駐車違反の罰金と点数:警察に出頭しなければ減点なし。は本当だった!

所要を済ませ車に帰ってくると、黄色い「駐車違反」のシールが!。。。久しぶりにやってしまいましたよ、駐車違反(泣)

結局、罰金(反則金)15000円。そして点数は…意外や意外、引かれませんでした!

そこで今回は、一つの都市伝説になっている、「警察に出頭しなければ、駐車違反で点数が引かれない」の真偽について、直接警察に電話して確認してみました。また、後半では一番気になる駐車違反の種類と罰金(反則金)についてもまとめましたので良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

警察に出頭しなければ減点なし。は本当だった!

駐車違反の黄色いシールを見て凹んだ私は、早速ネットで駐車違反の罰金と点数について調べました。今回私の場合、罰金は15000円らしい…(泣)、点数は…ん??「警察に出頭しなければ点数は引かれない??」というちょっと信じがたい記事をいくつか発見。

半信半疑だった私は、駐車違反の黄色いシールに書かれていた最寄の警察署に電話して、真偽を確認してみることにしました。以下は警察の方とのやり取りです。※警察の方いわく、点数について、正確には引かれる(減点)ではなく「加点」されるとのこと。日本では加点方式が採用されているらしいです。

【私と警察官の電話でのやり取り】

私「駐車違反の黄色いシールの件で電話したのですが、これは出頭しなくてもいいのですか?」

警察官「いえ通常の流れでは、最寄の交番に駐車違反のシール(黄色いシール)を持って出頭いただき、反則金の納付と点数を加点させていただきます。ただ、出頭いただけない場合は、車の所有者さんに反則金の納付書を送付しますのでそれを支払っていただき、それで完了です。」

私「ん?出頭しない場合は、点数引かれないのですか?」

警察官「はい、責任の取り方の問題なのですが…出頭されない場合、点数は加点されません。」

私「それで後々問題はないのですか?」

警察官「特に問題ありません。ただ今後それ(駐車違反をして出頭しない)を何度も繰り返えすと車両に使用制限がかかります。」

私「じゃあ、1.2回であれば問題ないという理解でよろしいですか?」

警察官「私の口から率直にはお答えしにくいのですが、その理解で大丈夫です。」

警察の方も立場上、はっきりとは言いにくかったようですが、やはり都市伝説は本当で警察に出頭しなければ点数は引かれないとのことでした。

駐車違反をした場合、警察に出頭しなければ点数は引かれない!但しそれ(駐車違反をして出頭しない)を何度も繰り返すと、車に使用制限がかけられてしまう。要は1.2回の駐車違反であれば問題なし!

スポンサーリンク

駐車違反の反則金まとめ

駐車違反の罰金(反則金)は「駐車違反の種類」や「車種」によって金額が異なり、とてもわかりにくいので、ここに載せておきますね。下記画像(黄色いシール)の赤枠部分と照らし合わせていただき、ご自分の罰金額(反則金額)を確認してみてください。

%e9%a7%90%e8%bb%8a%e9%81%95%e5%8f%8d%ef%bc%92

反則金
反則金2
埼玉県警察ホームページより引用(全国共通)※2016.9月現在

終わりに

今回私は警察に出頭せず、罰金(反則金)だけを支払い、点数は引かれませんでした。ちなみに私が駐車違反の黄色いシールを張られたのが、2016年5月7日。で、今日は2016年9月8日。

もう4ヶ月経過していますが、特に何の問題もなく、出頭要請の書類等も一切届いていません。つまり本当に大丈夫ということです。

それにしても、世の中にはいまいち理解できないきまりが多いです。。。出頭する(正直な人)が損をするなんて。。。この記事が少しでも誰かのお役に立てたら幸いです。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ