配偶者控除103万→150万へ!パート主婦はいくら稼ぐのが一番お得?

来年(2018年)から配偶者控除が103万→150万になりますが。。。社会保険の加入条件も去年の10月から変わったこともあり「一体いくらまで、パートで稼ぐのが一番得なんだ!!」と悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか??

そこで今回は、世帯での手取り金額をなるべく増やしたい!というご家庭を対象に、配偶者控除が103万→150万へなることで具体的に何が変わるのか?また、改正後、パートでいくら稼げば、家計全体での手取り収入を一番増やすせるのか?検証してみました。

※当記事は、ご主人の年収が1120万円以下の方を対象に書かせていただいております。

スポンサーリンク

配偶者控除が103万→150万になることで、何が変わるの?

配偶者控除 150万

配偶者控除が103万→150万になることで、一体何が変わるのか?というと、奥さんの収入が103~201万以内の場合、ご主人の税金(所得税と住民税)が安くなります。逆に、奥さんの収入が103万以内だったり、201万以上稼いでいる場合は特に何も変わりません。

ここでは例として、奥さんのパート収入が120万の場合、来年からご主人の税金がどのくらい安くなるのか計算してみましょう。※奥さんの税金は変らないので、ご主人の税金だけ計算します。


奥さんのパート収入が120万の場合、改正後、ご主人の税金はいくら安くなる?

※所得税率は、ご主人の収入により異なりますが、ここではわかりやすくする為、所得税・住民税ともに10%で計算を行います。

今年(2017年)

奥さんの収入が120万の場合、パート収入から給与所得控除65万を引いた55万(120万-65万)が奥さんの所得となり、現行の制度では、配偶者特別控除に該当します。下記表の「55万以上~60万未満」に当てはまるので控除額は21万円です。

【配偶者特別控除】

配偶者の合計所得金額 控除額
38万超~40万未満 38万円
40万以上~45万未満 36万円
45万以上~50万未満 31万円
50万以上~55万未満 26万円
55万以上~60万未満 21万円
60万以上~65万未満 16万円
65万以上~70万未満 11万円
70万以上~75万未満 6万円
75万以上~76万未満 3万円
76万以上 0万円

来年(2018年)から

奥さんの収入は120万(所得は55万)と変わりませんが、今回の制度改正で配偶者控除が150万までとなったため、収入120万の場合、配偶者控除に該当し控除額は38万円


今年と来年の控除額の差は、38万-21万=17万円。所得税・住民税の税率をそれぞれ10%で計算すると、

所得税:17000円安くなる。
住民税:17000円安くなる。 
合計:34000円安くなる。

【結論】
奥さんのパート収入が120万円だった場合、改正後はご主人の税金が年間で34000円安くなる。

では次に、今回の改正を受け、今103万以内で働いていたパート主婦の方が、いくらまでパート収入を増やせば、家計全体での手取り金額を一番大きくできるのか?検証してみましょう。

スポンサーリンク

改正後、パート主婦はいらく稼ぐのが一番お得?

手取り金額を増やしたい!という立場で考えると、改正前後関係なく、社会保険に入らない。というのが一番重要なポイントです。※社会保険への加入は当然メリットもありますが、「今の手取り金額」を第一に考えるのであれば加入すべきではありません。

なので、ご主人の扶養内でいられる、130万を超えない。ぎりぎりのパート収入が家計での手取りを一番増やせる金額です。

家計全体での手取り金額を一番増やせるのは、ご主人の扶養内でいられる「130万を超えない。ぎりぎりのパート収入」!

※パート収入が106万を超えると社会保険に加入しないといけない事業所にてパートをされている方は、106万を超えない。ぎりぎりのパート収入が家計での手取り金額を一番増やせる金額です

【参考記事】
パート主婦必見!厚生年金加入条件変更について厚生労働省に聞いてみた
社会保険:パート代130万⇒106万へ!超えると手取りはいくら減る?

ここでは、改正後にパート収入を100万→129万にすることで、世帯全体での手取り収入が、いくら増えるのか?。試算してみました。


奥さんのパート収入を100万→129万へ。改正後、家計での手取り収入はいくら増える?

【設定】
今まではパート収入を100万円に抑えていたが、配偶者控除が150万まで適用になる改正を受けて、パート収入を129万円まで増やすことにした。社会保険は夫の扶養内のままで、所得控除は基礎控除のみ。

※ご主人の収入は変わらないと仮定し、試算を行います。また、ご主人の収入が変わらなければ、ご主人の税金も変わらないので、変わるのは奥さんのパート収入と税金だけという認識で大丈夫です。


パート収入が100万円のときの手取り金額

パート収入が100万円のときにかかる税金は、住民税の均等割5000円のみなので、手取り金額は995000円。
※住民税の均等割はお住まいの市区町村によって、金額が若干異なる場合があります。

手取り金額:995000円

パート収入が129万円のときの手取り金額

パート収入が129万円になると、所得税と住民税(所得割)が新たにかかってきます。所得税は課税所得の5%、住民税(所得割)は課税所得の10%です。※住民税(均等割)は100万のときと同様5000円かかります。

(所得税)

129万-65万(給与所得控除)-38万(基礎控除)
26万=奥さんの課税所得

26万×5%
=26万×0.05
13000円


(住民税の所得割)

129万-65万(給与所得控除)-33万(基礎控除)
31万=奥さんの課税所得

31万×10%
=31万×0.1
31000円


税額がわかったので、続いて手取り金額を計算します。

129万-13000円(所得税)-31000円(住民税所得割)-5000円(住民税均等割)
1241000円=奥さんの手取り金額

手取り金額:1241000円

パート収入100万円と129万円の手取り金額の差は?

パート収入100万円の手取り金額:995000円
パート収入129万円の手取り金額:1241000円

1241000円-995000円
246000円

【結論】
改正後に、奥さんのパート収入が100万円→129万円に増えると、家計全体での手取り金額は246000円増える!

ご主人の会社からもらえる扶養手当にご注意ください!

税金ではありませんが、ご主人の会社で「扶養手当」がある場合、奥さんの収入が上がると貰えなくなる可能性があるのでご注意ください。

仮に扶養手当を月15000円支給されていた場合、1年(12ヶ月)で18万円です。奥さんの手取りが年間246000円増えても、ご主人の手取りが18万減ってしまい、差額66000円しか家計全体の手取り金額が増えない。。。ということになってしまいます。

一般的に、奥さんの収入が103万円を超えると「扶養手当」が無くなる。という会社さんが多いので、ご主人の会社に扶養手当の条件をご確認ください。


それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ