投資信託の積立投資を始めます。私がレオス-ひふみプラスを選んだ理由

積立投資 ひふみプラス

私は去年からiDeco(イデコ)、今年の頭から積立NISA(ニーサ)を活用しインデックスファンドを購入しているのですが、今月から新たに、SBI証券の特定口座でレオス-ひふみプラス(アクティブファンド)の積立投資を追加することにしました。

この記事では、私が投資信託をはじめた理由と、数ある商品の中から今回「レオス-ひふみプラス」を選んだ理由についてまとめてみたので、投資に興味のある方はよかったら読んでみてください。

※レオス・キャピタルワークスが運営する「ひふみ投信・ひふみプラス・ひふみ年金」は基本すべて同じ商品です。どこで購入するのか?で名前が異なるだけで投資先などは共通です。

  • 証券会社等で購入する場合→ひふみプラス
  • レオス・キャピタルワークスで直接購入する場合→ひふみ投信
  • iDeco・企業型DCなど確定拠出年金で購入する場合→ひふみ年金

今回は私がSBI証券で購入予定のひふみプラスの名称で書かせていただきます。

スポンサーリンク

私が投資信託を始めた理由

私が投資信託を始めた理由は、もちろんお金を増やしたいからなのですが…もう少し具体的に言うと、自分の時間を使わずに、今ある収入とは別の収入源をつくっておきたいからなんです。

自分の時間を使わない。というのがポイントで、普通収入を得るには自分の時間や頭・体を使いますよね。ただ、投資信託であれば購入して保有するだけなので、基本自分の時間を使うことはありません。※もちろん最初は商品を選んだり、調べたりする時間は必要ですが。

つまり、自分のかわりにお金が働いてくれる。これが私にとっての投資信託の最大の魅力です。

私ももう40歳ですし自分の時間は限られています。限られた時間は、なくべく自分のやりたいこと・好きな仕事に使いたい。という思いから投資信託をはじめてみることにしました。

そんなに簡単にはいかないだろうし、リスクがあるのも理解しているつもりですが、例えば500万円投資して年利20%の利益を出すことが出来れば、年間100万、税金(年率20%)を考えても年間80万円の利益です。

自分の時間を使わずにこれだけの収入を得られるというのは、とてもすごいことですよね。私の場合家賃1年分払えちゃいます。


数ある銘柄の中から「レオス-ひふみプラス」を選んだ理由

投資信託の商品は数多く(5000本以上!)ありますが、その中から私は「レオス-ひふみプラス」を積立投信一発目として選びました。選んだ理由は次の2つです。

  • 運用成績がいい。
  • 理念に共感できた。

運用成績がいい。

なんだかんだ言っても身銭を切るわけですから、綺麗ごと抜きでまずはこれです。ひふみプラスは過去5年間の運用成績が素晴らしく、次のような感じです。

ひふみプラス トータルリターン1
SBI証券ホームページより引用

  • 1年間の平均:29.88%
  • 3年間の平均:18.56%
  • 5年間の平均:22.96%

正直、十分するぎ運用成績ですね、本当にすごいな~と思います。まあ、これがずっと続くとは考えていませんが、たとえ年間10%でも素晴らしいことですよね。

理念に共感できた。

年をとったせいか、、、私にとって「理念への共感」も結構重要な要素です。

今回、投資信託を選ぶにあたって自分なりにいろいろ調べたのですが、その中でひふみプラスの運営会社レオス・キャピタルワークス社長:藤野さんの本や動画、ホームページでの社長メッセージを見て共感できる部分を多く感じました。

ホームページを見るだけでも、社風や人柄が感じられるので興味のある方は見てみてください。
レオス・キャピタルワークス(社長メッセージ)
運用部インタビュー

書籍の中では、この本(投資家が「お金」よりも大切にしていること)がお勧めです。

次の動画(はじめてのひふみ@WEB配信版)でも、会社概要・運用理念、方針などわかりやすくが紹介されていますので興味のある方はみてみてください。


おわりに

積立投資には以前から興味があったので、ようやく本格的に始められる!という感じで少しドキドキしています 笑

今後、月に1度くらいのペースで運用報告していこうと考えているので、投資に興味のある方はよかったらまた覗いてみてください。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 投資
サブコンテンツ

このページの先頭へ