車のナンバー変更手続き:窓口で希望ナンバー(抽選)を申請する方法

車のナンバー(番号)を変更するときの手続きは「窓口・インターネット・FAX」3つの申込方法があります。以前、インターネットで申し込む方法「車のナンバーが気に入らない!ナンバー(番号)変更ネットで簡単申込」をご紹介しましたが、今回は窓口で希望ナンバーに変更する場合の手続き方法をまとめました。

希望ナンバー(一般・抽選)の申し込みからナンバープレートの発行までの流れを確認することができますので、良かったら参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

車のナンバー変更手続き

車ナンバー変更
車のナンバーには自分の好きな番号を選んでつけることができる希望ナンバー制度があります。今ついている番号を変更する事も可能です。

車のナンバー(番号)変更は、「車の名義変更や引っ越しで管轄変更、ナンバープレートが破損、汚損したときに変更することができる」となっていますが、「今ついているナンバープレートの番号が気に入らない!」「頻繁に事故に遭うからナンバーを変えたい!」という理由で、番号だけを変更することもできます。

今回は普通乗用車のナンバープレートの「番号だけ」を変更する方法についてまとめています。

軽自動車のナンバー変更手続きをお調べの方は、こちらの記事を参考にしてみてください^^
軽自動車ナンバー変更手続き:希望ナンバーの取り方と必要書類を確認

希望ナンバーの申し込み方法

希望ナンバーに変更する場合は、「一般希望ナンバー」と「抽選希望ナンバー」とで申込方法が異なりますので、それぞれ別々に確認していきましょう。

一般希望ナンバーを申し込む場合

①希望ナンバーの予約申込をする
各地域の運輸支局や軽自動車検査協会事務所の敷地内にある希望番号予約センターの窓口に出向いて、変更したいナンバーの予約をします。

このとき、人気のあるナンバーを選ぶ場合は抽選となります。

<全国の抽選対象ナンバー>
「1」「7」「8」「88」「333」「555」「777」「888」「1111」「2020」「3333」「5555」「7777」「8888」

その他、地域によって人気のあるナンバーが追加されますので、お住まいの地域の運輸支局等で確認してみてください。

(※抽選対象ナンバーを希望される場合は、次項の「抽選対象ナンバーを申し込む場合」へ進んでください。)

②ナンバープレート代金の支払い
希望ナンバープレートの代金は予約時に支払うことになります。金額は各都道府県ごとに異なります。東京都・神奈川県の場合は以下の通りです。(※前後2枚の金額です。)

<大型車>

ペイント式 4,840円
字光式 6,260円

<中型車>

ペイント式 4,100円
字光式 5,300円

③予約完了
希望ナンバープレートの代金を支払うと「希望番号予約済証」が発行されます。希望ナンバープレートは注文製作となるため、交付までの期間は予約済証交付日からカウントして4営業日かかります。

例えば、月曜日に予約済証が交付された場合、希望ナンバーの交付可能日は木曜日となります。水曜日に予約済証が交付された場合は、翌週の月曜日から交付が可能です。

希望ナンバープレートの即日交付はできませんので、注意してください。

④登録申請
希望番号予約済証に記載されている有効期間内(交付可能日から1ヶ月間)に登録申請を行い、希望ナンバーの交付を受けるようにしてください。有効期間を過ぎると希望ナンバーの交付は失効となり、代金も返金されませんので注意してください。

⑤ナンバープレートの交付
申請→登録手続き後、古いナンバープレートと引き換えに、新しいナンバープレートを受け取り手続きは終了です。

抽選対象ナンバーを申し込む場合

続いて、先ほどの全国抽選対象ナンバーや地域の抽選対象ナンバーを窓口で申し込む場合の手続き方法を確認していきましょう。(抽選の対象は自家用車のみとなります。)

<全国の抽選対象番号>
「1」「7」「8」「88」「333」「555」「777」「888」「1111」「2020」「3333」「5555」「7777」「8888」

①抽選を申し込む
各地域の運輸支局や軽自動車検査協会事務所の敷地内にある希望番号予約センターの窓口に出向いて、変更したいナンバーの抽選を申し込みます。

人気ナンバーのため、抽選で当選する必要があるからです^^

抽選の申し込みが完了すると、「抽選対象希望番号受付証」が発行されますので、抽選結果が出るまで保管しておいてください。

②抽選
抽選は毎週行われていて、月曜日~金曜日の申し込み分を翌週の月曜日にコンピューターによって抽選されています。

※ネット申込みの場合は、24時間(365日)申し込みができるため、月曜日~日曜日申し込み分を翌週月曜日に抽選します。

ネット申し込み方法はこちらの記事で確認することができますので、良かったら参考にしてみてください。
車のナンバーが気に入らない!ナンバー(番号)変更ネットで簡単申込

③抽選後、希望ナンバーの予約申込
当選した場合は、抽選申し込み時に発行された「抽選対象希望番号受付証」と引き換えに希望ナンバーの予約を申し込みます。有効期間は「抽選対象希望番号受付証」に記載されています。(抽選日から起算して6営業日以内

④ナンバープレート代金の支払い
希望ナンバープレートの代金は(当選後)予約時に支払うことになります。金額は各都道府県ごとに異なります。東京都・神奈川県の場合は以下の通りです。(※前後2枚の金額です。)

<大型車>

ペイント式 4,840円
字光式 6,260円

<中型車>

ペイント式 4,100円
字光式 5,300円

⑤予約完了
希望ナンバープレートの代金を支払うと「希望番号予約済証」が発行されます。希望ナンバープレートは注文製作となるため、交付までの期間は予約済証交付日からカウントして4営業日かかります。

例えば、月曜日に予約済証が交付された場合、希望ナンバーの交付可能日は木曜日となります。水曜日に予約済証が交付された場合は、翌週の月曜日から交付が可能です。

希望ナンバープレートの即日交付はできませんので、注意してください。

⑥登録申請
希望番号予約済証に記載されている有効期間内(交付可能日から1ヶ月間)に登録申請を行い、希望番号の交付を受けて下さい。有効期間を過ぎると希望ナンバーの交付は失効となり、代金の返金もできませんので注意してください。

⑦ナンバープレートの交付
申請→登録手続き後、古いナンバープレートと引き換えに、新しいナンバープレートを受け取り手続きは終了です。

スポンサーリンク

手続きに必要なもの

ここでは、「希望ナンバー(一般・抽選)申込時に必要なもの」「申請・登録時に必要なもの」をそれぞれまとめていますので、確認していきましょう。

希望ナンバー(一般・抽選)申し込み時に必要なもの

希望ナンバー(一般・抽選)の申込時に必要になる書類は、「車検証」(コピーでもok)です。

申請・登録時に必要なもの

希望ナンバープレートの交付時に必要になる書類は、以下の通りです。

  • 希望番号予約済証
  • 申請書(20円~50円程度、地域によって異なります。)
  • 対象車両の持ち込み(ナンバープレート)
  • 車検証(原本)
  • 委任状(※)
  • 認印

※車検証はAタイプ、Bタイプの2種類あります。Aタイプの車検証で車検証の所有者欄にローン会社名やリース会社名が記載されている場合は別途、所有者の委任状が必要です。
車検証
参考:国土交通省自動車検査証(車検証見本)

委任状が要らない場合もある?
所有者欄に記載されているローン会社やリース会社によっては、運輸支局内で委任状を発行してもらえる場合があります。

東京運輸支局の場合、車検証の所有者欄が「ジャックス」や「オリコ」になっている場合は委任状が不要です。(その他、委任状が不要になるリース会社等もありますので、管轄の運輸支局で確認してみてください。)

家族など代理人が申請する場合、委任状は特に必要ないということでした。(東京運輸支局の場合)

終わりに

一般希望ナンバーを申し込む場合は「1.希望ナンバーの予約申込」→「2.登録申請」とナンバープレートの交付まで最低2回窓口に出向く必要があり、抽選ナンバーの場合は「1.抽選の申込」→「2.(当選後)希望ナンバーの予約申込」→「3.登録申請」と、ナンバープレートの交付まで最低3回窓口に出向く必要があります。

近所に窓口がある方は問題ありませんが、遠方の方はやはり事前にネットで申込んでおく方がいいですね^^(ネット申込の場合は窓口に出向く回数は1回で済みます。)

ネットで申し込みをする場合は、こちらのネット申込方法を参考にしてみてください。
車のナンバーが気に入らない!ナンバー(番号)変更ネットで簡単申込

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ