気になるノート

会社や日常生活で必要な行政手続き・税金・社会保険などをわかりやすく解説します。

「奨学金」の記事一覧

奨学金 滞納

奨学金返済を滞納中の人必見!猶予申請で延滞金、ブラックリスト対策

この記事では、奨学金滞納に対する唯一の対応策である「滞納・延滞中における返済猶予申請」について、調べたことをまとめてみました。今滞納中の奨学金は、後からでも猶予申請出来るのか?どこまで遡って猶予してくれるのか?返済猶予してもらえた場合、延滞金はどうなるのか?ブラックリストへの登録は回避できるのか?など、気になっている方は良かったら参考にしてみてください。
奨学金 繰り上げ返済

奨学金の繰り上げ返済で利子・利息がいくら減るかシュミレーション!

今回は、奨学金を繰り上げ返済した場合、どのくらい利子・利息が安くなるのか?シュミレーションをおこなってみました。①入社3年目のボーナスで24回分②入社10年目のボーナスで24回分、という2パターンでシュミレーションをしてみますので、ご検討中の方は良かったら参考にしてみてください。
出休・育休

産休育休が理由での奨学金返還猶予!審査基準や必要書類、期間を確認!

この記事では、産休・育休による奨学金返還猶予について「収入審査基準」や「必要書類」、「猶予期間」など、気になった点を日本学生支援機構(JASSO)に電話し確認したことをまとめました。産休・育休中に奨学金の返還猶予を考えている方はよかったら参考にしてみてください^^
滞納

奨学金を滞納したらどうなる?延滞金の利率や差し押さえの可能性は?

この記事では、奨学金滞納について「うっかり返済が遅れてしまった場合の対処法」から「延滞金の利率」、「本人・連帯保証人への督促」、「個人信用情報機関への登録(通称:ブラックリスト)」、「差し押さえの可能性」など、最新の奨学金滞納事情についてまとめてみました。

奨学金:経済困難が理由での返還期限猶予。審査基準と必要書類は?

基本的な「審査における収入(所得)基準」はもちろんありますが、〝今年に入ってから収入が減った場合〟〝就職後間もない場合〟〝扶養家族がいる場合〟など去年の収入(所得が)が基準を超えてしまっている場合でも申請可能なケースもありますので、該当する方は良かったら参考にしてみて下さい。
奨学金

奨学金:繰り上げ返済&返還猶予で利子利息を10万以上減らす方法!

この記事では、「返還期限猶予」と「繰り上げ返済」を組み合わせることによって、利子・利息を10万円以上減らす方法をご紹介させていただきます。悪いことをするわけではなく、正しい正攻法ですので是非ご活用いただけると幸いです^^