パート・アルバイトを掛け持ちするときの注意点を確認しておこう!

パート・アルバイト 掛け持ち

この記事では、パート・アルバイトを掛け持ちするときの注意点についてご紹介させていただきます。

  • 入社時
  • 年末調整時
  • 確定申告時

に注意するべき項目をまとめましたので、良かったら是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

入社時の注意点

パート・アルバイト開始時に、勤務先から「平成○○年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」という書類を渡されるかと思います。その際、複数の勤務先にこの書類を提出しないようにご注意ください。提出するのは1つの勤務先だけになります。

これは所得税法により定められていることなので、掛け持ちしている場合は、メイン(一番収入の多い方)の勤務先だけに提出しましょう。

【給与所得者の扶養控除等(異動)申告書】
給与所得者の扶養控除等(異動)申告書


給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を「提出する」・「提出しない」でどんな違いがあるの?

上記のとおり「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は1つの勤務先にしか提出しませんが、「提出する」・「提出しない」でどんな違いがあるのでしょうか?

結論から言うと、毎月給与から天引きされる「源泉所得税」の金額が大きく違います。具体的には次の画像をご覧下さい。

源泉徴収税額表
国税庁ホームページより引用

これは今年(平成29年分)の給与所得者の源泉徴収税額表なのですが、月給が88000円だった場合(赤枠)、「提出している勤務先」では130円(青枠)、「提出していない勤務先」では3200円(緑枠)が源泉所得税として給与から天引きされます。※社会保険や雇用保険に加入している場合は、若干変わってきます。

つまり、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を「提出していない勤務先」では、源泉所得税を多く引かれる。という認識を持ちましょう。

但し、払いすぎた所得税は確定申告することで返ってきます。確定申告について最終章でご説明させていただきますので最後までご参照ください。

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を「提出する勤務先」と「提出しない勤務先」では、給与から引かれる源泉所得税の金額が違う。「提出しない勤務先」ではかなり高い源泉所得税が毎月引かれるが、確定申告することで払いすぎた所得税は戻ってくる。

スポンサーリンク

年末調整時の注意点

パート・アルバイト 掛け持ち

毎年11月頃に勤務先にて年末調整をしてくれますが、年末調整は1箇所でしか出来ません。先ほどご紹介した「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出した会社で年末調整をしてもらいましょう

年末調整書類の書き方についてはこちらの記事に詳しくまとめましたので合わせてご参照ください。


確定申告時の注意点

パート・アルバイトを2箇所以上で掛け持ちしている場合は、確定申告が必要です。

というのも、先ほど書いたとおり〝給与所得者の扶養控除等(異動)申告書〟を「提出していない勤務先」では、支払わなくてはいけない以上の所得税を毎月の給与から引かれています。その払いすぎた所得税を確定申告することで返してもらう。という作業が必要になるわけです。

確定申告はやり方がわからないし、面倒。。。という方もいらっしゃると思いますが、パート・アルバイト先から渡される「源泉徴収票」を持って確定申告会場に行けば、書き方を丁寧に教えてもらえるので簡単に出来ますよ^^

是非、確定申告をして払いすぎた税金を取り戻しましょう!


おわりに

来年(2018年)から配偶者控除が103万→150万になることが決まりました。来年以降の働き方や、社会保険に加入した場合・しない場合の損得比較など、パート主婦の方を対象とした特集を組みましたので、良かったら参考にしてみてください^^

扶養内パート主婦は社会保険に加入すべき?配偶者控除150万って何?

学生の年金免除(学生納付特例制度)や、アルバイトする上での税金関係など、学生さんに特化したお役立ち記事をこちらの記事にまとめてみました。良かったら合わせてご参照下さい^^

学生が知って得するバイトの税金(勤労学生控除)や年金免除などまとめ

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ