在職老齢年金:総報酬月額相当額の正確な計算方法!賞与や交通費は?

総報酬月額相当額 在職老齢年金

在職老齢年金の計算には「総報酬月額相当額」と「基本月額」この2つを使いますが、そもそもこの2つの金額を正確に把握できないと、正しい計算ができません。。。

年金関係の用語は小難しく、当たり前のように「総報酬月額相当額」、「基本月額」と書かれていますが、“だからその金額は何?どうやって計算するの??”と思っている方も多いのではないでしょうか。。。私は最初そう思いました(汗)

そこで今回は、在職老齢年金の試算を行う前に、まずは「総報酬月額相当額の正確な計算方法」をご紹介させていただきます。総報酬月額相当額の内訳である「標準報酬月額」、「賞与や交通費」の取り扱いなど、1つ1つ噛み砕いてまとめました。

また、具体的な計算例もご紹介しておりますので、ご自身の状況に当てはめて、ご一緒に計算していただけるとよりわかりやすいかと思います。

スポンサーリンク

総報酬月額相当額って何?

まずは、総報酬月額相当額の計算式を確認しておきましょう。

【総報酬月額相当額の計算式】

総報酬月額相当額
=「標準報酬月額」+「その月の以前1年間の標準賞与額の総額/12ヶ月」

早速、小難しい用語が2つ出てきましたね(汗)

  • 標準報酬月額
  • その月の以前1年間の標準賞与額の総額/12ヶ月

1つ1つ解説するので、ご自身に当てはめてみてください。まずは「標準報酬月額」。


「標準報酬月額」を詳しく説明!

入社時の「標準報酬月額」は、新しい勤務先からの初任給で算出します。※算出方法はこれから解説。

本来、「標準報酬月額」は4.5.6月の給与平均額から算出するのですが、新しい会社に入社した場合は、初任給で「標準報酬月額」を算出します。入社から時間がたち、4.5.6月の平均給与額が出たら、その年の9月から新しい「標準報酬月額」が適用されます。

「入社時の標準報酬月額」は「新しい勤務先からの初任給」で算出する。

※初任給の額面金額(総支給額)です。手取り収入ではないのでご注意ください。また、交通費などの通勤手当・役職手当・残業手当なども含みます。


初任給から標準報酬月額の算出方法

(例)初任給が205000円だった場合の「標準報酬月額」

次の表で該当する金額が「標準報酬月額」です。
標準報酬月額

205000円が該当するのは200000円のところなので、「標準報酬月額」は200000円となります。

ご自身の初任給を上記表に当てはめて、「標準報酬月額」を算出してみて下さい^^

スポンサーリンク

「その月の以前1年間の標準賞与額の総額/12ヶ月」を詳しく説明!

続いて「その月の以前1年間の標準賞与額の総額/12ヶ月」についてみてみましょう。これは、過去1年間にもらった賞与(ボーナスなど)を12ヶ月で割った金額なのですが、状況により次の2つに分かれます。

①退職してそのまま再就職する場合
⇒前の勤務先で過去1年間にもらった賞与(ボーナスなど)を12ヶ月で割った金額。

例えば、今年(2017年)4月に新しい勤務先に入社する場合、2016年4月~2017年3月に、前の勤務先で貰った賞与(ボーナスなど)の合計金額を12ヶ月で割った金額。※退職金は含まれません。

②退職してしばらくしてから、また働きに出る場合。
⇒これからもらう賞与(ボーナスなど)を12ヶ月で割った金額。
なので、支給されてから「総報酬月額相当額」の計算に加わります。


自分の総報酬月額相当額を計算してみよう!

総報酬月額相当額

ここでは下記サンプルをもとに「総報酬月額相当額」の計算を行いますので、ご自身に当てはめてご一緒に計算してみてください。

60歳で定年退職して、そのまま再就職した時の「総報酬月額相当額」を計算。
・新しい勤務先での初任給、198512円(額面支給額)
・前の勤務先での前年の賞与合計120万円(年2回支給された)

手順①初任給の「標準報酬月額」を算出

標準報酬月額

198512円が該当するのは200000円のところなので、「標準報酬月額」は20万

手順②「その月の以前1年間の標準賞与額の総額/12ヶ月」を算出

前年の賞与(ボーナス)合計額120万÷12ヶ月=10万

手順③「総報酬月額相当額」を算出

「総報酬月額相当額」
=20万(標準報酬月額)+10万(その月の以前1年間の標準賞与額の総額/12ヶ月)
30万


おわりに

お疲れ様でした^^以上が在職老齢年金の計算に使う「総報酬月額相当額の正確な計算方法」になります。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ