会計初心者必見!freeeでクレジットカード決済の会計処理をしてみよう

freee クレジット決済

この記事では、クラウド会計ソフト「freee」を使い、「クレジット決済での会計処理」をご説明させていただきます。クレジットカードとデビットカードにわけ、それぞれの処理方法をご紹介しておりますので、良かったら参考にしてみてください。

【2017年1月13日追記】
クラウド会計ソフトfreeeを使っての「初期設定~確定申告書作成まで全ての流れ」をこちらの記事にまとめました。
個人事業主必見!クラウド会計ソフトfreeeを無料で使い、3日間で確定申告を終わらせる方法!

freeeの無料体験はこちら


freeeでクレジットカード決済の会計処理をしてみよう!

仕訳する際、必ず「品目」も入力しておこう!

仕訳する際、必ず「品目」まで入力しておきましょう。何にいくら使ったのか?がわかりやすいですし、後々必要になる「確定申告時の家事按分処理」のときに役立ちます!

freeeでのクレジットカード決済処理は、次の2つの会計処理が必要です。2つとも簡単な処理なので、是非ご一緒にやってみてください^^

①購入時の会計処理
②口座から引落し時の会計処理

※これからご紹介するすべての画像はクリックすると大きくなりますので、見えにくい場合は、クリック又は拡大してご覧ください。

【①購入時の会計処理】

freeeにログインし、処理するクレジットカードのオレンジ色の数字をクリック。※このオレンジ色の部分には、自動同期で取得し、まだ処理していない取引データ数が表示されます。

freee クレジットカード取引

自動取得したクレジットカード取引一覧が表示されますので、処理する取引を選んでください。ここでは、下記画像一番上の「Amazonでプリンターのインクセット(4337円)をクレジットカードで買った取引」を処理してみたいと思います。

freee クレジットカード取引

選んだ取引の「カンタン取引登録」をクリック。次に勘定科目をクリックし、「物品の購入等」から「消耗品費」を選択。※プリンターのインクは「消耗品費」に仕訳します。

freee クレジットカード取引

続いて品目を登録します。「品目・部門・メモタグ」欄に「じ」と入力。すると「事務用品」という品目が表示されるので、選択。
freee クレジットカード

品目を確認し「登録」をクリック。これで「購入時の会計処理」は完了です。

freee クレジットカード

続いて、銀行口座から引落される際の処理を行います。

クレジットカード決済は、ひと月分の使用分を翌月まとめて引落しになるのが一般的です。今回処理した取引以外の使用分も上記を参考に処理してみてください。

【②口座から引落とし時の会計処理】

「ホーム」をクリック。

freee クレジットカード取引

クレジットカードが引落としされる銀行口座オレンジ色数字部分をクリック。

freee クレジットカード取引

選択した銀行口座の自動取得した取引一覧が表示されますので、今回処理するクレジットの引落し取引を探します。※クレジットカードの利用明細から金額や引落日をご確認ください。

freee クレジットカード取引

処理する取引が見つかったら、「口座振替・カード引落し」をクリックし、「振替先口座を口座を選んでください」から使用したクレジットカードを選択。

「登録」をクリックし完了です!

freee クレジットカード取引

クレジット決済は2工程の会計処理が必要!

①購入時の会計処理
②口座から引落し時の会計処理


デビットカードの場合は?

仕訳する際、必ず「品目」も入力しておこう!

仕訳する際、必ず「品目」まで入力しておきましょう。何にいくら使ったのか?がわかりやすいですし、後々必要になる「確定申告時の家事按分処理」のときに役立ちます!

デビットカードの場合もクレジットカードとほとんど同じ処理方法ですが、クレジットカードが月に一度の引落しに対して、デビットカードは取引ごとに引落しされるので、その都度会計処理が必要です。

では、デビットカード決済も実際に処理してみましょう。

【①購入時の会計処理】

freeeにログインし、処理するデビットカードのオレンジ色の数字をクリック。

freee クレジットカード取引

自動取得したデビットカード取引一覧が表示されますので、処理する取引を選んでください。ここでは、下記画像一番上の「Amazonで1955円の本を購入した取引」を処理してみたいと思います。

freee クレジット取引

選択した取引の「カンタン取引登録」をクリック。次に勘定科目をクリックし、「物品の購入等」から「新聞図書費」を選択。※本は「新聞図書費」に仕訳します。

freee クレジットカード

続いて品目を登録します。「品目・部門・メモタグ」欄に「しょ」と入力。すると「書籍・雑誌」という品目が表示されるので、選択。

freee クレジット

品目を確認し「登録」をクリック。
freee クレジット

これで購入時の処理は完了です。続いて、口座から引落とし時の処理を行いましょう。

【②口座から引落とし時の会計処理】

「ホーム」をクリック。

freee クレジットカード取引

デビットカードが引落としされる銀行口座オレンジ色数字部分をクリック。

freee クレジットカード取引

該当口座で自動取得した取引一覧が表示されるので、その中から「Amazonで1955円の本を購入した取引」を探します。

freee クレジットカード取引

見つけたら、「口座振替・カード引落し」をクリックし、「振替先口座を選んでください」から該当のデビットカードを選択。

freee クレジットカード取引

最後に「登録」をクリックして完了です!

freee クレジットカード取引


おわりに

お疲れ様でした^^ここまでで以下のポイントまで完了です!

freeeの無料体験登録

【初期設定】
初期設定①

初期設定②
↓ 
【入力業務】
自動同期した取引データ処理①入金編

自動同期した取引データ処理②出金編
↓ 
自動同期した取引データ処理③クレジットカード編ここまで完了!
↓ 
続いて「経費の入力」を行いましょう!→クラウド会計ソフトfreeeで領収書・レシートを元に経費の入力方法を解説

【2017年1月13日追記】
クラウド会計ソフトfreeeを使っての「初期設定~確定申告書作成まで全ての流れ」をこちらの記事にまとめました。
個人事業主必見!クラウド会計ソフトfreeeを無料で使い、3日間で確定申告を終わらせる方法!

freeeの無料体験はこちら

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ