【マイナンバーカード】個人番号カード紛失、手続き再発行までの流れ

今回はマイナンバーカード(個人番号カード)の紛失、盗難に遭った場合の手続き⇒再発行の方法を市区町村に問い合わせて確認してまとめてみました。よかったら、参考にしてみてください^^

マイナンバー通知カードを紛失した場合はこちらの記事を参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
マイナンバー通知カードが紛失!?手続方法から再発行までの流れ

スポンサーリンク

マイナンバーカード(個人番号カード)とは?

個人番号カード1
個人番号カードは、表面に顔写真・裏面にマイナンバーが載っているので、マイナンバーの確認と身分証明書、両方の使い方が出来るカードです。身分証明書として利用することができるカードなので、運転免許証や保険証と同じくらい重要なものです。

(マイナンバーカード<個人番号カード>はマイナンバー通知カードと違い、自宅に送られてくるわけではなく、作るには別途申請が必要です。)

マイナンバーカード(個人番号カード)を紛失してしまったら?

情報漏洩を防ぐため、下記の手順で手続きを進めてください。

財布を落としてしまった方で、マイナンバーカードと一緒に銀行のキャッシュカードや運転免許証も一緒に紛失してしまった!という方は、こちらに手続方法をまとめていますので、参考にしてみてください。
財布紛失でやること!クレジットカード~身分証明書再発行手続きまとめ

①紛失・盗難によるマイナンバーカード(個人番号カード)の一時利用停止を行います。

<マイナンバー総合フリーダイヤル>
0120-95-0178
または、
050-3818-1250
電話でマイナンバーカード(個人番号カード)の一時利用停止をしてください。

受付けは(平日9:30~20:00 土日祝日9:30~17:30 年末年始を除く)となっていますが、マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止については、24時間、365日対応です。 

②警察署に遺失届を提出する

(※紛失場所が自宅に限られている場合は警察署での遺失届は不要です。③へ進んでください。)

警察署にマイナンバーカード(個人番号カード)の「遺失届」を提出します。これは住所地を管轄する警察署で手続きができます。「遺失届」を提出すると「受理番号」が発行されます。この「受理番号」はマイナンバーカード(個人番号カード)の再発行の際に必要になりますので、大切に保管してください。

スポンサーリンク

③市区町村の窓口で再発行の手続き

マイナンバーカード(個人番号カード)の再発行手続きは本人のみとなります。家族や代理人等では受付けてもらえませんのでご注意ください。

自宅以外で紛失・盗難にあった場合

お住まいの市区町村のマイナンバー担当窓口で、マイナンバーカード(個人番号カード)の再発行の手続きができます。自宅以外で紛失・盗難の場合は警察署から発行された「受理番号」が必要になりますので、忘れず持参してください。

自宅で紛失した場合

お住まいの市区町村のマイナンバー担当窓口で、マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失申出書に記入します。「いつ?」「どこで?」「いつごろ紛失したことに気が付いたか?」等記載する箇所がありますので、紛失したときの状況を事前にメモしておくとスムーズだと思います。

(マイナンバーカード<個人番号カード>紛失申出書については各市区町村で呼び方が異なる場合もあります。)

マイナンバーカード(個人番号カード)が途中で見つかった場合は?
マイナンバーカード(個人番号カード)の一時利用停止の解除は各市区町村の窓口のみ対応になります。紛失後、再発行前に見つかった場合は、早めに届出ましょう。

マイナンバー個人番号カード再発行に必要な書類

マイナンバーカード(個人番号カード)の再発行は本人のみとなります。家族や代理人等では受付けてもらえませんのでご注意ください。

  • マイナンバー個人番号カード紛失申出書(窓口に用意されています)
  • 身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)
  • 証明写真1枚(横3.5mm×縦4.5mm)
  • 再発行手数料1,000円
  • 受理番号(自宅以外で紛失した場合)
マイナンバー再発行の手続き~受け取るまでの期間については、こちらの記事を参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
<マイナンバー再発行>手続きから再交付されるまでの日数は?

終わりに

今回のマイナンバーカード(個人番号カード)紛失、盗難に遭った場合の対応ついて、市区町村に問い合わせた内容をまとめてみました。現在ではマイナンバーカード(個人番号カード)紛失や盗難事例はほとんどないそうですが、今後、利用する場面が増えると紛失や盗難も多くなると思いますので、記事にしてみました。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです^^

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ