年金が減額されない給与所得はいくらまで?65歳の親で計算してみた

今日は年金の減額についての話です。というもの私の母親が、友達の会社でお手伝い(パート)することになったんです。母親は現在64歳(もうすぐ65歳)で、年金を既にもらっているので、年金の減額がない範囲で給与をいただけるよう調べてみました。

実際に調べてみると、「加入している年金の種類」「年齢(65歳以上かどうか)」によって差があるようですね。また、国民年金のみご加入の方は、いくら働いても年金の減額・停止はありませんので、ここでは、厚生年金・共済年金に絞ってお話を進めていきます。

それぞれ、ご自身に該当する項目を見ていただけるとわかりやすいと思いますので是非参考にしてみて下さい。

年金は2ヶ月ごとに受給されていると思いますが、下記の説明はそれぞれ月単位での金額になりますのでご注意ください。

スポンサーリンク


年金が減額されない給与額 計算方法

まずは新しい勤務先で社会保険に加入するか・しないかで2つに分かれます。
※これは全ての人に共通で、とても重要なことなので勤務先に必ずご確認ください。


勤務先で社会保険に加入しない場合 

⇒ どれだけ働いてもOKです。年金の減額・停止はありません。


勤務先で社会保険に加入する場合 

⇒ 加入している年金の種類により下記の通り分かれます。


厚生年金にご加入の方

はじめに、年金の内訳をご確認ください。

厚生年金加入者 年金の内訳

年金 = 基礎年金 + 厚生年金 + 厚生年金基金(加入している方のみ) 

次に下記で、パートなど新しく始める仕事で得ていい収入の上限を計算しましょう。
ここで出た金額(月単位)を超えてしまうと、年金の減額・停止になってしまいます。


     

  1. まずは年金から基礎年金を引いた金額(月単位)を出してください。
  2.  

  3. 次に
    65歳未満の方 ⇒ 28万円から1を引きます。
  4. 65歳以上の方 ⇒ 46万円から1を引きます。

  5. ここで出てきた金額が、月に稼いでいいマックスの金額です。
    これ以上働いてしまうと、年金が減額されてしまいます。

  6. ボーナス等の賞与がある場合、年間の賞与を12ヶ月で割った金額を出してください。そして、その金額も月で稼いでいいマックス金額に含まれますのでご注意を!

では、実際に例を出してみてみましょう!


例)年金収入が年間210万円 66歳男性の場合
 ※ボーナス有(年2回:合計90万円)

(年金収入の内訳) 

210万円(年金)= 60万円(基礎年金) + 150万円(厚生年金+厚生年金基金)

■年金収入から基礎年金を引いた金額(厚生年金+厚生年金基金)を12ヶ月で割ります。

150万円(年間) ÷ 12ヶ月 = 12,5万円(月間) 

■次に新しい勤務先でボーナス等の賞与がある場合、年間賞与金額を12ヶ月で割ってください。

ボーナス年間90万円 ÷ 12ヶ月 = 7,5万円

■66歳ですので46万円から上記2つの金額を引きます。

46万円 - 12,5万円 - 7,5万円 = 26万円 

⇒ 26万円以下の月給であれば年金の減額・停止はありません。

スポンサーリンク

共済年金にご加入の方

はじめに、年金の内訳をご確認ください。

共済年金加入者 年金の内訳

年金 = 基礎年金 + 共済年金 + 職域相当部分

次に下記で、パートなど新しく始める仕事で得ていい収入の上限を計算しましょう。
ここで出た金額(月単位)を超えてしまうと、年金の減額・停止になってしまいます。


     

  1. まずは年金から基礎年金を引いた金額(月単位)を出してください。
  2.  

  3. 次に

    年齢に関係なく ⇒ 46万円から1を引きます。


  4. ここで出てきた金額が、月に稼いでいいマックスの金額です。
    これ以上働いてしまうと、年金が減額されてしまいます。

  5. ボーナス等の賞与がある場合、年間の賞与を12ヶ月で割った金額を出してください。そして、その金額も月で稼いでいいマックス金額に含まれますのでご注意を!


例)年金収入が年間120万円 64歳女性の場合※ボーナス無し

(年金収入の内訳) 

120万円(年金)= 0円(基礎年金) + 120万円(共済年金+職域相当部分)

■年金収入から基礎年金を引いた金額(共済年金+職域相当部分)を12ヶ月で割ります。
※基礎年金は65歳以上からの受給になるため、今回のケースは基礎年金は0円です。

120万円(年間) ÷ 12ヶ月 = 10万円(月間) 

■年齢に関係なく46万円から上記の10万円を引きます。

46万円 - 10万円  = 36万円 

⇒ 36万円以下の月給であれば年金の減額・停止はありません。


おわりに

いかがでしたでしょうか?今回いろいろ調べてみて、年金関連ホームページの説明が私にはとても分かりずらかったです(汗)よくわからなかったので、何度か電話をして教えてもらいました。

電話で聞いたら、そんなに難しくは無かったです。もう少し分かりやすくホームページに書いてくれると有難いんですけどね。

私の記事も、出来るだけわかりやすく書いたつもりですが、もし分かりにくかったら是非電話して聞いてみてください。

ここに電話すると詳しく教えてもらえます! ⇒ 日本年金機構 03-6700-1165

では、本日も最後までご精読ありがとうございました。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ