クラウド会計ソフトfreeeの初期設定①銀行・カードなどの口座登録

この記事では、クラウド会計ソフトfreeeの口座登録方法についてご説明させていただきます。freeeでは一番はじめにまずは口座登録をおこないます。一度登録した銀行口座やクレジットカードなどを一度登録すると、その後は自動で取引データを取得してくれるのでとても便利です。

登録自体はとても簡単なので、この機会に是非登録してみてください^^

【2017年1月13日追記】
クラウド会計ソフトfreeeを使っての「初期設定~確定申告書作成まで全ての流れ」をこちらの記事にまとめました。
個人事業主必見!クラウド会計ソフトfreeeを無料で使い、3日間で確定申告を終わらせる方法!

freeeの無料体験はこちら

freeeで銀行口座を登録

前回、無料体験申込みを完了した画面から。「閉じる」をクリック。※これからご紹介する全ての画像はクリックすると大きくなります。
freee 初期設定

「自動で経理を始める」をクリック。
freee 初期設定

「口座を登録する」をクリック。
freee 初期設定

銀行欄から、自分の使っている銀行を選択します。
freee 銀行口座登録

※画面上に自分の使っている銀行がない場合は、検索すると出てきます。
freee 初期設定

口座登録の確認画面が表示されますので「登録する」をクリック。※ここでは私が業務用に使っている楽天銀行を例に進めさせていただきます。
freee 初期設定

ユーザーID、ログインパスワード、支店番号、口座番号を入力し、照会期間でデータを取得する期間を指定します。入力が終わったら、「楽天と同期する」をクリック。
freee 初期設定

同期が始まります。
freee 初期設定

楽天銀行の場合は追加認証が必要で次の画面が表示されます。「追加認証の入力が必要」をクリック。
freee 初期設定

登録する銀行で事前に設定していた追加認証情報を入力し、「保存して同期を再開」をクリック。同期完了まで数分かかります。
freee 初期設定

同期が完了すると、次のような表示になります。
freee 初期設定

これで1つ銀行口座の登録が完了です。使っている銀行が複数ある場合は、同じ手順で全て登録しましょう。

クレジットカードやデビットカードの登録方法

続いてクレジットカードやデビットカードの登録も行いましょう。「口座」にマウスを持っていき、「口座を登録」をクリック。
freee 初期設定

自分の使っているカードを選択します。画面に表示されていない場合は「検索」から探してみましょう。
freee 初期設定

「登録する」をクリック。
freee カード登録

後は、「銀行口座の登録」と同じ流れになるので、上記を参考に自分の使っているカードを登録してみてください^^

決済サービス・電子マネーの登録方法

最後に決済サービス・電子マネーを登録します。freeeではamazonや楽天などの決済サービス、SuicaやICOCAなどの電子マネーデータも自動で取得することができます。電車をよく利用される方などには、とても便利なサービスですね^^

残念ながら私はほとんど電車を利用しないので、ここではamazonを例に登録してみたいと思います。

「口座」にマウスを持っていき、「口座を登録」をクリック。
freee 初期設定

登録したいサービスを選択します。画面に表示されていない場合は「検索」から探してみて下さい。
freee 口座登録

口座登録の確認画面が表示されますので、「登録する」をクリック。
freee 口座登録

amazonの場合、メールアドレスとログインパスワードを入力します。次にデータを取得する期間を選択し「Amazonと同期する」をクリック。同期完了まで数分かかります。
freee 口座登録

ちなみに口座の同期がうまくいくと次の画像のように、オレンジ色で未登録明細数が表示されますので確認してみてください。
freee 口座登録


お疲れ様でした、以上がfreeeでの口座登録方法になります。続いて開始残高の設定を行いましょう!→freee初期設定:②開始残高を設定しよう!

freeeの無料体験はこちらから♪

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ