白ロム初体験:docomoの中古iphoneをムスビーで買ってみた話

今日は、先日初めて中古で購入したdocomo/iphoneのお話です。(いわゆる白ロムと呼ばれているやつですね。)中古でスマホを買うのは初めてだったので、ドキドキ(汗)でしたが、最終的にムスビーというネットショップでdocomo版iphone5sを28,040円(消費税・送料・事務手数料すべて込み)で購入しました。

結果としては、とても綺麗な状態のiphone5sが届き、バッテリーも良好で、現状問題なく使用できているので、中古でも安く買えてよかったな~と感じています。

この記事では「初めて中古でスマホを買う!」という方を対象に、私自身の購入までの流れ元に、中古iphone購入時の「気をつけるべき注意点」についてまとめてみました^^

スポンサーリンク

中古iphone購入時の不安点と気をつけるべき注意点は?

初めて中古スマホを購入するとき、誰でも不安はありますよね。私の場合、購入前に次の2つが心配でした。

  • 中古(白ロム)でも問題なく使えるのか?
  • キレイかどうか?(現物を見ないで購入しても大丈夫か?)

それぞれの具体的注意点を見てみましょう。

中古(白ロム)でも問題なく使えるのか?

結論からいうと中古(白ロム)でも問題なく使えています。中古である以上、今後ずーと使えるのか?という保障はもちろんありませんが、あまり気にしすぎても仕方ないので、購入時には最低限次の3点を抑えておけば大丈夫だと思います。

  • ネットワーク利用制限の判定・・・〇の商品を選ぶ
  • 赤ロムへの対応・・・保証がついている店や商品を選ぶ
  • 保証期間・・・初期不良の保証商品を選ぶ

【ネットワーク利用制限の判定】

ネットワーク利用制限の判定が〇の商品を選びましょう。△だと初心者には、やはり心配ですから。※〇判定であっても、100%大丈夫というわけではありませんが、〇以上の評価判定がないので、無難に〇判定の購入がいいでしょう。

販売サイトに「製造番号(IMEI)※15桁の数字)」が記載されています。製造番号を入れるだけで簡単にチェックできるので、ご自身でも確認してみてください。→docomoネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト

【赤ロムへの対応】

赤ロムとは、ネットワーク利用制限の判定が「×」の端末。つまり使うことが出来ない端末です。厄介なのは、ネットワーク利用制限の判定が「〇」の場合でも、後々「×」になってしまうこともあることです。

そこで、「赤ロムになった場合は保証しますよ~」というお店や商品もあります。ご心配の方はそういった「赤ロム保証」のついたお店や商品の購入がいいでしょう。

ちなみに私が購入した商品は「赤ロム保証」は付いていませんでした。選択基準として「ある程度のキレイさと安さ」を重要視していたので、「赤ロム」になっちゃったら潔く諦めます!

【保証期間】

保証期間については、中古で買っているという前提があるので、そこまでこだわることは出来ません。でも初期不良が合った場合には困るので、初期不良時の保証が付いている商品を選びましょう。


【あまり気にする必要のないこと・気にしても仕方ないこと】

ネットで調べているときに、「購入前のチェック項目」でよく見かけたものとして、「アクティベート済み」・「電池の消耗具合」がありました。ただ私が調べてみた感想としては、あまり気にする必要がないかな~と思います。

「アクティベート済み」というのはiphoneの初期設定が終わっているという意味なのですが、初期設定はそんなに難しくないので、自分で出来ます。

また「電池の消耗具合」については、販売サイトに情報が出ていないので正直わかりません。わからない以上、考えても仕方ないので、バッテリーで失敗したら交換するくらいの潔さが必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

キレイかどうか?(現物を見ないで購入しても大丈夫か?)

これは購入するお店選びをどうするか?って問題でもあります。選択肢は2つあって、まずは「店頭」で買うか「ネット」で買うかの2択です。私の場合、「比較的きれい」な中古iphone5sが欲しかったので、まずは近所のゲオ(店頭店)に見に行ってみました。

実物を見てみて、これなら中古でも全然OK!という美品があったので、実は一旦購入したのですが、後々ソフトバンク版だったことが判明し、返品…(お店の方すみません。)ただ一度店頭に見に行ったことで、中古でも大丈夫そうだな~という感覚はつかめたので、外観重視の方は一度店頭に見に行ってみることをお勧めします。

店頭で買うか?ネットで買うか?外観重視の方は一度店頭に見に行くのがお勧め!

私の場合、最終的にムスビーというネット上のフリマショップで購入したのですが、ネットで購入する場合の選択肢として、「ヤフオクなどのオークション」で買うか・「ネットショップ」で買うかの選択になります。

ヤフオクは確かに安いのですが、「オークション慣れしていない」・「初めての中古iphone購入」という2つの理由から、今回はネットショップで購入することにしました。

正直、ヤフオクは初心者にはちょっと敷居が高いかな~という印象。

次にどのネットショップで買うか?ですが、私は単純に「値段」「サイトの見やすさ」でムスビーを選びました。私が購入した商品の紹介ページはこんな感じです。

ムスビー商品紹介ページ

ムスビー商品紹介ページ2

ちなみに「値段」については白ロム販売店を4社見比べました。「ムスビー」「イオシス」・「モバックス」・「アマゾン」の4サイトです。また「サイトの見やすさ」についても、キャリア・機種が決まっている場合圧倒的に「ムスビー」が探しやすかったですね。

ネットショップで中古iphoneをお探しの方には、ムスビーがお勧め!



終わりに

格安SIMの流行や、機種変更時に安く買えるなど、今後はもっと中古スマホの需要が高くなっていくと思います。特にiphoneは新品価格が高いので、中古でいい商品が安く手に入ったら嬉しいですよね^^

今回私が購入したdocomoの中古iphone5sですが、まだ買ったばかりということもあり快適に使えていますが、半年後・1年後の使用感も正直にブログに書かせていただきますね。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

     

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る iphone&スマホの気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ