【mineo法人】ドコモからMNP(乗り換え)の流れと申込書記入例

先日、法人契約で利用していたドコモiphone5sをmineo(マイネオ)の法人契約にMNP(乗り換え)しました。mineoで法人契約をする場合は、個人契約と違ってネットから申込手続きができず、書類審査が必要になります。ホームページを見ても申込書の記入の仕方がよくわからなかったので、mineo(マイネオ)法人ヘルプデスクに電話をして確認してみました。そこで今回はmineo(マイネオ)法人契約の場合の「必要書類」「申込書類一式の記入例」ドコモからMNP(乗り換え)手続きの流れ」をまとめてみましたので、良かったら参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

mineo(マイネオ)法人申込に必要な書類

  • 申込書類一式
  • 登記簿謄(抄)本登記全部事項証明書印鑑証明書の原本いずれか一通(発行から3ヶ月以内のも)
  • 申込者の本人確認書類<運転免許証・パスポート・健康保険証>のいずれかのコピーを一通
  • 社員証明書<社員証(コピー)もしくは名刺(原本)>

申込書類一式記入例

申込に必要となる書類の記入例です。

<①法人契約申込書(新規申込)>
記入例①

①会社情報を記入します。本社所在が同じ場合は「同左」と記入します。
②担当者の情報を記載します。
申込み後、本人確認としてmineo本社から転送不可書類が郵送されてきますので、申込者の本人確認書類と同じ住所で記入してください。

<②別紙(シングルタイプ・デュアルタイプ)>

【シングルタイプの場合】

記入例②

①[コース・SIMカードの種類・申込回線数・SMS(ショートメッセージ)申込]を選択します。


【デュアルタイプの場合】

記入例③

①[コース・SIMカードの種類・申込回線数・留守番電話サービス・割り込み通話サービス・MNP(番号ポータビリティ)]を選択します。

<③マルチデバイスセキュリティサービス>

セキュリティサービスを申し込む場合に記入して提出します。(加入は任意です。)

記入例④
<④預金口座振替依頼書>
記入例⑤

※申込書の「お支払い方法」で「預金口座振替」を選択した場合に記入し提出します。

<⑤クレジットカードによる支払申込書>
記入例⑥

※申込書の「お支払い方法」で「クレジットカード」を選択した場合に記入し提出します。

スポンサーリンク

ドコモからmineo(マイネオ)へMNP(乗り換え)の流れ(法人契約の場合)

法人契約の場合のMNP(乗り換え)手続きの流れを確認していきましょう。

①申込書書類一式をmineo(マイネオ)に郵送

②審査

③「携帯電話不正利用防止法」に基づき、本人確認を目的とした書類が届く(申込8日後)
IMG_2242

④mineo(マイネオ)から審査結果とMNP(乗り換え)の案内メールが届きます。(申込9日後)
mail

⑤ドコモにMNP予約番号を発行してもらう。
MNP予約番号の発行はドコモショップか電話、またはネットでも発行手続きができます。

⑥mineo(マイネオ)から届いたMNP(乗り換え)案内メールの
・MNPをされる電話番号
・MNP予約番号
・MNP予約番号の有効期限
・MNP転出元での契約名
・MNP転出元での契約名カナ

をそれぞれ記入しメールを返信する

⑦mineo(マイネオ)側で登録が済むと2~3日でsimカードが郵送されてきます。

⑧回線切換えを実施(この時点でドコモとの契約が終了します。)実施方法はマイネオホームページへ

⑨テストコール(ダイヤル「111」にテストコールをかけます。)

⑩ネットワーク設定

⑪完了

終わりに

法人契約をしている機種をmineo(マイネオ)にMNP(乗り換え)する場合は、mineo(マイネオ)でも法人契約となります。「法人契約→個人契約」にはできないとのことなので、注意してください。どうしても個人契約に変更したい場合は、MNP予約番号を取得する前に現在利用中のキャリアで「法人契約→個人契約に名義変更」すると良いそうです。

ドコモからmineo(マイネオ)にすると料金はどれくらい変わるのか?良かったら、コチラの記事も参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
ドコモからmineo(マイネオ)に!本当に安いのか?徹底試算!

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ