「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方・記入例

来年(平成30年)から、配偶者への控除制度が変わる影響で、今年の年末調整で渡される「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方もわりと大きく変わります。

そこで今回は、来年からの変更内容の解説と、「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方と記入例をご紹介させていただきますので、良かったらご活用ください。

配偶者への控除制度が変わるのは、あくまで来年分(平成30年分)からなので、

  • 平成29年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
  • 平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除

については、今までとおりで大丈夫です。

スポンサーリンク

変更点を確認

まずは、「平成29年分」と「平成30年分」の扶養控除等(異動)申告書を比べてみましょう。下記画像の赤丸内をご覧ください。

【平成29年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書】
平成29年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書1

【平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書】
平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書1

ここは、両方とも「配偶者」の情報を書く欄なのですが、

  • 平成29年分:控除対象配偶者(所得38万円以下の配偶者)
  • 平成30年分:源泉控除対象配偶者(少し複雑になったので、後で詳しく書きます)

と、「名前」も「記載する内容」も変わっております。

平成29年分(今年分)までは、「控除対象配偶者(所得38万円以下の配偶者)」の情報を書いていましたが、平成30分(来年分)からは、「源泉控除対象配偶者」の情報を書くことになります。


源泉控除対象配偶者とは?

源泉控除対象配偶者は、あなたの給与年収(所得)により次の2つに分かれます。※給与年収とは額面金額での年収です。

  • 給与年収1120万円(所得900万円)以下の方
  • 給与年収1120万円(所得900万円)を超える方

ここから先は、ご自身の該当する方をご参照ください。

スポンサーリンク

給与年収1120万円(所得900万円)以下の方

給与年収1120万円(所得900万円)以下の方は、

源泉控除対象配偶者
=所得85万円以下(パートなどの給与収入150万円以下)の配偶者。

今年と来年の具体的な違い

今までは配偶者の所得が38万円を超えると、「扶養控除等(異動)申告書」ではなく「配偶者特別控除申告書」に記載していたが、来年(平成30年分)から、配偶者の所得が85万円までは「扶養控除等(異動)申告書」の源泉控除対象配偶者欄に記載する。


「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」記入例

奥さんの所得が85万円以下の場合

※パートなどの給与収入でいうと、年収150万円以下の場合です。

奥さんの所得が85万円(給与収入150万円)までは「源泉控除対象配偶者」に該当します。

自分の情報を赤枠内、奥さんの情報をピンク枠内、16歳以上の扶養親族(子供や親など)を青枠内、16歳未満の子供を緑枠内に記入します。

平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 年収1120万以下1


奥さんの所得が85万円を超える場合

※パートなどの給与収入でいうと、年収150万円を超える場合です。

奥さんの所得が85万円(給与収入150万円)を超える場合は、「源泉控除対象配偶者」に該当しないので、この用紙には奥さんの情報は書きません。※来年(平成30年分)の配偶者特別控除申告書にて申請します。

自分の情報を赤枠内、16歳以上の扶養親族(子供や親など)を青枠内、16歳未満の子供を緑枠内に記入します。

平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 年収1120万以上


給与年収1120万円(所得900万円)を超える方

年収が1120万円(給与所得900万円)を超えている場合は、「平成30分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」には奥さんの情報は書きません。※来年(平成30年分)の配偶者特別控除申告書にて申請します。

※奥さんの収入(所得)が0円であっても、「源泉控除対象配偶者」には該当しないのでご注意ください。


「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」記入例

自分の情報を赤枠内、16歳以上の扶養親族(子供や親など)を青枠内、16歳未満の子供を緑枠内に記入します。

平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 年収1120万以上


おわりに

お疲れ様でした。以上が、「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方と記入例となります。

今回の内容が、今年の年末調整で一番大きく変わった部分なので、再度、ご自分と配偶者(奥さん)の所得をご確認ください。

年末調整:配偶者や扶養親族の「所得の見積額」の計算方法と書き方

年末調整の書き方でお困りの方は、ケース別に年末調整記入例をまとめた、こちらの記事も是非参考にしてみてください。

【参考記事】
2017(平成29年)年末調整書類の書き方・記入例ケース別まとめ!

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ