高額療養費制度の申請でいくら戻るか計算してみた!入院中の食費は?

私の家では父(現在67歳)が数年前から膀胱がんを患っていることもあり、度々高額療養費制度の申請をしています。とても有難い制度なのですが、入院時の食費や雑費など、高額療養制度の対象にならない項目もあるので、注意が必要です。

そこでこの記事では、「実際に父が入院したときの領収書」を元に、対象になる項目・ならない項目を確認してみました。また、「高額療養費制度を申請することで、いくら戻るのか?」計算も行っていますので、良かったら参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク

高額療養費制度とは?

高額療養費制度

高額療養費制度とは「入院や手術などで医療費の支払いが、月間で一定額(自己負担限度額)を超えた場合、超えた分を支給してくれる」とても有難い制度です。

自己負担限度額は世帯の所得によって、次の表のとおり5区分に分かれています。
※健保:会社の社会保険に加入されている方。国保:国民健康保険に加入されている方。標報:社会保険の標準報酬月額。

自己負担額
厚生労働省ホームページより引用

つまり、1ヶ月間で上記の自己負担限度額を超えた医療費については、国が負担してくれる。というわけです。ちなみにうちの場合は、上から3番目に該当するので、月間の医療費上限が80100円+αで約9万円以内って感じです。

ただ、入院時の食事代など、高額療養費に該当しない項目もあります。この点ややこしいので、「先日父が約3週間入院したときの領収書」を元に確認してみたいと思います。

入院時の食費などはどうなるの?高額療養費の対象を確認!

以下は、2016年9月5日~24日まで父が入院したときの領収書です。

医療費明細
※画像をクリックすると大きくなります。

紫枠:病院の窓口で支払った金額:208378円。
黒枠:総医療費。点数表示になっていますが、10をかけた634830円が総医療費です。
赤枠:医療費の保険自己負担分(3割):190450円
緑枠:食事などの自己負担分:合計17928円

高額療養費の対象となるのは、赤枠:医療費の保険自己負担分(3割)だけで、緑枠:食事などの自己負担分は該当しません!

それでは「高額療養費制度を申請することで、いくら戻ってくるのか?」実際に計算してみましょう!

スポンサーリンク

いくら戻ってくるのか?計算してみよう!

高額療養費 計算

【ステップ①自分の月間医療費上限額を確認する。】

うちの場合は、上記の所得区分で上から3つ目に該当するので、「80100円+(医療費-267000円)×1%」です。※医療費は自己負担分だけなく総医療費ですのでご注意ください。

80100円+(634830円-267000円)× 1% 
= 83778円=月間医療費上限額


【ステップ②戻ってくる金額を計算する。】

医療費の保険自己負担分-月間医療費上限額

190450円-83778円
= 106672円


高額療養費制度を申請することで、今回は106672円戻ってくることがわかりました。

その他の注意事項

最後にその他の注意事項を確認しておきましょう。

戻ってくるのはいつ?

高額療養費は、病院での窓口清算から、約3ヵ月後に支給されます。

入院時の宿泊代は?

入院時、大部屋(6人部屋)の場合、ほとんどの病院で宿泊代はかかりません。ただ個室(1人部屋)の場合は、差額ベット代がかかります。この差額ベット代については、高額療養費制度の対象外となるため、全額自己負担となります。

遡っての申請は出来るの?

2年間は遡って申請することができますが、2年を超えてしまうと権利がなくなってしまうのでご注意ください。

終わりに

我が家の領収書明細をみると、高額療養費の対象外となるのは、(大部屋であれば)食事自己負担分くらいです。食事代は自宅にいてもかかりますから、これは仕方ないですよね。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ