SBI証券のNISA口座開設②:申請書・住民票(委任状)を送付!

前に書かせていただいたSBI証券でNISA口座を開設してみた!開設までの流れや期間は?の続編です。SBI証券に総合口座を開設したあと、NISA口座開設用の書類がSBI証券から送られてきました^^

あとはNISA申請書・住民票(委任状)を郵送して手続き完了!となるわけですが、せっかくなのでSBI証券から送られてきたNISA申告書住民票取得代行サービスの委任状などの書類を、画像つきでご紹介させていただきます。

「自分で住民票を取り寄せる。」という方は、郵送での取り寄せが便利です。良かったらこちらの記事も参考にしてみてください。
↓ ↓ 
NISA口座の開設に使う住民票の除票を、役所に郵送請求してみた話

スポンサーリンク

SBI証券NISA口座開設:申請書と住民票(委任状)の送付!

今回、僕がSBI証券に返送したのは次の3つの書類です。

  • NISA申請書
  • 住民票(の除票)の写し
  • 本人確認書類のコピー

僕の場合、平成25年1月1日以降に引越しをしていたので、「住民票の除票の写し」、現住所を確認できる「本人確認書類のコピー」も必要でした。また、今回はなるべく早く口座開設したかったので「住民票取得代行サービス」は使わず、「住民票の除票の写し」を自分で取り寄せました。
※「引越ししていない」という方は、NISA申請書と住民票(委任状)だけでOKです。

NISA申告書

NISA申告書は次のようなもので、赤丸内に自分の名前を書くだけでOKです。その他の情報は全て記載されたものが送られてきますので。※画像をクリックすると大きくなります。

nisa申請書

スポンサーリンク

住民票(の除票)の写し、または委任状

今回僕自身は使いませんでしたが、SBI証券から送られたきた「住民票取得代行サービス委任状」はこんな感じです。

SBI証券 住民票取得代行サービス委任状
※画像をクリックすると大きくなります。

(記入内容)

  • 日付
  • 現住所
  • 平成25年1月1日時点での住所(引越ししている場合)
  • 生年月日
  • 署名・捺印

本人確認書類のコピー

これは、平成25年1月1日以降に引越しされた方だけに必要で、引越ししていない人は必要ありません。認められる本人確認書類は次のとおりです。※画像をクリックすると大きくなります。

本人確認書類

ちなみに僕は運転免許証の住所変更をしていなかったので、健康保険証のコピーを送りました。現住所が確認できればOKのようです。

(注意点)

総合口座開設時に、本人確認書類をwebアップロード・メールしている場合でも、再度郵送が必要になるのでご注意ください!


終わりに

上記の書類を、SBI証券が送ってくれた返信用封筒に入れて返信すれば、NISA口座の開設手続きは完了です。後は口座の開設待ちですね!

返信用封筒

これから口座開設までの時間を使って、NISA口座で運用する投資信託銘柄を決めていきたいと思います。ドキドキですが楽しみです^^

それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ