社会保険:パート代130万⇒106万へ!超えると手取りはいくら減る?

2016年10月以降、社会保険の加入条件変更が施行され、今までご主人の扶養内:パート収入を130万未満に抑えていた主婦の方も、変更後はパート代を年106万未満にしないとご主人の扶養からはずれてしまいます。

それは困る!!という方もたくさんいらっしゃると思うのですが、実際のところパートさんが社会保険に加入すると、どのくらい手取り金額が減ってしまうのでしょうか?この記事では、パート代:年120万円の方を例に、シュミレーションしてみました。

※変更前・変更後でパート収入が両方とも年120万だった場合、ご主人の手取り金額に影響するのは、記事本文に書かせていただいた「扶養手当」のみです。

また、夫・妻両方の所得税・住民税についても影響はありませんので、家計全体で考えても、手取りが減るのは奥さんのパート収入のみと考えていただき問題ありません。

スポンサーリンク

毎月どのくらいパートの手取り金額が減ってしまうの?

まずは社会保険に加入した場合、手取り金額から引かれる社会保険料の種類を確認しておきましょう。

パート代から天引きされる社会保険料の種類

パート代から天引きされてしまうのは、次の3種類です。但し「健康保険料」と「介護保険料」一緒になっているケースも多いです。

  • 健康保険料
  • 介護保険料
  • 厚生年金保険料

※雇用保険料は社会保険加入前から天引きされている方もいらっしゃると思うので、今回はあえて記載しておりません。

では、それぞれの金額を算出して、パート手取り金額からいくら引かれてしまうのか?下記の想定で計算してみましょう!

【想定】

  • 年齢40歳、パート主婦。
  • 住まい・勤務地は千葉県。(都道府県により保険料率が若干異なります。)
  • パートでの年収120万想定なので、月10万円のパート収入で計算。
  • 平成28年度の保険料率で計算
  • 保険料額表
    ※画像はクリックすると大きくなります。
    ※千葉県以外の都道府県別保険料額表はこちらを参照ください。全国健康保険協会

スポンサーリンク

パート代、月10万円からいくら引かれるの?

「健康保険料と介護保険料合計」5,640円
※上記表の赤枠内で40~64歳は「介護保険第2号被保険者に該当する場合」を、40歳未満の場合は、「介護保険第2号被保険者に該当しない場合」を参照下さい。

「厚生年金保険料」8,736円
※上記表赤枠内、「一般の被保険者」を参照しています。

「社会保険加入によりパート代から引かれる金額」
=5,640円+8,736円
14,376円

パート代が月10万円(年120万円)だった場合、社会保険に加入すると、手取り金額が月14,376円少なくなる。

ご主人の「扶養手当」のことも忘れずに!

ご主人が会社から「扶養手当」を貰っている場合、奥さん分の扶養手当てが無くなってしまうことにもご注意ください。

仮に扶養手当として15,000円支給されているとしたら、奥さんのパート代から約15,000円、ご主人の給与からも15,000円、合計で月に約3万円の家計収入が減ってしまうことになりますので!

終わりに

月10万円のパート収入から14,376円引かれてしまうのは確かに大きいですよね…ましてやご主人の扶養手当がある場合はなおさらです。

手取り収入が減るのは困る!という方は、こちらの記事で2016年10月から施行される社会保険加入の変更条件について、詳しく書かせていただきました。
↓ ↓ ↓
パート主婦必見!厚生年金加入条件変更について厚生労働省に聞いてみた

また、この記事の続編として、社会保険加入のメリットである厚生年金について、「将来、夫婦で貰える年金額の損得シュミレーション」をこちらの記事で行っておりますので、是非読んでみてください。
↓ ↓ ↓ 
パート代106万超えで社会保険加入へ!夫婦で貰える年金額の損得は?

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ