赤ちゃんが生まれるときの手続き:妊娠・産前・産後にやることリスト

今回の記事は赤ちゃんが生まれるときに行う手続きをご紹介させていただきます。出産前・出産後にどのような手続き必要になるのか?妊娠・出産前・出産後に行う手続きをリストにしてみました。

「面倒だから!」と後回しにしてしまうと、思わぬ損をしてしまうこともありますので、是非、この機会に確認してみてください^^

スポンサーリンク

出産前に行う手続きリスト

78

妊娠届

妊娠をした妊婦さんがまず初めに行う手続きは母子手帳をもらうため「妊娠届」です。妊娠届の提出~母子手帳の受取りについて、こちらの記事で解説していますので確認してみてください。

妊娠届:母子手帳はいつ?どこでもらえるの?手続方法や住所変更を確認

出産一時金

出産のときの分娩費用は病気やケガと違い、健康保険が適用されないため、全額自己負担となっていましたが、現在では出産や育児の支援が見直され、「出産育児一時金」という出産のときにかかる費用の負担を軽減するための制度が設けられています。

出産育児一時金は「いつ?」「いくらもらえるのか?」申請手続き方法と併せてまとめていますので、確認してみてください。
出産一時金の申請方法を解説!直接支払制度と代理受取制度の違いは?

出産後に行う手続きリスト

02

出生届

赤ちゃんが生まれて初めに行う手続きが出生届の提出です。そこで出生届の書き方について、項目ごとに記入のポイントや記入例を載せていますので、良かったら参考にしてみてください。
出産後の手続き:出生届の書き方&記入例、里帰り出産のときの提出は?

児童手当

出産後に行う「児童手当」の手続きについて、申請方法~受給までの流れをまとめてみました。児童手当は、子どもを養育している全世帯が対象で、子どもの年齢によって毎月決められた金額が支給されるありがたい制度です。申請をしないと手当を受け取ることができませんので忘れず申請を!
出産後の手続き:児童手当の申請~受給まで、いつ?いくらもえるの?

子ども(乳幼児)医療費助成制度

出産後に行う手続きに「子ども(乳幼児)医療費助成制度」があります。子ども医療費助成制度は、病院で診てもらったときの診察料や薬代を負担しなくて済む非常にありがたい制度です^^

子ども(乳幼児)医療費助成制度について制度の内容~申請方法までを詳しくまとめてみましたので、是非この機会に確認してみてください。
子ども(乳幼児)医療費助成制度の申請方法、助成されない医療費は?

出産手当金

出産手当金は、産休中に給料の67%の金額がもらえるありがたい制度です。但し、自分から申請手続きをしないと受け取ることができませんので、この機会に金額や条件を確認してみてください。

また、通常は支給されるまで時間がかかりますが、少しでも早くもらえる方法はないのか?全国健康保険協会(協会けんぽ)に電話で確認したことをまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。
出産手当金はいつ?いくらもらえるの?最短で支給してもらう方法

育児休業給付金

「育児休業給付金」は、育児で会社を休んでいる期間に一定額が支給される制度です。支給条件や支給額、申請~支給されるまでの期間についてまとめていますので、この機会に確認してみてください。
育児休業給付金:申請~支給されるまでの期間と育休中の住民税を確認

スポンサーリンク

知らないと損です!保険料の免除制度

10

産前産後休業中の社会保険料免除について

働く女性が妊娠や出産で仕事を休む場合、その期間中(産休中)は、社会保険料の支払いが免除されるという制度があります。

保険料が免除になる期間、免除額がいくらになるのか?計算方法や申請方法についてまとめています。知らないと損をしてしまうので、この機会に確認してみてください。
産休中の社会保険料の(健康保険・厚生年金)免除申請、免除額を確認

育児休業中の社会保険料の免除について

出産後に育児で仕事を休む場合、その期間中(育児休業中)は、社会保険料(健康保険・厚生年金)の支払いが免除されるという制度があります。

保険料が免除になる期間や申請方法、また実際どれくらいの額が免除になるのか?免除額の調べ方についてもまとめています。知らないと損をしてしまうので、この機会に確認してみてください。
育休中の社会保険料(健康保険・厚生年金)免除申請、期間~金額を確認

終わりに

このように妊娠~出産後までの手続きをまとめてみると、赤ちゃんが生まれる前から準備しておかなければいけないことが、たくさんありますね。特に児童手当や保険料の免除などは申請をしないと損をしてしまうので、いつ手続きをすればいいのか?事前に確認しておくことをおすすめします。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ