賃貸の退去届(解約届):書き方と提出から退去までの流れを確認!

今回は賃貸マンション・アパートを退去するときに提出する退去届(解約届)についての記事をご紹介します。この記事では退去届(解約届)の書き方、記入例、提出するタイミング、退去届(解約届)の提出~退去までの流れについてまとめてみましたので、良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

退去届(解約届)とは

01
現在住んでいる賃貸マンション・アパートを退去するときには、大家さんか管理会社へ退去の連絡を入れ、解約を申し出る必要があります。その際に提出する書類が退去届(解約届)です。

退去届(解約届)は、入居のとき(もしくは入居後)に受取った契約書類と一緒に入っていると思いますので、確認してみてください。

もしなかった場合は、管理会社もしくは大家さんに退去の連絡をしたときに「退去届(解約届)は、どうすればいいか?」確認するようにしてください。

いつまでに提出するの?

新しい引っ越し先が決まって、そのお部屋に入居できる日が決まれば、すぐに提出するようにしましょう。なぜなら、賃貸マンション、アパートの解約は基本1ヶ月前となっており、提出が遅れると今住んでいるお部屋と新しいお部屋の家賃を2重で支払うことになるからです。

例えば、2/15に新しいお部屋に引っ越しすることが決まり、3/1から入居することになった場合
2/15に退去連絡、退去届を提出すると、今住んでいるお部屋の家賃は3/15までの1ヶ月間分を払わなければいけません。すると、3/1~15までの期間は今住んでいるお部屋の家賃と新しいお部屋の家賃を2重で払うことになります。

スケジュールの調整が難しいと思いますが、2重で支払う家賃はできるだけ抑えたいので、不動産屋さんの担当者とよく相談するようにしてください。

解約予告については、賃貸借契約書の「解約・退去について」の項目に記載されていますので、期間を確認するようにしてください。

その他、「退去費用(原状回復費用)の相場」「敷金のはどのくらい返金されるのか?」など、退去のときに確認しておくべきことをまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

賃貸の退去:立会い~退去費用など解約するときの手続きをまとめ紹介

スポンサーリンク

退去届(解約届)には何を書けばいい?

1
退去届書(解約届)は、管理会社が用意していると思いますが、中には「自分で書いて提出してください。」という場合もあると思います。

そこで、解約届(退去届)を自分で書く場合は「何を書けばいいのか?」項目ごとにまとめてみましたので、下記の①~⑦を確認にしてみてください。また、記入例も作成してみましたので、参考にしてみてください。

①解約日
基本的に解約申出日から1ヶ月後~という物件が多いです。もちろん、解約日より前に引っ越しをすることは可能ですが、解約日までの家賃は発生することになります。

②解約する物件名、部屋番号、契約者の情報
解約する物件名と部屋番号、住所・氏名・電話番号を記入します。

③解約理由
解約理由については、こちらの記事で詳しく解説していますので良かったら参考にしてみてください。
賃貸マンション・アパートを引っ越すときの退去理由は何を書けばいい?

④退去立会日時
退去届(解約届)を出すときに日時が決められないようであれば、未記入のまま提出し、日程が決まり次第、電話連絡するようにしてください。

⑤転居先
原状回復費用の明細など後日郵送されてくる場合もあるため、引っ越し先の住所を記入します。

⑥その他
敷金や日割り家賃の返金先の口座情報など、管理会社や大家さんに確認して必要な情報があれば記入してください。

賃貸借契約解約届の記入例

66

この雛形をそのまま使いたい方はこちらのPDFファイルをプリントアウトしてください。
賃貸借契約解約届書

退去届(解約届)の提出~退去までの流れを確認

92
STEP1:退去の連絡
物件の管理会社または大家さんへ電話で解約連絡をします。このとき、退去届(解約届)の提出は、FAX受付か郵送受付かを確認しておきましょう。

STEP2:退去届(解約届)を提出
退去届を提出して解約日を決定します。解約日よりも前に退去する場合は、退去日(立会い日)も伝えておきましょう。

STEP3:退去立ち会い日時の決定
退去する日が決まり次第、退去立ち合い日時を決めます。

STEP4:退去立ち合い(鍵の返却)
管理会社の担当者または大家さんとお部屋の確認、鍵の返却などを済ませて終了です。このとき敷金や日割り家賃分がいくら戻ってくるのか?明細にサインをすることになると思いますので、原状回復費用など気になる点はこのときにしっかり確認するようにしてください。

スポンサーリンク

退去届(解約届)を提出し終わったら

11
退去届(解約届)を提出したあとは、電気・ガス・水道の利用停止手続きが必要になります。立ち合いが必要な場合がありますので、退去日が決まったら早めに連絡をするようにしてください。

それぞれの手続き方法については下記に詳しくまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

電気の利用停止手続き
電気の(停止・開始)手続き、引越し前に連絡するのを忘れた場合は?

ガスの利用停止手続き
【引っ越し】ガス(開栓・閉栓)手続き、利用開始連絡を忘れた場合は?

水道の利用停止手続き
【引っ越し】水道の(開始・中止)手続き、新居で水が出ない場合は?

その他、引っ越しのときにやることをリストアップしていますので、良かったら参考にしてみてください。
引越し手続きリスト、役所・郵便局・免許証など手続きをまとめて紹介!

終わりに

今回は賃貸マンション・アパートを退去するときに提出する退去届(解約届)について、まとめてみましたが如何でしたか?以前、私が不動産屋で働いているときに接客したお客さんの中には、事前に「退去届」を提出するのを忘れてしまい、引っ越し前日に提出し、1ヶ月分の賃料を2重で支払ったという方もいました。

引っ越し予定のある方は、現在契約中の物件の退去手続き方法を管理会社や大家さんに確認しておくとトラブルもないと思いますので、事前に確認してみてください。

【年末調整のご案内】

今年も年末調整の時期がきました。年末調整書類の書き方・記入例をこちらの記事にてタイプ別にまとめましたので、良かったら是非ご活用ください。

2017(平成29年)年末調整書類の書き方・記入例ケース別まとめ!

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 引越しの気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ