賃貸物件の入居審査:落ちてしまったときの対策!再審査はできるの?

私は以前、東京都内の不動産会社で賃貸の仲介を担当し、現場で幅広い層のお客さんの入居審査を経験してきました。

そこで今回の記事では、「入居審査に落ちてしまったらどうすればいいのか?」「入居審査に落ちてしまったけど、(気に入った物件の場合)再審査は依頼できるのか?」など。

実際に私が接客したお客さんの例を参考に「賃貸マンション・アパートの入居審査に落ちてしまったときの対策」についてまとめてみましたので、良かったら参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

入居審査に落ちてしまったら・・・

クラウド会計 レビュー

①審査に落ちた理由を確認

次の物件を申し込むときに、同じ過ちを繰り返さないようにするため、保証会社の審査に落ちたのか?オーナー審査に落ちたのか?を営業マンに確認をしておいてください。

また、審査に落ちた理由も把握できると次の物件に申し込む際に注意できるので確認しておきましょう。基本的に「審査結果の理由は教えない」ことになっていますが、営業マンが聞けば教えてもらえることが多いです。

その他、審査に落ちた理由に心当たりがある場合は担当している営業マンに相談してみてください。審査に落ちる理由についてはこちらの記事で解説していますので、確認してみてください。
賃貸マンション・アパートの入居審査:ズバリ!審査に落ちる人の特徴

②次の物件に申込むときの対策を練る

審査に落ちた理由 対策
収入と家賃のバランス 家賃を下げて探し直す
保証会社の審査 別の保証会社を利用する
職業 別名義(家族など)で申込む
スポンサーリンク

保証会社の審査に落ちた場合

123
ご存じの通り、保証会社は1社だけではありません^^次の物件の申込をするときは、審査に落ちた保証会社以外の審査を受けるようにしてください。

次回申込をする際に注意することは?

「信販系保証会社」で審査に落ちた方→「独立系の保証会社」の審査を選ぶようにしてください。

「独立系の保証会社」で審査に落ちた方→「信販系保証会社」や、他の独立系保証会社の審査を選ぶようにしてください。

信販系保証会社とは?
クレジットカード会社・消費者金融が運営する保証会社です。
エポスカード(丸井)・アプラス・オリエントコーポレーション・ライフなど。

独立系保証会社とは?
大手企業や不動産会社などが運営する保証会社です。
全保連・リクルートフォレントインシュアなど。

信販系?独立系?わからなくても大丈夫です!^^

担当の営業マンに「前回〇〇保証会社で審査に落ちてしまいました。」と伝えれば、普通の営業マンであれば話は通じます。

一度、落ちてしまった保証会社に再審査を依頼しても通る可能性は低いです。

審査に落ちた理由が家賃と収入のバランスであれば、賃料を下げた物件に再審査を依頼することは可能です。

スポンサーリンク

オーナー審査に落ちた場合

オーナー審査に落ちてしまった場合は、残念ながら別のオーナー物件を探すしかありません。

こちらも審査に落ちた理由が家賃と収入のバランスであれば、賃料を下げた物件に再審査を依頼することは可能です。

どうしても入居したい物件の審査に落ちてしまったら

21
営業マンの交渉スキルも問われますが、一度審査に落ちてしまった方の再審査方法は、

①別の保証会社で再審査を依頼する
物件を管理する管理会社も入居してくれる人を探していますので、基本的に複数の保証会社と提携しています。そこで、別の保証会社で再審査を依頼してください。

私が担当したお客さんも、よくこの方法で再審査を依頼しました。(←再審査は通ることが多かったです^^)

②別の名義人で再審査を依頼する
例:
(1)夫婦入居(共働き)の場合、旦那さんでダメなら、奥さんの名義で再審査を依頼する
(2)父母(家族)の名義で再審査を依頼する
(3)法人(会社)名義で再審査を依頼する

(1)~(3)の場合は、審査に落ちてしまった方より、内容(収入や勤務先)が良くなければいけませんので注意してください。

終わりに

今回は賃貸マンション・アパートの入居審査に落ちてしまったときの対策についてまとめてみましたが、如何でしたか?スムーズに審査を通すためのポイントは、やはり申込の前に気になっていることがあれば営業マンに相談することだと思います。

私も「先に聞いておけば、対処方があったのに・・・」というケースが多々ありました。言いづらいこともあると思いますが、気になる点は相談するようにしてみてください^^

引っ越しが決まると、やらなければいけない手続きがたくさんあります^^;退去届~電気・ガス・水道など、引っ越しのときにやることをまとめていますので、よかったら参考にしてみてください。
引越し手続きリスト、役所・郵便局・免許証など手続きをまとめて紹介!

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 引越しの気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ