失業が理由での奨学金の返還猶予。条件・審査基準・必要書類を確認!

失業してしまった場合いろいろな手続きが必要になりますが、奨学金を返済されている方は、一定期間返済をストップできる返還期限猶予」の申請もしておいたほうがいいでしょう。落ち着いて仕事探しをするためにも、毎月大きな出費になる奨学金の返済は、返還期限猶予の申請がお勧めです。

この記事では「失業」が理由でのJASSO奨学金:返還猶予申請について、「申請条件や期間」・「審査基準」・「必要書類」などなど、気になる点についてまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

まずはじめに、申請条件・期間を確認!

申請条件

下記の条件に両方とも当てはまっている方が対象です。

■ 失業後6ヶ月以内で、再就職できていない方
■ 失業前からの延滞がない方

※7ヶ月以上前に失業されている場合も猶予申請はできますが、申請する事由が「失業中」ではなく「経済困難」あるいは「新卒等」での猶予申請になります。申請事由が変わると必要書類が異なりますのでご注意を。詳しくはこちらを参照ください。→JASSOホームページ:7ヶ月以上前の失業

申請期間

■ 離職月とその翌月から6ヶ月間 

【失業予定の場合】
会社を辞めることが決まっていてる場合は、離職月の前月まで奨学金返済を行い、その後「返還期限猶予」申請を行ってください。離職月からが猶予の対象月となります。

例)2016年8月31日退職予定の場合 

7/27(離職月の前月分)奨学金返済。8月からが猶予対象月になる。

猶予期間

■ 1年間 


審査における「収入(所得)基準」と「必要書類」

収入(所得)基準

■ なし

申請事由を「失業中」で申請する場合、収入審査はありません!

必要書類

1.猶予願&チェックシート
こちらからダウンロードして使ってください。
↓ ↓ ↓ 
■ 猶予願&チェックシート
■ 猶予願&チェックシート(記入例)

2.以下証明書(1)(2)(3)(4)のどれか1つ。

(1)雇用保険受給資格者証(求職活動記録面含む)のコピー
(2)雇用保険被保険者離職票のコピー
(3)失業者退職手当受給資格証のコピー
(4)雇用保険被保険者資格喪失確認通知書のコピー(喪失理由が離職で、離職年月日が確認できる場合に限る)
JASSOホームページより引用 

まとめ

失業を理由に奨学金の「返還猶予申請」を行う場合、収入審査もないため、以下2点を提出するだけで、それほど手間はかかりません。

  • 猶予願&チェックシート
  • 証明書1点

無理に返済を続けて延滞・滞納をしてしまうと、結局自分が損をしてしまうので、早めの猶予申請を個人的にはお勧めします。失業中は仕事探しに集中して、また働き出したらしっかりと返済していけばいいわけですから!

失業時に免除してもらえる可能性があるものを、こちらの記事にまとめてみました。良かったら是非参考にしてみて下さい。
↓ ↓ ↓
失業保険と同時に年金・住民税・健康保険・奨学金の免除申請しよう!

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ