ふるさと納税の控除限度額(上限)を正確に計算する方法を超丁寧に解説

ふるさと納税 限度額 計算

この記事では、ふるさと納税を行なう際一番気になる、控除限度額(上限)を正確に計算する方法を解説させていただきます。つまり、いくらまでふるさと納税するのが一番お得なのか?って計算です。

yahoo知恵袋などで、「大手ふるさと納税サイトや、総務省サイトのシュミレーションで、控除限度額(上限)に大きな差が出てしまう!」、「市区町村役所の市税課であまり詳しく教えてもらえなかった!」という書き込みが多数あったので、正確な計算方法を出来る限りわかりやすくまとめてみました。

下記サンプルケースで計算を行ないますので、ご自身に当てはめて一緒に計算してみて下さい^^

【ふるさと納税の控除限度額(上限)計算サンプル】

31歳の男性会社員。共働きの奥さんと1歳の子供の3人家族。

■収入:会社の給料のみ
■年収:5646363円 
■社会保険料控除:684384円
■生命保険:274531円
■介護保険:9275円
■配偶者控除:なし(共働きのため)

スポンサーリンク

事前に準備するもの

【準備するもの】
・源泉徴収票、または確定申告書の控え

会社員の方で、確定申告していない方は源泉徴収票のみでOKです。確定申告をした方は、確定申告書の控えをご用意下さい。

(源泉徴収表サンプル)
源泉徴収表


いざ計算!手順① 住民税の所得割額を自動計算サイトを使って算出する

こちらのサイトさんで、簡単に正確な住民税の所得割額を算出できます。
住民税額をシュミレーション

以下、上記サイトの画像を用いてご説明させていただきます。

【基本情報の入力】
生年月日、お住まいの都道府県、16歳未満の扶養家族の人数を入力します。
ふるさと納税 限度額 計算

【収入・所得の入力】
続いて収入・所得を入力します。サラリーマン・OLの方で、お勤めの会社の給与のみの場合は、「給与収入」欄に上記源泉徴収票青①を入力して下さい。
住民税 計算

【所得控除の入力】
続いて、源泉徴収票を参考に所得控除を入力します。
住民税 計算
住民税 計算

生命保険料控除欄・地震保険料控除欄について

この2つについては、控除額ではなく支払った金額を入力します。(源泉徴収票を参照)

源泉徴収

住民税 計算

【税額控除を入力し「計算する」をクリック】
住民税 計算

すると、「住民税額の詳細」の中に、下記画像の青枠内に所得割額が表示されます。
住民税 計算

住民税の所得割額は289700円。

スポンサーリンク

手順② 住民税の所得割額に0.2をかける

手順①で住民税の所得割額がわかったので、その金額に0.2をかけます。

289700円×0.2=57940円 

※0.2をかける意味は、ふるさと納税の住民税特例控除の上限が、住民税所得割額の20%と決められているからです。


手順③ 自分の所得税率が何%なのかを調べる

源泉徴収表の青②から青③を引いた金額(課税所得という)を算出します。

3975200円-1113659円=2861541円(課税所得)

算出した金額を次の表に照らし合わせて、自分の所得税率を調べます。

課税所得 所得税率
195万以下 5%
195万超~330万以下 10%
330万超~695万以下 20%
695万超~900万以下 23%
900万超~1800万以下 33%
1800万超~4000万以下 40%
4000万超 45%

今回の例では、286万なので上から2番目に該当します。

所得税率は10%


手順④ ふるさと納税の控除限度額(上限)を計算する

次の計算式に、手順②の金額と、手順③所得税率を当てはめて、ふるさと納税の控除限度額を計算します。

【計算式】
ふるさと納税の控除限度額(上限)
=手順②の金額÷(90%-所得税率)+2000円

=57940円÷(90%-10%)+2000円
=57940円÷80%+2000円
=57940円÷0.8+2000円
=72425円+2000円
=74425円

74425円までふるさと納税するのが一番お得!


おわりに

お疲れ様でした、以上がふるさと納税の控除限度額(上限)の正確な計算方法となります^^

最後に注意点を1つ。

当ページでご紹介した計算方法は、他サイトのシュミレーションより正確な金額を算出できますが、ふるさと納税という制度上の性質から、「今年のふるさと納税の控除限度額(上限)」は、「去年の収入・所得など」から予測計算するという方法をとっています。

今年の本当の限度額は、来年の住民税額が確定してはじめて決まりますので、去年と今年で収入・控除額が大幅に違ってくるという方は、控除限度額ギリギリではなく、控除限度額からある程度余裕をもった金額で、ふるさと納税を行なうことをおススメいたします。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ