マイナンバー個人番号カード:引っ越しのときの住所変更手続きを確認

今回の記事は、マイナンバー個人番号カードの住所変更についてまとめています。

これから引っ越しの予定がある方、引っ越しは済んだけど、まだ住所変更をしていなかったという方、個人番号カードの住所変更手続きの流れ等を確認することができますので、良かったら参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

住所が変わるときマイナンバー個人番号カードの住所変更も必要?

マイナンバー個人番号カードには、↓のように個人番号の他に「氏名」や「住所」も記載されているため、引っ越しで住所が変更になる場合は、住所変更の手続きが必要です。
個人番号カード
参考資料:総務省ホームページ

その他、婚姻などで苗字が変わる場合など、通知カード、個人番号カードの記載内容に変更があったときは、14日以内に市町村に届け出てカードの記載内容を変更してもらう必要があります。

通知カードの住所変更や婚姻で苗字が変更になる場合の手続きについては、こちらの記事で解説していますので、良かったら参考にしてみてください。
通知カード、個人番号カード、引越しや婚姻で住所氏名を変更する場合は?

マイナンバー個人番号カードの住所変更手続きの流れ

マイナンバー個人番号カード 引っ越し
引っ越しの手続きをするときにマイナンバー個人番号カードの住所変更も一緒に行うことができます。手続きの流れは以下の①~②となります。

①今住んでいる(引っ越し前の)市区町村に転出届を提出
今住んでいる(引っ越し前の)市区町村で転出届個人番号カードを一緒に提示すると、窓口の方で転出データが記録されるようになっているので、今まであった転出証明書は発行されません

②新しい(引っ越し先の)市区町村に転入届を提出
新しい(引っ越し先の)市区町村に転入届個人番号カードを提出するだけで、個人番号カードの裏面に新住所が記載されることになっています。

(転出届・転入届の書類は各市区町村の窓口に用意されています。)

※転入届を日曜に提出する場合、休日は個人番号カードの受付ができない市区町村がありますので、事前に確認するようにしてください。

家族が持っているカードの種類がバラバラのときは?

家族それぞれが持っているカードの種類(通知カード・個人番号カード)がバラバラのときは、どうすればいいのか?私が住んでいる役所で確認してみました^^

例えば、夫・妻・子の3人家族で、「夫→個人番号カード」「妻→通知カード」「子→通知カード」の場合、夫が個人番号カードで転出届を提出すると、転入先で夫の個人番号カードと妻&子の通知カードに新しい住所を記載してもらえるそうです。

そのとき、妻と子は窓口に行く必要はありません。同世帯の家族であれば、委任状等も不要とのことでしたが、市区町村によっては、妻と子の身分証明書コピーが必要になる場合もあるそうなので、引っ越し先の市区町村で確認するようにしてください。

終わりに

今回は、マイナンバー個人番号カードの住所変更手続きについてまとめてみましたが、如何でしたか?

マイナンバー個人番号カードの住所変更は、引っ越しの手続き(住民票の異動)後でも14日以内であれば手続きは可能です。

14日を過ぎるとどうなるのか?窓口に問い合わせて聞いてみましたが、悪質でなければ罰則等はないそうです。ただ、他の手続きに支障が出る恐れもあるので、できるだけ早めに手続きをして欲しいとのことでした^^

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る マイナンバーの気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ