社会保険の正確な加入条件を確認!パート主婦や学生アルバイトは?

4月に個人事業から株式会社に法人化したこともあり、5月から会社として社会保険に加入しました。そして今回、アルバイトさんを募集することになったので、日本年金機構(協会けんぽ)に行き社会保険の加入条件を確認してきました。

ネット上では、「130万以上で社会保険に加入」といった記事もありますが、実はこの情報、正確に言うとは間違いでした。。。

この記事では、パート・アルバイトの社会保険加入条件について日本年金機構(協会けんぽ)で確認してきたことをまとめました。特にパート主婦・学生アルバイトさんは、夫や親の扶養とも関係する重要なことなので、ぜひ参考にしてみてください。

※昨年10月の改正された社会保険加入条件については、対象が限られているので別記事にて詳しくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

「パート・アルバイトは130万以上で社会保険に加入」は間違い!

社会保険 加入条件

※当記事は全国健康保険協会(協会けんぽ)に確認した内容を記載しております。協会けんぽ以外の保険組合に加入している場合は「社会保険への加入条件」・「扶養からはずれる条件」が異なるケースもございますので、ご注意下さい。

冒頭にも書いたとおり、「パート・アルバイト収入が130万以上で社会保険に加入」というのは誤りでした。。。確かに間違いやすい部分なのですが、正確には「130万以上になると扶養からはずれる」と言うのが正しい。とのことです。

つまり、パート・アルバイト収入が130万以上になると、夫や親の扶養に入っていた健康保険からはずれる。というだけで、パート・アルバイト先の社会保険加入条件はまた別の話。ということです。

また、扶養からはずれる条件は、年収130万以上ではなく、それを12ヶ月で割った月給108333円で判断している。とのことです。つまり年収130万ではなく、月給で108333円超えると、夫・親の健康保険上の扶養からはずれてしまう。というのが正しい認識なのですね。

健康保険の扶養に入れる条件については、こちらの記事に詳しくまとめましたので興味のある方はあわせてご参照下さい。
健康保険:退職後、扶養に入る収入条件は?必要書類と手続方法を確認

では次に、夫・親の扶養からはずれてしまった後、健康保険はどうすればいいのでしょうか?この場合次のどちらかになります。

パート・アルバイト先の社会保険加入条件に該当する 
→ 勤務先の社会保険に加入。

パート・アルバイト先の社会保険加入条件に該当しない
→ 国民健康保険に加入。※国民年金にも加入する必要があります。

ここではじめて、勤務先の社会保険加入条件に該当するかどうか?という問題がでてきます。では、本題の社会保険の加入条件について確認してみましょう。

スポンサーリンク

パート・アルバイトの社会保険加入条件

社会保険 加入条件

まず大前提として、パート・アルバイト先が社会保険の適用事業所かどうかの確認が必要です。勤務先の社員さんに「給料から社会保険引かれてますか?」と聞けばわかるのでご確認ください。ここでは、勤務先が社会保険の適用事業者。という前提で進めさせていただきます。

【社会保険の加入条件】

1週間の所定労働時間、および1ヶ月の所定労働日数が正社員の4分の3以上

実は、社会保険の加入条件は、上記1つしかありません。なので収入金額については何の規定もなく、加入条件は労働時間・労働日数だけです。

また、「所定」というのは、

  • あなたの所定労働時間・日数=雇用契約書などに記載されている労働時間、労働日数。
  • 正社員の所定労働時間・日数=会社の就業規則に記載されている労働時間・労働日数。

という意味なので、社会保険の加入条件も就業規則の所定労働時間・労働日数により、会社ごとに若干異なる。ということになります。

ここでは一般的な例として、「1日8時間、土日祝休み」といった就業規則が定められている会社で、パート・アルバイトの社会保険加入条件を考えてみましょう。

※今月(2017年6月)で考えてみます。土日が月8日・祝日なし

(正社員)
1週間の所定労働時間:40時間(1日8時間×5日)
1ヶ月の所定労働日数:22日

この4分の3以上が社会保険の加入条件となるので、

(パート・アルバイトの社会保険加入条件)
1週間の労働時間:30時間(40時間の4分の3)
1ヶ月の労働日数:16.5日(22日の4分の3)

1週間に30時間、月に17日以上働くと社会保険に加入!


おわりに

以上が、日本年金機構で確認してきたパート・アルバイトさんの社会保険加入条件となります。所定労働時間・労働日数については、会社ごとに違うのでお勤めの会社さんに確認してみて下さいね^^

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てると幸いです。

【年末調整のご案内】

今年も年末調整の時期がきました。年末調整書類の書き方・記入例をこちらの記事にてタイプ別にまとめましたので、良かったら是非ご活用ください。

2017(平成29年)年末調整書類の書き方・記入例ケース別まとめ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

気になるノート。TOPへ戻る 社会保険(協会けんぽ)の気になる
サブコンテンツ

このページの先頭へ