マイナンバーカード、通知カード、個人番号カードの違いを解説!

マイナンバー制度では、「マイナンバーカード」・「通知カード」・「個人番号カード」という3つのカード名をよく耳にします。

ただ「マイナンバーカード」と「個人番号カード」は呼び方が違うだけで、同じものなので、僕たちがこれから使っていくのは「通知カード」と「個人番号カード」の2枚です。

この記事では、「通知カード」と「個人番号カード」の違いについてまとめてみましたので、良かったら参考にしてみて下さい^^

スポンサーリンク

「見た目」の違い

※画像は名古屋市のホームページから引用させていただきました。

通知カード

紙製で、大きさは運転免許証・キャッシュカードと同じサイズです。

通知カード1

(記載内容)
表面

  • 個人番号
  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別

裏面

  • 備考欄※住所変更等記載

個人番号カード

プラスチック製で、大きさは運転免許証・キャッシュカードと同じサイズです。

個人番号カード1

(記載内容)
表面

  • 氏名
  • 住所
  • 顔写真
  • 生年月日
  • 性別
  • 電子証明書の有効期限
  • 臓器提供意思表示欄
  • 備考欄※住所変更等記載

裏面

  • 個人番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • セキュリティコード

スポンサーリンク

使い道(用途)の違い

通知カード

通知カードは、全国民に12桁のマイナンバーをお知らせするために市区町村から送られてきます。

マイナンバー制度が始まると、自分のマイナンバー(個人番号)を記入する機会がとても増えます。その際、自分のマイナンバーが正しいかどうかを確認するために通知カードを使います。ちなみに顔写真が載っていないので、身分証明書としては使えません。

個人番号カードを作ると、通知カードは市区町村に返却しますが、それまでに無くしてしまうと自分のマイナンバーが分からなくなってしまうので、大切に保管して下さいね^^無くしてしまうと再発行が必要です。


個人番号カード

個人番号カードは、表面に顔写真・裏面にマイナンバーが載っているので、マイナンバーの確認と身分証明書、両方の使い方が出来ます。但し通知カードと違い、家に送られてくるわけではないので、作るには別途申請が必要です。

個人番号カードは、今後いろいろな使い道が検討されているので、よかったらこちらの記事も参考にしてみて下さい。


【通知カード】と【個人番号カード】主な違いまとめ

通知カード 個人番号カード
交付対象 国民全員 希望者
交付目的 通知
確認
いろいろ
身分証機能 なし あり
有効期限 なし あり
顔写真掲載 なし あり
発行手数料 無料 無料
再発行手数料 500円 1000円

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです^^

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ