記入例

妻(配偶者)の収入が年間150万円(所得だと95万円)を超えている場合は、この用紙に妻(配偶者)の情報は書きません。

自分の情報を赤枠内、16歳以上の扶養親族(子供や親など)を青枠内、16歳未満の子供を緑枠内に記入します。

※扶養親族がいない方は、自分の情報を赤枠内に記入するだけでOKです。

【令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 記入例】
令和2年 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書  ケース2

妻や扶養親族の「所得の見積額」

妻や扶養親族の「所得の見積額」は、令和2年から基礎控除額引き上げなどの税制改正のため、今年(令和元年分)と来年分(令和2年分)とは若干計算方法が違います!

こちらの記事で、「令和元年分」、「令和2年分」それぞれの「所得の見積額」の計算方法をご紹介していますので、合わせてご参照ください。

(妻や扶養親族が給与をもらっている場合)
年末調整:配偶者や扶養親族の「所得の見積額」の計算方法と書き方

(妻や扶養親族が年金をもらっている場合)
年末調整:親や配偶者が年金を受給している場合の所得の見積額を計算

また、妻(配偶者)の収入が年間150万円を超えていても、年間201万円以内であれば「配偶者特別控除」を受けることが出来ます。こちらの記事に年末調整での申請方法をまとめましたので合わせてご参照ください。

「令和元年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」の書き方と記入例

独身の方の書き方・記入例

独身の方は、自分の情報を赤枠内、16歳以上の扶養親族(子供や親など)を青枠内、16歳未満の子供を緑枠内に記入します。

扶養親族がいない方は、自分の情報を赤枠内に記入するだけでOKです。

【令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 記入例】
令和2年 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書  ケース3

スポンサーリンク

年収1095万円(所得900万円)超えの方

※既婚者も独身者も書き方は同じです。

年収が1095万円(所得900万円)を超えている方は、この用紙には妻の情報は記載しません。

自分の情報を赤枠内、16歳以上の扶養親族(子供や親など)を青枠内、16歳未満の子供を緑枠内に記入します。

※扶養親族がいない方は、自分の情報を赤枠内に記入するだけでOKです。

【令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 記入例】
令和2年 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書  ケース2

妻や扶養親族の「所得の見積額」

妻や扶養親族の「所得の見積額」は、令和2年から基礎控除額引き上げなどの税制改正のため、今年(令和元年分)と来年分(令和2年分)とは若干計算方法が違います!

こちらの記事で、「令和元年分」、「令和2年分」それぞれの「所得の見積額」の計算方法をご紹介していますので、合わせてご参照ください。

(妻や扶養親族が給与をもらっている場合)
年末調整:配偶者や扶養親族の「所得の見積額」の計算方法と書き方

(妻や扶養親族が年金をもらっている場合)
年末調整:親や配偶者が年金を受給している場合の所得の見積額を計算

また、今年のあなたの年収が1220万円以内で、妻(配偶者)の収入が年間201万円以内であれば「配偶者(特別)控除」を受けることが出来ます。こちらの記事に年末調整での申請方法をまとめましたので合わせてご参照ください。

「令和元年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」の書き方と記入例

※今年のあなたの年収が1220万円を超えている場合は、「配偶者(特別)控除」は受けることが出来ないのでご注意ください。

おわりに

お疲れ様でした。以上が、「令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方と記入例となります。

年末調整の書き方でお困りの方は、ケース別に年末調整記入例をまとめた、こちらの記事も是非参考にしてみてください。

【参考記事】
2019(令和元年)年末調整書類の書き方・記入例ケース別まとめ!

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク