車検間近!自動車納税証明書を紛失!引越した場合はどこで再発行するの?

「車検のとき」「自動車を売却するとき」に必要になる『自動車納税証明書』ですが、紛失してしまった場合は再発行ができるのか?また、引越しでナンバーが変わった場合はどこに問い合わせて再発行を依頼すればいいのか?

再発行に必要な書類(委任状)の書き方や郵送で『自動車納税証明書』を請求する場合など再発行までの流れをまとめましたので、良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自動車納税証明書(継続検査用)を紛失してまったら?

ナンバー記載の都道府県の都税・県税事務所、運輸支局場内の自動車税事務所で自動車税納税証明書(継続検査用)の再発行が可能です。

自動車税納税証明書(継続検査等用)の再発行にかかる費用は無料です。

引越しでナンバーが変更になっている場合は?

車検の際に必要な自動車税納税証明書(継続検査等用)は、車検を受ける年度の4月1日にナンバー登録があった都道府県で発行したものが必要です。

そのため、引越しでナンバーが変更になった場合はナンバー変更前の他都道府県に自動車税納税証明書(継続検査等用)の再発行申請を行ってください。

【例えば】
その年度の4月1日の時点に東京都のナンバーで変更のない場合は、東京都で自動車税納税証明書(継続検査等用)は発行してもらえますが、4月1日以降に売買や引越しによって東京都以外の他道府県のナンバーから東京都のナンバーに変更し、次の年度の自動車税の納期限までの間に車検を受ける場合は、ナンバー変更前の他道府県が発行した自動車税納税証明書(継続検査等用)が必要となります。

このような場合は、ナンバー変更前の他道府県に自動車税納税証明書(継続検査等用)の再発行申請を行ってください。

引越しで車検証の住所を変更する場合はこちらの記事を参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
車検証の住所変更:必要書類と費用を確認、住所を変更しない場合は?

自動車納税証明書(継続検査用)の再発行の仕方

窓口で再発行を申請する場合

【本人が窓口で申請する場合】
・運転免許証
・車検証
・認印
・申請用紙(窓口で記入)

【代理人が窓口で申請する場合】
・委任状
・身分証明書(窓口に行く人)
・認印
(その他、車検証コピーがあると手続きがスムーズです。)

【委任状の記入例】
委任状

スポンサーリンク

自動車納税証明書(継続検査用)を郵送で請求する場合は?

引越しや出張中で遠方から窓口に行けない場合は、郵送で自動車納税証明書(継続検査用)を請求することができます。

【郵送するもの】
・車検証コピー
・宛先記入済の返信用封筒(切手貼り済)

※車検証コピーの余白部分に「自動車納税証明書(継続検査用)の請求」と記載し、各都道府県の自動車税事務所に郵送します。

但し、
自動車税の未納・滞納している場合
自動車税を納付してから1~2週間経っていない場合(納税確認ができるまで、最大で10日程度かかるため)
自動車納税証明書(継続検査用)の再発行できませんので、注意してください。

事前に各都道府県の税事務所または、自動車税事務所に問い合わせると、納税の確認をしてもらえます。

また、自動車納税証明書(継続検査用)の請求先が間違っていないか?確認もできますので、事前に問い合わせた方が良いでしょう。

(問い合わせの際に、「車台番号」や「登録番号」を尋ねられますので、お手元に車検証を用意しているとスムーズです。)

<平成28年9月12日追記>
本日、東京都品川自動車税事務所に「自動車納税証明書の再発行について」電話で確認したところ、最近はデータベースで納税情報を管理しているため、車検時に自動車納税証明書が紛失してしまっていても、電話で納税状況の確認が取れるようになったため、特に再発行は不要とのことでした。

ただ、データベースで確認ができない場合は再発行が必要となりますので、車検の前に一度確認をしてみてください。納税確認には車検証の「車台番号」と「登録番号」情報が必要です。(自動車納税証明書の再発行は即日可能です。)

終わりに

自動車納税証明書の再発行はディーラーや業者に依頼することもできるようですが、費用が1,000円~2,000円と高いのが気になりますね。

今回調べたように本人やご家族の方が代わりに申請をする場合、書類の記入も難しくないですし、費用は郵送の場合の切手代程度なので、できるだけ自分で手続きした方がお得ですね。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ