「iDeCo(確定拠出年金)の気になる」の記事一覧

iDeCo(イデコ)で60歳までにいくら貯めたい?目標金額の設定方法

ideco 目標設定

iDeCo(イデコ)加入時において、一番最初にやっておくべきことは「iDeCo(イデコ)で60歳までにいくら貯めたいのか?または、いくら貯める必要があるのか?」という目標金額の設定です。この記事では、この目標金額の設定方法を4つのステップに分けてわかりやすく解説させていただきます。

公務員・会社員必見!税金が一番安いiDeCo(イデコ)の受取り方を紹介

ideco 公務員 受取り

iDeCoには3つの受取り方がありますが、どの受取り方法が一番税金を安く抑えることができるのか?退職金の多い公務員・会社員の方を対象に徹底試算してみました。結果として税金が一番安かったのは「年金&一括受取り」でした。3つのパターンそれぞれの試算過程も含めまとめましたので、良かったら参考にしてみてください。

公務員がiDeCo(イデコ)に加入!限度額での節税メリットを徹底検証

住民税 住民票

この記事では公務員がiDeCo(イデコ)に限度額12000円/月の掛金で加入した場合の節税メリットを徹底検証してみました。表面上の節税メリットだけでなく、iDeCo(イデコ)に加入することでかかる経費(証券会社の手数料など)も考慮した本当の節税メリットをまとめましたので良かったら参考にしてみて下さい。

個人型確定拠出年金:SBI証券への申し込み方法詳細【記入例付】

確定拠出年金 sbi

この記事では、SBI証券で個人型確定拠出年金口座を開設するにあたり、「webでの資料請求」→「申し込み書類の返送」までの流れを、記入例・注意点を加えつつまとめてみました。SBI証券は口座管理手数料や信託報酬がとても安いので、個人的にはかなりおススメの証券会社です。

転・退職時に確定拠出年金を放置!自動移管vs個人型移管の損得比較

この記事では、転職・退職した場合に企業型確定拠出年金資産を放置すると、本当に損するのか?「自動移管」と「個人型確定拠出年金への移管」の損得比較(期間は5年間)をしてみました。転職・退職をされて企業型確定拠出年金資産を放置している!という方は良かったら参考にしてみて下さい。

個人型確定拠出年金の手数料・信託報酬比較!SBI証券VSスルガ銀行

確定拠出年金 手数料

この記事では、現時点で個人型確定拠出年金の口座管理手数料が安い!と言われている上位2社、SBI証券とスルガ銀行を①「口座管理手数料」と②取扱商品の「信託報酬」で比較してみました。個人型確定拠出年金制度を利用しインデックス投資を始める!という方は、良かったら参考にしてみて下さい^^

初心者が資産配分(アセットアロケーション)を決める最善の方法は?

アセットアロケーション

インデックス投資をする上で、「投資成果は、90%以上が資産配分(アセットアロケーション)で決まる!」と言われています。この記事では、水瀬ケンイチさんのブログ記事を参考に、具体例を使い「アセットアロケーションを決める正しい手順」についてまとめてみました。

投信初心者が確定拠出年金でインデックス投資を選ぶメリットとは?

確定拠出年金 インデックス投資

今回、確定拠出年金制度(DC)を利用しインデックス投資を始めることにしました。そこで、投資信託初心者が確定拠出年金制度を利用し、インデックス投資を選ぶメリットについて、自分なりに調べたことをまとめてみました。インデックス投資に興味のある方は、良かったら参考にしてみて下さい。

企業型確定拠出年金は転職した時、解約できるの?条件や対処法を確認!

確定拠出年金 解約

「確定拠出年金制度」がある会社を退職し、制度のない会社に再就職した場合など、どういう手続きをとればいいのかよくわからない!という方も多いのではないでしょうか?この記事では、転職する方・された方を対象に、「確定拠出年金」の解約条件と対処法についてまとめてみました。

知らないと損!確定拠出年金(企業・個人DC)の税金メリットまとめ

確定拠出年金

投資をやる上で税制上のメリットがとても大きい「確定拠出年金(DC)」。僕と同じようにNISAをきっかけに資産運用に興味を持った!という方も多いと思うので、この記事では「確定拠出年金(DC)」の税制上のメリットについて、まとめてみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ