「年金の気になる」の記事一覧(2 / 4ページ)

年金の受給資格期間を増やす方法!60歳~70歳の任意加入と後納制度

年金 任意加入

年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されたことで、現在無年金の高齢者の方も受給資格期間を満たせば年金をもらうことができるようになりました。ただ、中には加入期間が10年に満たない人もいると思います。そこで今回は加入期間が不足していて年金を受給できない人でも、加入期間を増やし受給資格を得る方法をまとめました。

年金の受給資格期間が10年に短縮!いつから?いくらもらえるの?

年金 10年短縮

平成29年8月1日から年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されることになりました!これによって現在、無年金の高齢者の方も受給資格期間を満たす場合は年金を受け取ることができるようになります。そこで今回は「加入期間が10年の場合に受け取れる年金額」や「年金免除を受けた場合の年金額の計算方法」についてまとめました。

年金の振込先口座を変更する方法!代理人が年金を受け取るには?

今回は年金の振込先(受取先)口座を変更する場合の手続き方法についてまとめました。また、認知症や病気などで長期入院している方など、本人が年金の管理をすることができない場合、年金の受け取り先を代理人(家族など)の口座に変更できるのか?年金ダイヤルで確認してみましたので良かったら参考にしてみてください。

学生&社会人の年金免除手続きまとめ(申請方法、所得条件、追納など)

年金免除 まとめ

このページでは、当ブログにて掲載してきた「国民年金の免除申請」に関する記事をなるべく見やすいようにまとめました。学生と社会人とで分けて記載しておりますのでご自身に該当する項目ご参照いただきご活用いただけると幸いです。また、基礎年金番号を忘れてしまった場合や、年金手帳を失くしてしまった場合の対処法についてもご紹介しておりますので、良かったら参考にしてみて下さい。

確定申告で公的年金の控除額は?雑所得を65歳以上の親で計算してみた

年金 雑所得

確定申告の際、公的年金は雑所得にあたるのですが、年金収入=雑所得となるわけではありません。年金収入から控除額を引いた金額が雑所得となります。この記事では、私の母親(66歳)を例に、公的年金の雑所得計算方法をご紹介させていただきます。ご自分で確定申告をする年金受給者の方、年金受給者のご両親の確定申告をを行うという方は、良かったら参考にしてみて下さい。

年金と失業保険は同時にもらえる?65歳までに知っておきたい併給方法

皆さんは年金と失業保険が同時にもらえることをご存知ですか?先日、父親から年金と失業保険を同時にもらっていたと聞きました。私は年金と失業保険は一緒にもらえないでしょ?と聞きましたが、本当にもらっていました。そこで今回は「年金と失業保険は同時にもらえるのか?」「年金と失業保険の併給方法」についてまとめてみました。

ねんきんネットのログインidを忘れた!アクセスキーがない場合は?

「ねんきんネット」で定期的に「自分の年金記録」や「将来もらえる年金の見込額」など確認している方も多いと思いますが、中にはログインのときに必要な『ユーザID』や『パスワード』を忘れてしまった方もいると思います。そこで今回は、ねんきんネットのユーザIDやパスワードを忘れてしまったときの再発行についてまとめてみました。

年金の源泉徴収票を再発行する際の連絡先一覧。期間や代理人の場合は?

この記事では、年金受給者の方を対象に、確定申告時に必要となる源泉徴収票の再発行連絡先をまとめました。サラリーマン、公務員、自営業をされていた方に分け、それぞれの連絡先をご紹介しておりますので、ご自身に該当する項目をご参照下さい。また、再発行に必要な「書類」、「手元に届くまでの期間」、「代理人が再発行依頼するときに必要なもの」などについてもまとめておりますのでご活用いただけると幸いです^^

なぜ年金400万円以下なら確定申告は不要なの?住民税はどうなるの?

年金 確定申告

今年も確定申告の時期が近づいてきました。今回は、「年金受給額が400万以下」の場合に確定申告が不要!といわれる理由と、確定申告をしなかった場合、損をしないのか?また、住民税はどうなるのか?など年金受給者の確定申告について、調べたことをまとめてみました。本当に確定申告しなくて、損をしないのでしょうか?

基礎年金番号がわからない場合の調べ方!今日中に確認したい場合は?

基礎年金番号 わからない

先日、年金手帳紛失→即日10分で再発行してもらえた話。必要なものを確認!という記事を書かせていただいたところ、「基礎年金番号自体がわからない場合の調べ方は?」というお問い合わせを多く頂きました。そこで今回は、「基礎年金番号がわからないときの、一番早い調べ方」をご紹介させていただきます。基礎年金番号がすぐ必要!という方は、良かったら参考にしてみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ