【自動車税の還付金】買取り、下取りの場合はいつ還付(返金)される?

自動車税は毎年4月1日に自動車を所有者している人に対して課税される税金で翌月の5月末までにその年の1年分を納めることになっていますが、年度の途中で車を廃車にした場合、自動車税(残りの期間分)は還付(返金)されます。ただ、現在乗っている車を買取り業者へ売却した場合や、ディーラーで下取りしてもらった場合は、納めた自動車税の残りは還付(返金)してもらえるのでしょうか?調べてまとめてみましたので、良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自動車税と自動車重量税の違い

皆さんは、自動車税と自動車重量税の違いはご存知ですか?私は聞いたことはありましたが、違いについてはよくわかっていませんでした(;^_^A

【自動車税】
毎年4月1日現在の自動車の所有者に対して課される税金です。自動車税は都道府県税、軽自動車税は市町村税です。毎年5月上旬に納税通知書が届き、5月末までにその年の4月から翌年3月までの1年分を納めることになっています。

【自動車重量税】
新規登録(新車購入)時と車検の際に自動車の重量等に応じて課税される税金です。自動車税と違い国に対して納税する国税となります。次の車検時まで前払いなので新車は3年分、普通は2年分まとめて納めることになっています。

今回は自動車税の還付(返金)について調べてみました。

自動車税の還付金制度について

その年度の途中で車を廃車にした場合、納めた自動車税・自動車重量税の残りの期間分を返金してもらうことができます。

【廃車について】

廃車には「一時抹消登録」「永久抹消登録」の2つがあります。

「一時抹消登録」
・一時的に公道を走れないようにする

「永久抹消登録」
・車を解体(スクラップ)して二度と使用できないようにする

どちらの場合でも、還付金を受け取るとこができます。

自動車税の還付金額は廃車手続き完了日の翌月からの月割り計算になります。

★計算方法★
自動車税の年額-(自動車税の年額×4月から抹消登録した月÷12カ月)=還付金

例えば、5月にその年の自動車税を納め、7月に廃車の手続きが完了した場合、8月から翌年3月までの税金が返金されることになります。また、月割り計算となりますので、廃車手続きはその月の月末までに行っておきたいですね。

永久抹消登録の場合は、車を解体した後に手続きをすることになります。解体に日数がかかるような場合は、まず一時抹消登録で廃車手続きをしておくとで返金額を調整することができます。

自動車税の還付(返金)手続きは?

抹消登録を行うと自動車税の還付の手続きも同時に行われます。手続きから約1ヶ月~3ヶ月で還付金の通知ハガキが送られてきます。受け取り方法は都道府県により異なりますが、口座振込か、金融機関で換金できる通知書が届きますので、その通知書を金融機関の窓口に提出して還付金を受け取るか、どちらかです。

スポンサーリンク

車を売却(買取り、下取り)に出した場合も自動車税は還付(返金)されるの?

自分が乗ってる車を買取り業者やディーラーなどに下取りに出した場合、買取り、下取りされた車が名義変更されるだけなら、自動車税は還付(返金)されません。名義変更だけなら、その車は納税の必要がある車とみなされ、自動車税還付の対象とはならないからです。(自動車税の還付の条件は“廃車”手続きが必要になります。)

買取りや下取りに出す場合は、「自動車税の還付金も買取り価格、下取り価格の中に含まれているのか?」「廃車にして自動車税の還付金は受け取れるのか?」事前にディーラーや業者へ確認するようにしましょう。

軽自動車には還付制度がない?
軽自動車税はもともと課税金額が低いため、年度の途中で廃車にしても還付金は受け取れませんのでご注意ください。

忘れがちな自賠責保険の還付(返金)手続き

車の廃車手続きをすると自動車税や自動車重量税など税金の還付だけでなく、自賠責保険や任意保険の還付も受けることができます。ただ、自動的に戻ってくる自動車税と違い、保険会社に直接申請する必要があります。

自賠責保険の還付手続きは、その車が廃車になったということを証明する必要があるため、廃車手続きと同時に行うことはできません。一時抹消登録の場合は「一時抹消登録証明書」、永久抹消登録の場合は「登録事項等証明書」を交付してもらいましょう!

【自賠責保険の還付 必要書類】
・一時抹消登録証明書または登録事項等証明書のコピー
(軽自動車の場合は「自動車検査証返納証明書」)
・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)の原本
・所有者の認印
・振込先口座の情報

保険会社によって、必要書類が異なる場合がありますので、加入先の保険会社に確認してください。

自賠責保険の還付金額は廃車にした日からではなく、保険会社に解約申請した日から算出されます。忘れずに早めの手続きを行いましょう。また、自賠責保険の還付(返金)は残りの保険期間が1ヵ月以上ないと、還付されませんのでお気を付け下さい。

終わりに

自動車税の還付(返金)は車を買取・下取りに出した場合でも、必ず還付(返金)されるものだと思っていましたが、ディーラーや業者が”廃車”にしない場合は還付(返金)されないんですね。。。この辺は事前にしっかり確認をした方がよいですね。
また、自賠責保険の還付についてですが、自賠責保険は保険会社との契約になりますので、手続きは陸運支局などではなく保険会社に直接解約依頼を申請しないと還付されませんので、注意してください。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ