退職後の国民健康保険への切り替えは、役所で年金と同時手続き!

会社を退職したとき、役所で行う手続きとして次の2つがありますが、多くの市区町村では、同じ窓口で同時に手続きが出来ます。

  • 社会保険→国民健康保険への切り替え(国民健康保険への加入手続き)
  • 厚生年金→国民年金への切り替え(国民年金への加入手続き)

この記事では、主に「社会保険→国民健康保険への切り替え」について手続き方法や必要書類などを書かせていただいておりますが、記事後半で、「国民健康保険と国民年金への切り替え両方に使える:持ち物チェックシート」を作成しましたので、役所に行く前に是非ご利用ください。

また「年金切り替え手続き」については、こちらの記事により詳しく書かせていただきましたので、合わせてご参照いただけると幸いです^^


スポンサーリンク

社会保険→国民健康保険への切り替え手続き

国民健康保険 切り替え

国民健康保険料は、お住まいの市区町村によって「国民健康保険税」と呼ばれていることもありますが、実質同じものになります。

健康保険の切り替え手続きは、会社側で「社会保険の喪失手続き」を行ない、ご自身で「国民健康保険の加入手続き」を行います。

退職日から14日以内に手続きをとりましょう。遅れても特に罰則はありませんが、保険証がないといざ病気のときに困りますし、あまりに遅れた場合、保険料に延滞金が加算されてしまうのでご注意下さい。

【手続きする場所】

手続きする場所は、お住まいの市区町村役所:国民健康保険課、もしくは保険年金課です。※お住まいの市区町村によって窓口の名前は異なります。

【手続きに必要な書類】

  • 健康保険の資格喪失証明書
  • ご自身・奥さん(扶養家族)のマイナンバーがわかるもの(通知カード等)
  • 届出人の本人確認書類(免許証等)
  • 印鑑

社会保険→国民健康保険に切替えると保険料はいくらになるのか?計算例を使って解説していますので、良かったら参考にしてみてください。

国民健康保険:社会保険から切替えると保険料はいくら?計算方法を確認

国民健康保険の減免制度について

会社を退職した理由によっては、国民健康保険の減免制度が利用できる可能性があります。こちらの記事に詳しく書かせていただきましたので良かったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

資格喪失証明書・離職票がない場合の対処法

国民健康保険 切り替え

資格喪失証明書・離職票が、会社から送られてこない…という方も意外と多くいらっしゃいます。退職時の対応は会社によって異なるため、自発的には資格喪失証明書・離職票を送ってくれない会社も中にはあるようです。

その場合、会社に電話して送ってもらいましょう。。。「どうしても会社に連絡を取りたくない」、または「急いでいる!」という場合は、日本年金機構に行けば「資格喪失証明書」を発行してもらえます。免許証などの本人確認書類を持参すれば当日発行も可能です。

日本年金機構:全国の相談窓口

国民健康保険と国民年金の切り替え:役所に持っていく持ち物チェックシート

冒頭にも書かせていただきましたが、国民健康保険と国民年金の切り替え手続きは、両方とも役所で行います。効率よく1発で手続きを済ませられるよう、役所に持っていく必要書類をチェックしておきましょう!

【役所に持っていく書類チェックシート】

  • 健康保険の資格喪失証明書(両方共に必要)
  • 免許証などの本人確認書類(両方ともに必要)
  • 通知カードなどのご自身・奥さん(扶養家族)のマイナンバーがわかるもの(国保の加入手続きに必要)
  • 印鑑(国保の加入手続きに必要)
  • 雇用保険受給資格者証などの雇用保険関係の書類(年金の免除申請・国保の減免申請をする場合に必要)

マイナンバー通知カードは扶養家族の分も必要!

扶養内の奥さん・子供がいらっしゃる場合は、扶養家族のマイナンバー通知カードも必要ですのでお忘れなく!

終わりに

会社を退職時に必要な手続きをこちらの記事にまとめました。ハローワーク、役所、協会けんぽなど、場所ごとでの手続きをご紹介させいていただいておりますので、効率よく手続きが出来ると思います^^
↓ ↓ ↓ 
会社退職後の手続き必要なものリスト:ハローワーク・年金・保険など

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです^^

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ